2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

コロナ感染対策【徹底×3】で安心安全な次世代型飲食店鉄板焼きの「テッパン オヤジ。」が吉祥寺にオープン

石田商事株式会社のプレスリリース

飲食店を手がける石田商事株式会社(場所:東京都武蔵野市、代表取締役:石田 正徳)は、2021年3月20日、徹底的に新型コロナウィルス感染対策を講じた新しい様式の鉄板焼き店、「テッパン オヤジ。」をオープンしました。

■テッパン オヤジ。誕生の背景

新型コロナウィルスの影響により、現在飲食業界は大変な状況です。テッパンオヤジは、このコロナ禍において徹底的に感染対策を講じた飲食店を目指し、お客様に安全な環境の中で安心して美味しい鉄板焼きを召し上がって頂きたい、そして飲食業界を盛り上げて、前進させたい!という想いでオープンに至りました。

 

■テッパン オヤジ。の特徴
スマホで予約・注文・決済が完結

来店予約から来店後の注文、お会計まで、すべてスマホ(LINE)で完結します。来店予約の変更、キャンセルもスマホででき、さらには、焼き加減や店内室温のご要望、お水が欲しい時なども、LINEでのメッセージでやり取りが可能です。また、注文画面には各メニューのご提供までにかかる時間が一目で分かる表示をしております。店では電話予約や現金の取り扱いは一切おこなっていません。現金の取り扱いがなくレジがないため、レジ締め作業が不要です。

 

徹底した新型コロナウィルス感染防止対策システム

入り口でのCO2モニターによる検温、手の消毒はもちろん、エアシャワーも行っております。そして、全スタッフは手袋着用をしておりますので、料理や器などに直接手を触れることはありません。また、店内は全席ボックス席、 客席間エアカーテン、全エリア・全箇所に抗菌シールド施工など、徹底した感染防止対策設計を施しています。 店舗は上記のとおり、電話対応やレジのある従来の飲食店とは真逆の発想で内装を設計し、スタッフとお客様の対面での接触をなるべく避けたシステムになっています。
 

席は、お客様の目の前で焼く「テッパンエリア」と半個室の「くつろぎエリア」に分かれています。テッパンエリアもスタッフとお客様は対面ではなく90度ズラした設計になっています。今回、コロナ禍における、次世代型飲食店の全てを取材頂くことが可能です。

旨い!安い!
焼きたてのステーキ、シーフード、スキレットバーグ、ホルモンetc、をリーズナブルな価格で提供しています。看板料理はザブトンステーキ!ジューシーで肉厚なステーキを、絶妙な焼き加減でご提供しています。ドリンクは、レモンたっぷりの自家製レモンシャワー(レモンサワー)のほか、オレンジやグレープフルーツ、イチゴなど各種フルーツたっぷりのサワーが名物です。そのほかアルコールはビールやハイボールはもちろん、焼酎、日本酒、ワインなど取り揃えています。
 

 

■価格帯
フード:288 円(税込)〜 / ドリンク:168 円(税込)

■テッパン オヤジ。 概要
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町 1-1-2 徳村南口ビル 3階
アクセス:JR・京王井の頭線 吉祥寺駅南口(公園口)から徒歩 3 秒。南口を出て右へ2 軒目のビル、ファミリーマートの上。
営業時間:16:00~21:00
URL: https://lin.ee/h0tRke2

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。