2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

次世代型のクラウドキッチン「DELI STATION X(デリステーション クロス)」1号店が港区・田町で始動!2021年6月オープン予定!入居者募集開始!

合同会社wiaasのプレスリリース

合同会社Wiaas(本社:東京都武蔵野市、代表:盛永哲志)は、ゴーストレストラン向けのシェア型クラウドキッチン施設「DELI STATION X(デリステーション クロス)」を港区・田町で2021年6月にオープンいたします。これに先立ち、本日2021年4月23日(金)より入居飲食店の募集を開始いたします。既存のゴーストレストラン事業の運営ノウハウを駆使して、安定した収益化が図れ、新たな事業展開ができる環境を提供いたします。

●「DELI STATION X(デリステーション クロス)」の概要
昨今、飲食店の新たなモデルとして、フードデリバリーを活用したゴーストレストラン(又はバーチャルレストラン)が台頭してきております。
背景には、UberEatsや出前館といったデリバリープラットフォームの普及とコロナ禍での中食需要の拡大があります。
そうした中で、飲食店の開業時の初期費用を大幅に抑えたシェアキッチン・クラウドキッチンの需要も高まり、東京都内を中心に施設も増えてきております。

合同会社Wiaasはこれまで、テイクアウト・デリバリー特化型のゴーストレストラン事業「DeliStation(デリステーション)」の運営とフランチャイズ展開を進め、直営5拠点、FC70拠点、VR(バーチャレストラン)店舗150店の規模に成長してきました。

この度、新たな事業参入として、野村不動産グループが開発・運営管理を行う、『食事は街を幸せにできる。』をコンセプトにこだわりの飲食店が集積する都市型商業施設「GEMS」にて、今までのプレイヤーとして培ってきた運営ノウハウや視点を生かした新たなクラウドキッチン施設を作り、クラウドキッチン事業に参入する運びとなりました。
GEMSに入居する他テナントとの協業なども模索することで更なるシナジーを野村不動産グループと形成していくことも目指しております。

既存のクラウドキッチンではなかなか収益化が難しいと悩む事業者、今まで以上に売上を伸ばしたい事業者、新たなビジネスモデルにチャレンジしたい事業者の方々に対し、「DELI STATION X」は、今までにない大規模な厨房設備を提供し、新たな繋がりを生み、ビジネスを成長させることができる最高の環境を提供いたします。
「DELI STATION X」には、様々な融合を促進する次世代のキッチンの意味合いを込めております。

●クラウドキッチン「DELI STATION X 田町」について
「DELI STATION X 田町」は、GEMS田町2階 約34坪の施設内に4つのキッチン(オープンキッチン)区画を設け、複数の事業者がテイクアウト・デリバリーを中心としたゴーストレストラン事業の運営ができるクラウドキッチンです。

施設内の厨房機器等はあらかじめ完備しており、入居後すぐに営業が開始可能です。
※厨房機器については、各事業者の売上規模が月商500万以上でも稼働できるスペックで設計しております。

設備図設備図

キッチンスペース、ストレージスペース、受け渡しスペース、イートインスペースと区画を分け、1事業者が活用できるスペースも十分確保しつつ、デリバリーのみの販売チャネルだけでなく、世の中の変化にも対応しやすい形態をとっております。
※テイクアウトは非対面・非接触のフードロッカーを採用し、効率的かつ衛生面もケアできる形をとっております。

集まった事業者でさらにお互いのビジネスを成長させる取り組みも企画・実行し、自己成長とともにGEMS、地域、社会への貢献も推進するプラットフォームを目指します。
 

GEMS田町GEMS田町

============================
施設詳細
============================
施設名称:DELI STATION X 田町
開業予定:2021年6月
所在地:〒105-0014 東京都港区芝5丁目9−8 GEMS田町 2F
交通:都営浅草線/都営三田線「三田駅」より徒歩3分、JR山手線/京浜東北線「田町駅」より徒歩5分
入居店舗数:4店舗
キッチン:オープンキッチン
基本設備:3口ガスコンロ、オーブン、ガスフライヤー、冷凍冷蔵庫、コールドテーブル×3台、冷凍ストッカー、作業台、シンク、吊戸棚、備品庫など
初期登録料:100万円(別途消費税)
月額利用料:35万円~(別途消費税) ※プラン・区画により異なります
事業モデル:テイクアウト、デリバリー、イートイン、物販など
============================
 

 

●「DELI STATION X 田町」の特徴
特徴1:大規模な厨房機器・設備
通常のクラウドキッチンでは、2〜3坪のキッチン区画をスタッフ1人で限られた数のブランドを運営する形が多いですが、「DELI STATION X 田町」は1区画を複数人で複数ブランドを運営することを想定し、あらかじめ大規模な厨房機器の容量を確保しております。
ゴーストレストランの良さとして、複数のブランドを取扱いながら地域のニーズを探る点がありますが、展開するブランドの幅を広げ、更なる売上UP・収益率UPを目指せます。

特徴2:複数の販売チャネルをもてる
田町の立地の良さもありますが、デリバリーだけでなく、テイクアウトやイートインでの売上も見込むことができます。基本的には事前注文で、併設しているフードロッカーでの受け渡しとなるので、デリバリーを営業しながらでもサービス提供ができます。
また、ストレージスペースも大容量確保しているので、包材などの保管に加えて、将来的にはグッズ販売や物販なども視野に入れたブランド展開が可能となります。

特徴3:事業成長に専念できる
運営側で、各デリバリーサービスのアカウント申請業務や面倒な作業を一括で請負。ブランド開発、店舗オペレーション、グロースハック・マーケティングに専念できる環境を提供します。
複数のデリバリーサービスのオーダーを統合できる管理アプリやデータ分析ツールなど、各種ベンダーと協業しながらサービス開発を行い、それぞれの事業者が力を発揮できるよう全力でサポートします。

特徴4:地域・社会との繋がりを促進
地域の住民や企業向けにPRを促進することはもちろん、地域課題などの様々なテーマが集まる環境を作り、様々なプレイヤーと協業しながらブランド開発や商品・サービス提供ができる環境を作ります。
社会的な認知度を高めたり信用を得られるきっかけや仕組みを作っていきます。

特徴5:ゴーストレストランの見える化を推進
食を訴求した野村不動産プロデュースのGEMSで開業することで、ゴーストレストランの不透明さを払拭し、キッチンの見える化を推進することで消費者目線での「安心」「安全」「美味しい」の訴求を行うことができます。
こういった取り組みが購買促進につながるとともに、これから競争が激化するであろうデリバリー市場においても優位性を保つことができます。

●入居までの大まかな流れ
1. お問い合わせフォームの入力
2. 書類の提出、面談日程の調整
3. 面談実施(内見希望の場合は5月中旬以降)
4. 審査
5. ご契約手続き
6. 営業開始準備(2021年6〜7月ごろ)
7. 営業開始(2021年6〜7月ごろ)

●お問い合わせフォーム
https://deli-station.jp/contact
これから一歩先の世界を一緒に創り上げていく、チャレンジャーの方々のご応募お待ちしております!

●会社概要
会社名:合同会社Wiaas
所在地:東京都武蔵野市関前5丁目6-21
代表者:盛永 哲志
設立:2019年6月13日
資本金:5,000,000
事業内容:ゴーストレストラン・飲食事業、インバウンド事業、システム開発事業
URL:https://wiaas.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。