2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

3度目の緊急事態宣言「ドライブスルー八百屋」は進化して開催中!5月5日京浜島センター臨時開催お花も販売開始!

株式会社フードサプライのプレスリリース

3度目の緊急事態宣言「ドライブスルー八百屋」は進化して開催中!
5月5日京浜島センター臨時開催お花も販売開始!

3度目の緊急事態宣言、都内の飲食店は酒類の販売中止、時短要請に伴い臨時休業する飲食店が軒並みに増えております。
飲食店向けに作物を作っている農家がまたも大量の野菜を余らせ廃棄、その流通を行っている卸売業、製造業も売り上げが急激に低下、危機的状況となっております。

今回も協力金の対象にならない農家、製造業、卸売業、物流業は非常に大変な状況です。
この危機的状況を打破するために外食向け業務用青果卸のフードサプライ(東京都大田区、代表取締役:竹川敦史)は、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、農家、製造業、物流業を守るために接触を極力無くした安心・安全な「ドライブスルー八百屋」のサービス継続、5月5日には臨時開催し余ったお野菜、そして今回から花き市場から余ったお花を特別価格にて販売いたします。
URL: https://www.foodsupply.co.jp/drivethrough/
 

≪開催場所≫
・東京都京浜島センター 
東京都大田区京浜島1-4-3 松和MKB京浜島物流センター 内

詳しい日時は下記サイトよりご確認ください。
https://www.foodsupply.co.jp/drivethrough/
 

■『ドライブスルー八百屋』販売継続の効果について

・生産者支援
・食材の廃棄ロスを防ぐ
・お花の廃棄ロスを防ぐ
・ドライブスルー形式なので人との接触が少ない
・セット販売のため商品の購入時間の短縮につながる
・卸業者から直接購入できるので安価で安心して気軽に購入できる
・店頭で元気よく販売することで、街を明るくし地域に貢献することができる
・社員のモチベーションも上がり雰囲気も良くなる

【会社概要】

社名:   株式会社フードサプライ
代表:   代表取締役社長 竹川 敦史 (たけかわ あつし)
設立:   2009年4月27日
資本金:  8050万円
従業員数: 約200名
本社所在地:東京都大田区東海1-3-6 プロロジスパーク東京大田6F

事業内容: 業務用野菜の卸売販売
https://www.foodsupply.co.jp/drivethrough/

URL:理念に“YASAI LIFE LINE”というキーワードを用い、自社を「野菜の流通」、「八百屋」ではなく「野菜のライフラインをつくる企業」と定義。東京・千葉に物流センターをかまえ、「流通業を行う企業」ではなく「新しい流通をつくる企業」として「ドライブスルー八百屋」をはじめとした新しいモデルを構築し続けている。

【株式会社フードサプライ】
設立:2009年4月27日 資本金:8050万円 代表取締役:竹川敦史
本社:東京都大田区東海1-3-6 プロロジスパーク東京大田6F 
事業内容:業務用野菜の卸売販売
URL:https://www.foodsupply.co.jp/

理念に“YASAI LIFE LINE”というキーワードを用い、自社を「野菜の流通」、「八百屋」ではなく「野菜のライフラインをつくる企業」と定義。東京・千葉に物流センターをかまえ、「流通業を行う企業」ではなく「新しい流通をつくる企業」として「ドライブスルー八百屋」をはじめとした新しいモデルを構築し続けている。
「2020年外食アワード受賞」
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。