2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

伊勢の清らかな河川流域がもたらす“豊熟の新茶”「伊勢新茶 春きらめく」新登場!

株式会社 ブルックスのプレスリリース

コーヒー・茶類等の通信販売事業を行う株式会社ブルックス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:小川裕子)は、毎年ご好評の静岡県、鹿児島県、京都府の新茶に加え、三重県の「伊勢新茶 春きらめく」の予約販売を、2021年4月1日より季節限定で開始します。 

 

■新茶予約に関する詳細はこちら
https://www.brooks.co.jp/shincha/switch.php?b=40021
 

  • 幸修園自信のラインアップ

 ブルックスは1968年の創立以来、「幸修園(こうしゅうえん)」という日本茶のブランドで、長年独自の工夫を加えた製法の日本茶を販売してまいりました。例年、新茶の季節に旬の時期ならではの蒼くさわやかな香味のお茶をお届けし、ご好評をいただいております。
 今年は、三重の「伊勢新茶 春きらめく」を新たにラインアップに加えました。深蒸し茶の発祥の地である静岡の「深蒸し新茶 極み(きわみ)」、気鋭の鹿児島・知覧茶「わかば彩り新茶」、伝統の京都・宇治茶「宇治摘みたて新茶」とともに、4種類の新茶をご用意しました。
 

  • 「伊勢新茶 春きらめく」で、伊勢に思いを馳せて

 三重県のお茶生産は、栽培面積・生産量それぞれ、静岡県・鹿児島県に次いで、全国第三位となっています。南北に長い三重県は、西に鈴鹿山脈、東に伊勢湾、さらに伊勢湾へと繋がる櫛田川・宮川などの清らかな河川があり、自然に恵まれた地形をしています。特に伊勢の深蒸し茶は、南勢地域で生産が盛んです。昼夜の温度差や川霧によって肉厚な茶葉が育つ茶栽培に適した産地で、上品な甘み・深い香味・旨みと飲みごたえのバランスが特徴です。
 「伊勢新茶 春きらめく」は、透明感のあるさわやかな水色でありながら、豊かで重厚感のある味わい。上品で力強い甘み、しっかりとした旨み、蒼く深い香味で、味のバランスが良い新茶です。
パッケージも、春の訪れを感じられる華やかなデザインとなっており、新茶は旬の縁起物とも言われておりますので、贈答品にもおすすめです。幸修園の新茶で、春の素敵な一日を彩ることができれば幸いです。

■商品情報
 

 

  • 個性豊かな日本各地の味わい

 今年も、日本各地から厳選した、毎年人気の銘柄を販売いたします。新茶の採れる時期は、風土と気候によって変わり、桜前線が北上するように、温暖な地域から収穫が始まります。
 静岡県の「深蒸し新茶 極み」は、口の中に広がる豊かでまろやかな旨み・渋みと、蒼く華やかな香味。産地賞最多受賞の静岡県掛川市から厳選した、お茶の旨みを感じられる実力派の新茶です。
 「昇る朝日の鹿児島茶」と謳われる中でも、特に注目の知覧茶「わかば彩り新茶」は、南国の強い日差しを避ける工夫が生み出した、力強く後口の良い旨みが楽しめます。
 珠玉の宇治茶「宇治摘みたて新茶」は、江戸時代に煎茶が誕生して以来、伝統技術を織り込んだ、蒼くみずみずしい香り、奥行きのある力強い茶味、品良く残る深い香味が堪能できます。 
 

 

  • 新茶は予約が断然お得!

 例年たくさんの方にお楽しみいただいている幸修園の新茶。すべての銘柄で、1袋分お得・送料無料のご予約限定特別セットを取り揃えております。
 さらに今年は、4種の銘柄を味わえる「新茶で旅する飲み比べセット」もご用意いたしました。ご予約期間中は、特別価格でお買い求めいただけます。それぞれの土地が織り成すバラエティ豊かな新茶で、旅行気分をお楽しみください。

■新茶予約に関する詳細はこちら
https://www.brooks.co.jp/shincha/switch.php?b=40021
 

  • 【ブルックスグループ 会社概要】

所在地: 神奈川県横浜市青葉区美しが丘4-54-6
設立:   1968年10月21日
代表取締役社長: 小川裕子
事業内容: コーヒー・茶類を中心とした飲料・食品、健康商材の通信販売事業
URL: https://www.brooks.co.jp/?b=40021

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。