予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

~東京都にこどもホスピスを~ 「東京こどもホスピスプロジェクト応援酒」発売!

石川酒造株式会社のプレスリリース

子どもたちと、その家族に笑顔と思い出を。

創業158年を迎える石川酒造株式会社(本社:東京都福生市、代表取締役社長:石川 彌八郎)は、東京に開設を目指す【NPO法人東京こどもホスピスプロジェクト(代表理事:佐藤 良絵)】の活動を応援する日本酒を販売、売上の一部(1本につき700円)を寄付し、小児がんや重い病気を患っている子どもたちと、そのご家族を支援します。

こどもホスピス

東京こどもホスピス応援酒

■こどもホスピスについて
こどもホスピスとは、生命を脅かす病気を持つ子どもと、休みなく看護にあたる家族が安心して、心と体を休め、生きがいを見つけ、明日を生きる力を養うための場所です。
医療・福祉・教育・芸術などに携わる専門家や地域が一体となって、家族の絆、地域のつながりのもとで、それぞれが生まれた「いのち」の可能性を発揮できるよう、家族の看護負担を軽減し、リフレッシュできるよう、支援者の皆様と共に支えてゆく場所になります。
このような、完治の難しい病気を抱えながら生きる子どもたちと、その家族が滞在できるこどもホスピスを、東京都に開設することを目指して活動し寄付を募っている団体が、東京都知事より承認されたNPO法人東京こどもホスピスプロジェクトです。

■石川酒造について
江戸のころより約400年の歴史をもつ石川家が清酒の製造をはじめたのは文久3年(1863年)に第13代目の石川彌八郎(和吉)が創業し現在に至る。清酒【多満自慢】は、“多摩の心をうたいつつ、多摩の自慢となるよう、多くの人たちの心を満たすことができたら”という願いをこめて命名された銘柄。
1998年には当代の18代目石川彌八郎がビール醸造を開始、“多摩の恵”“TOKYOBLUES”と地酒だけではなく東京のクラフトビールも手掛けている蔵元。
敷地内には直営のレストランがあり出来立てのクラフトビールや地酒が味わうことができる、年間10万人が酒蔵に訪れる“酒飲みのテーマパーク”としても楽しめる東京福生市の蔵元。

アクセス:JR青梅線・西武拝島線 拝島駅より徒歩約20分

多満自慢 本蔵

■【東京こどもホスピス 応援酒】の概要
発売日   :2021年5月29日(土)
名称    :東京こどもホスピスプロジェクト応援酒
内容量   :720ml
価格    :2,750円(税込)
酒質    :純米酒
原材料名  :米(国産)・米麹(国産米)
アルコール分:15%
製造所   :石川酒造株式会社
寄付金   :1本販売につき700円をNPO法人東京こどもホスピスプロジェクトへ寄付

※妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響を与える恐れがあります。
※お酒は20歳になってから。
※飲酒運転は法律で禁止されています。

■会社概要
社名  : 石川酒造株式会社
代表  : 代表取締役社長 石川 彌八郎
所在地 : 〒197-8623 東京都福生市熊川1番地
事業内容: 酒造業、レストラン事業等
URL   : https://www.tamajiman.co.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。