2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

「スーパードライ」ブランド初の常設施設「スーパードライ ミュージアム」4月20日 オープン~ビール飲用価値の再発見と特別な飲用体験を演出~

アサヒビール株式会社のプレスリリース

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、茨城工場(茨城県守谷市)内に「スーパードライ」ブランド初の常設施設となる「スーパードライ ミュージアム」を4月20日にオープンします。「スーパードライ」の品質・鮮度向上に向けた取り組みとこれまでの歴史を紹介するとともに、「革新的・都会的・明日への活力」というブランドの世界観を五感で体感できる体験型施設です。施設全体を「スーパードライ」のブランドカラーであるシルバーと赤・黒で構成しています。

 ミュージアム体験の冒頭の「スーパードライ シアター」では、全長17メートルの大型スクリーンで「スーパードライ」ができるまでのストーリーや、お客さまが「スーパードライ」で楽しむ飲用シーンなどを上映し、「スーパードライ」のこだわりと魅力を伝えます。
 「スーパードライ ゴーライド」では、ビールを缶に詰める工程をイメージした空間で、製造の速度や迫力が感じられる映像を4面のスクリーンに投影することで、まるで自らがビールの缶に乗ったかのような臨場感ある体験が楽しめます。
 体験最後の「スーパードライ ホール」では、茨城工場で製造されたできたての「スーパードライ」樽生ビールと“氷点下のスーパードライ”「エクストラコールド」を無料で試飲できます。また、お客さまが自ら樽生ビールを注ぐことや、ビールの泡に文字や画像を描く泡プリンターなど、「スーパードライ」で楽しめる体験も提供します。

 「スーパードライ」は、1987年の発売以来“さらりとした飲み口、キレ味さえる辛口の生ビール”をコンセプトに品質・鮮度向上へ向けた挑戦を積み重ねてきました。中長期のブランドテーマを“THE JAPAN BRAND”と設定し、“最高品質の提供”と“飲用機会の拡大”を見据えた取り組みを強化しています。ブランドの目指す姿として、“前を向いて進んでいくすべての人を応援する。新しい価値を創出する最先端のブランドとして社会を元気にする”ことを掲げ、「スーパードライ」購入者を2020年の1,456万人※から、2026年までに約4割増となる2,000万人にすることを目指しています。新設する「スーパードライ ミュージアム」を通じて、お客様との接点を築き、楽しさや感動、ワクワク感のあるブランド体験をお届けします。ブランドメッセージ“ビールがうまい。この瞬間がたまらない。”の下、さまざまな取り組みを展開し、「スーパードライ」の一貫したブランド価値や特別な飲用体験をお客様に提供することで、“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指します。
※出典:インテージSCI ビール缶市場 2020年1月~12月 購入者数

【スーパードライ ミュージアム概要】
名称:スーパードライ ミュージアム
住所:茨城県守谷市緑一丁目1-1
体験ツアー予約方法:電話にて完全予約制。0297-45-7335(スーパードライ ミュージアム ご案内係)
※新型コロナウイルス感染予防のため、当面の間、体験ツアーの受付は、茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県在住のお客様限定とします。
予約受付期間:・毎月20日に翌月分の予約が可能。受付時間は9時15分~16時00分・4月20日~5月31日(休業日除く)の予約分は、4月14日から電話予約開始。
休業日:不定休。※5月は13日、27日休館。6月以降は順次特設サイトでご案内。
ツアー料金:無料
ツアー開催時間:10時、11時、13時、14時、15時
所要時間:約60分※新型コロナウイルス感染予防のため、当面の間、各回の上限を11名までとし、時間を短縮しています。
試飲アイテム:アサヒスーパードライ、ソフトドリンク各種
特設サイト:https://www.asahibeer.co.jp/brewery/ibaraki/
※新型コロナウイルス感染予防対策を十分徹底した上で、ご来場のお客様、従業員の安心・安全を確保して運営します。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。