2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

~世界保健デーに世界のゴンチャでキャンペーンを実施~『Wearing is Caring』

株式会社ゴンチャ ジャパンのプレスリリース

「ゴンチャ」では、4月7日に制定されている世界保健デーに合わせ、世界で展開している「ゴンチャ」の店舗で『Wearing is Caring』と題し、店舗スタッフがオリジナルのマスクを着用してお客様をお迎えいたします。 

 今回のキャンペーンのテーマである『Wearing is Caring』は、新型コロナウイルスをはじめとした感染症予防に有効な手段の一つであるマスクの着用を通して、自身だけではなく、周囲の人の健康に目を向けることの大切さを意味しています。株式会社ゴンチャ ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:前田仁志)は、「ゴンチャ」グローバルのこの活動に賛同し、日本国内の全店舗にてスタッフがオリジナルのマスクを着用することで、より一層の感染症予防の注意喚起につながると考えております。

■キャンペーン概要
実施日:2021年4月7日(水)
実施店舗:全店 ※デリバリー専門店を除く。
実施内容:世界の「ゴンチャ」の店舗で『Wearing is Caring』をテーマに、世界保健デーである4月7日に店舗  
     スタッフがオリジナルマスクを着用してお客様をお迎えします。
     『Wearing is Caring』は、新型コロナウイルスをはじめとした感染症予防に有効な手段の一つであるマスクの着用を通して、自身だけではなく、周囲の人の健康に目を向ける大切さを意味しています。

世界保健デーとは
4月7日に世界保健憲章が設定されたことを記念して、1950年以来、毎年4月7日が世界保健デー(World Health Day)として定められました。WHO(世界保健機構)が毎年、世界保健デーのテーマを発表すると、世界中の多くの国で「世界保健デー」として、4月7日(あるいはその前後に)さまざまな健康のためのイベントが行われています。

■ゴンチャとは

世界有数のグローバルティーブランド
お茶の発祥地である中国では古来、希少だった最高品質のお茶を皇帝に献上するしきたりがあり、それは貢ぐ茶、「貢茶(ゴンチャ)」と呼ばれ、皇帝に大いに愛されました。
「ゴンチャ(Gong cha、貢茶)」というブランドには、中国皇帝が愛したような上質なお茶を、現代的に格式張らずに 気軽に味わっていただきたい、という思いが込められています。
ゴンチャは、そんな思いを持って2006年に台湾で誕生し、現在、世界で1,400店舗以上を展開しております。
2015年に国内1号店をオープンし、日本では95店舗*を展開しております。*2021年4月5日現在

コンセプトはアジアの食文化を提供する“アジアンティーカフェ”
ゴンチャでは、香りや風味がとても繊細なお茶本来の美味しさを味わっていただくために抽出時の湯温や抽出時間を茶葉ごとに変え、香りや鮮度に拘った上質なティーメニューを中心に、アジアというアイデンティティをもった    ドリンク、フードメニューを提供することにより、「ゴンチャ」と過ごす時間という無形の価値を提供してまいります。
 

 

■会社概要

社名:株式会社ゴンチャ ジャパン
代表者:代表取締役社長 前田仁志
本社所在地:東京都渋谷区本町2-6-3 ユニゾ初台ビル3F
設 立 日:2015年3月25日
業務内容:ティーカフェ事業の運営(商品開発、直営店・FC店運営)
運営店舗数:95店舗(2021年4月5日現在)
URL:https://www.gongcha.co.jp

■お客様からのお問い合わせ先
株式会社ゴンチャ ジャパン カスタマーサポート(平日9時~18時) TEL:03-4405-4852

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。