予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

世界人口25%のイスラム市場マーケットを目指す「ナッツ・豆菓子のハラール認証取得商品マレーシア市場に参入」

株式会社 有馬芳香堂のプレスリリース

株式会社 有馬芳香堂(本社:兵庫県加古郡、代表取締役:有馬英一)は、2021年春にマレーシアの主要小売店にてハラール認証取得済商品の販売を開始しました。

 

■マレーシア市場参入の背景

 2021年に創業100年を迎えた有馬芳香堂の新しいチャレンジは「海外市場参入」
 2019年春より海外市場参入を検討した結果、「マレーシア市場」が➀英語圏②東南アジアのハブ③ハラール市場の中心地という背景から「マレーシア市場」への参入を決定し、現地小売店とのパイプが太いローカル商社との取引を開始した。
 2021年1月からマレーシアの主要小売店にて販売を開始し、同年4月からは新商品の採用が決定した。今後は、シンガポールやインドネシアなどのイスラム商圏参入を目指す。
 

■ハラール認証取得の背景

 海外進出を進める上で、世界規模で重要なマーケットとなる「イスラム市場」に数年前より注目しており、厳格なイスラム法によって管理された「ハラール認証」が重要になる事から、その認証に向け2020年4月から全社的に着手した。
 そして、2020年11月には日本アジアハラール協会によるハラール認証を取得し、
自社工場内で製造する製品は順次ハラール認証を取得しており、全商品の取得を目指す。

■ハラール認証取得後の取り組み

 ハラール認証取得商品を現地小売店バイヤーから求められていたこともあり、主要小売店での採用が決定し、ローカル商社と小売店の協力の下、クアラルンプールを中心とした店舗で積極的に試食販売も行っている。
2020年3月に開催されたJETROJetro大阪主催の「大阪・関西フェア」に参加し、「日本食=ハラールが少ない」というイメージを持つ多くイスラム教徒から驚きと喜びの声を聞き、ハラール認証が付いた日本食の可能性を感じている。
 また、コロナ渦の影響もありオンライン市場での購買ニーズが高まることから、マレーシアの主要Eコマースである「Lazada/Shopee」にて公式オンラインショップを開設し、西マレーシアを中心とした新たなるチャネル作りと日本食のニーズ開拓を目指す。

■有馬芳香堂について

有馬芳香堂は、2021 年に創業 100 年を迎えるナッツ・豆菓子・ドライフルーツを扱う食品メーカ ーです。創業以来、素材にこだわり鮮度を大切にする「真面目で頑固な豆屋」として商いを続けてまいりました。だからこそ、「素材」「鮮度」「清潔」を重視した、「正直」「誠実」な経営という 5 つの S を掲げ、当たり前の事を当たり前に行い、皆様に信頼いただける企業を目指してまいりました。現在は直営店に加え、全国 130 以上の小売店、量販店でもお取り扱いいただいております。また、 航空会社をはじめとした企業とのコラボイベントや商品開発も行っています。近年は地域での活動にも力を入れており、製菓学校と洋菓子屋との商品開発・販売だけでなく、節分イベント「Fuku wa Uchi」(神戸元町商店街6丁目)を主催するなど、様々な地域活動を行っています。私たちはこれからも「まめひと粒を大切に」の精神を忘れることなく、豆菓子の美味しさを多くの方に届けてまいります。

【会社概要】
会  社 名:株式会社 有馬芳香堂
所  在 地:〒675-1105兵庫県加古郡稲美町加古3627-3
代  表 者:代表取締役社長 有馬 英一
設   立:昭和24年4月(1949年4月)
創   業:大正10年10月(1921年10月)
U   R   L:https://arima.co.jp/
事 業 内 容:各種豆類ナッツ類落花生加工、菓子一般食品・珍味類販売

【お客様からのお問い合わせ先】
T   E   L:079-492-0055
e-mail  :webmaster@arimahokodo.com
Instagram:https://www.instagram.com/arima_malaysia/

【報道関係者からのお問い合わせ先】
部   署:営業サポート課
担   当:平尾
T   E   L:079-492-0055
e-mail  :hirao@arimahokodo.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。