2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

【宮城県内限定商品】一ノ蔵純米吟醸吟のいろは 4月14日発売

株式会社一ノ蔵のプレスリリース

株式会社一ノ蔵(宮城県大崎市松山、代表取締役社長 鈴木 整)は、宮城県内限定販売の「一ノ蔵純米吟醸吟のいろは」を4月14日発売する。
宮城県の新たな酒造好適米「吟のいろは」を100%使用した本品は、完熟したフルーツのような甘やかな香りが華やかに漂い、上品な甘みと丸みのある優しい口当たりが調和した純米吟醸酒。
宮城県のお土産酒として、宮城県内の地酒専門店、仙台駅構内の酒販店、仙台市内百貨店などで販売される。

一ノ蔵純米吟醸 吟のいろは一ノ蔵純米吟醸 吟のいろは

 株式会社一ノ蔵(宮城県大崎市松山、代表取締役社長 鈴木 整)は、宮城県内限定販売の「一ノ蔵純米吟醸吟のいろは」を4月14日発売する。
 宮城県の新たな酒造好適米「吟のいろは」を100%使用した本品は、完熟したフルーツのような甘やかな香りが華やかに漂い、上品な甘みと丸みのある優しい口当たりが調和した純米吟醸酒。
 宮城県のお土産酒として、宮城県内の地酒専門店、仙台駅構内の酒販店、仙台市内百貨店などで販売。

商品名:一ノ蔵純米吟醸 吟のいろは
原材料名:米(宮城県産)、米こうじ(宮城県産米)
アルコール分:15%
精米歩合:50% 原料米:吟のいろは100%
税込希望小売価格:2,310円
販売先:宮城県内の地酒専門店、仙台市内百貨店、仙台駅構内の酒販店などで販売

宮城県酒造好適米 吟のいろはとは?

 

吟のいろは吟のいろは

 酒造好適米「吟のいろは」は、令和元年に誕生した宮城県の酒米。「蔵の華」以来20年ぶりに誕生。
 米の中心部分に、酒造りに適した白く濁っている部分:心白(しんぱく)が、眼球のように丸く発現する眼状(がんじょう)心白が特徴。
 吟のいろはの香味は、蔵の華の淡麗ですっきりとした味わいとは対照的に、味の濃い柔らかでふっくらとした酒質に仕上がります。

 
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。