予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

間借りカレー界最強の個性派!「カリーザハードコア」が雑司が谷で実店舗オープン!

吉野家HDグループ/株式会社シェアレストランのプレスリリース

シェアレストランマガジン「間借りカレーdiggin’」からのお知らせ

株式会社シェアレストラン(代表取締役:武重 準、本社:東京都中央区)は、シェアレストランマガジン「間借りカレーdiggin’」にて間借りカレー界最強の個性派と言われた「カリーザハードコア」が雑司ヶ谷で実店舗をオープンした事をお知らせいたします。

カリーザハードコアについて

大久保駅近くの間借りカレー店としてスタートし、その独創的すぎるスタイルでファンを獲得した「カリーザハードコア」が4月末に雑司が谷で実店舗オープンしました。「間借りカレーdiggin’」では、折しも緊急事態宣言真っ只中の逆風の中であえて開店した理由や、その経緯なども含めてお話を聞いてきました。
店主の喜多さんは元声優。後にいわゆるサラリーマンになったのですが、一般的な社会生活に馴染めずに悩んでいたそうです。そんな中で声優時代に自分のイベントで出したカレーが好評だったことを思い出し、それで勝負をかけてみようと一念発起。ただ資金もなかったので、自らが足繁く通っていた居酒屋のオーナーに間借りさせてもらえないかと直訴し、快諾してもらって開店したのが2020年の1月のことでした。

間借り開業で1年以上の実績を積み、2021年4月28日いよいよ実店舗がオープン!
~詳細は下記URLをご覧くださいませ!

メニューについて


レギュラーカレーと限定カレーのあいがけ「あいがけマトンハードコア」 
レギュラーカレーと限定カレーのあいがけ「あいがけマトンハードコア」 
カレーおじさん\(^O^)/コメント抜粋~「間借りカレーdiggin’」より

レギュラーカレーはドイツ料理のフリカデレとシュマルツをカレーにアレンジした独創的すぎるもの。
これに鶏の手羽元も入り、肉と油にまみれたカレーでありながら、重すぎずにペロっと行けてしまうという絶妙な仕上がり。純粋に美味しいです。

一方マトンはパキスタン的なアプローチで王道の現地系カレー。重厚なマトンの旨味と引き立て役としてのからし菜のバランス感。これまた美味しい。

「間借りカレーdiggin’」について

2006年から毎日カレーを食べ続けているカレーおじさん\(^O^)/は、
TBS「マツコの知らない世界」ほか多数のメディア出演、カレー記事の連載、カレープロデュースまで行うカレー偏愛家です。
間借りカレーに対する想いも人一倍強いカレーおじさん\(^O^)/が独自の視点で「間借り文化」を語るコーナー、それが「間借りカレーdiggin’」です。

店舗情報

店 名   カリー・ザ・ハードコア(curry the hardcore)
住 所   東京都豊島区雑司が谷2丁目26−6
営業時間  17時00分~20時00分
定休日   月曜日・火曜日
オープン日 2021年4月28日
https://twitter.com/c_t_hardcore

シェアレストランについて

飲食店はお金さえあれば誰でも開業可能です。一方で多くの方が数年で廃業して、借金だけを抱え込んで苦しんでおります。私たちはそんな飲食業のあり方を本気で変えたいと思っております。

まずは、間借りでコツコツとファンを掴みませんか?ファンがいれば、借金も怖くはありません。 これから飲食店をはじめたい開業希望者は、「シェアレストラン」で月額定額で間借りすることができ、投資をせずに低リスクで飲食店を開業することができます。本サービスは、飲食店を通じ「低リスクで飲食店を開業したい利用者様」と「新しい仲間の募集に取り組みたいオーナー様」とをマッチングするプラットフォームです。

【SNS】
https://www.facebook.com/jun.takeshige.5
https://www.instagram.com/take103103/
https://twitter.com/6ahzm57nl7vcog4
【YouTube】
https://www.youtube.com/channel/UCCGWBVC5ZNdTPFMBb0iADKA

【会社概要】
会社名:株式会社シェアレストラン
所在地:〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町36番2号 Daiwaリバーゲート18階
事業内容: シェアレストランサイトの運営

~ 本件に関するお問い合わせ先 ~
吉野家ホールディングスグループ
株式会社シェアレストラン 代表取締役 武重 準
j.takeshige@yoshinoya.com
080-3169-5216

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。