2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

テイクアウトで楽しめる人気のおにぎり屋さんとの期間限定コラボを実施

アラスカシーフードマーケティング協会 日本事務所のプレスリリース

アラスカシーフードマーケティング協会(本部:米国アラスカ州ジュノー)は、おにぎりの名店、大塚の「ぼんご」(https://www.onigiribongo.info/)と浅草の「おにぎり浅草宿六」(http://onigiriyadoroku.com/)の2店舗で、2021年4月26日(月)から5月10日(月)までの間、スペシャルメニューとしてアラスカ産の塩紅筋子と明太子を使用したおにぎりを数量限定で販売いたします。

【概要】
期間       : 2021年4月26日(月)~5月10日(月)※
実施店舗 : 大塚「ぼんご」(東京都豊島区北大塚2-26-3 金田ビル1F)
                  浅草「おにぎり浅草宿六」(東京都台東区浅草3-9-10)
メニュー : アラスカ産塩紅筋子のおにぎり/アラスカ産明太子のおにぎり
※おにぎり浅草宿六は昼の営業時間のみ
※状況に応じて、営業時間が変更になることご了承ください

どちらの店舗でも「アラスカ産の筋子/明太子が食べたい」と注文すると、特別に握ってもらえます。もちろん、握りたてのテイクアウトが可能です。

アラスカ産の筋子や明太子は、天然ならではの美味しさはもちろん、サステイナブルな(持続可能な)漁業で漁獲されているのが特徴のひとつです。ぜひ、この機会にアラスカ産の塩紅筋子と明太子をお楽しみください。

 

このフェアは、一般社団法人おにぎり協会(https://www.onigiri.or.jp/)とのコラボレーションにより実現しました。おにぎりとアラスカ産シーフードの歴史については、公式ウェブサイト「おにぎりJapan」(https://www.onigiri-japan.com/archives/7172)ご覧ください。

 

アラスカシーフードマーケティング協会ついてアラスカシーフードマーケティング協会(ASMI)は、「持続可能(サステイナブル)」な水産資源を活用した経済発展を促進するために設立された、アラスカ州とアラスカ水産業界の官民パートナーシップです。アラスカ産水産商品の価値を向上させることを目的に、一般消費者、業界関係者を対象とした様々な活動を世界各国で展開しています。詳しくは公式ウェブサイト、公式SNSをご覧ください。

公式ウェブサイト: https://japanese.wildalaskaseafood.com/
Instagram: @alaskaseafoodjapan
Facebook: @ASMIJapan

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。