予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

foodpanda、7月12日(月)大分市でサービス開始!

foodpanda Japanのプレスリリース

フードデリバリーサービス「foodpanda」を展開するfoodpanda Japan(本社:東京都港区)は、7月12日(月)より、国内31エリア目となる大分県大分市でサービス提供を開始いたしました。foodpandaは昨年9月の日本上陸以来、多くの皆様に愛される地域密着のフードデリバリーとして成長してきました。是非この機会に地元の名店の味を、foodpandaのサービスを利用してご自宅でお楽しみください。

大分市のサービス概要】 
●サービス開始:7月12日(月)
●営業時間:8:00〜24:00(店舗の営業時間により異なります)
●配達エリア:大分市(大分市街地、西大分の一部、南大分)
●最低注文金額:設定なし(当面期間、サービス開始記念)
●サービス料・配達手数料:無料(当面期間、サービス開始記念)
※最低注文金額なし、サービス料・配達手数料無料は予告なく終了させていただく場合があります。

大分ローンチ記念式典
大分市サービス開始に合わせて7月12日(月)10:00より、foodpanda大分拠点(大分市中央町3丁目)にてローンチ記念式典を行いました。foodpanda大分シティマネージャー中村加奈子の挨拶に始まり、ご列席の西新町通り商店街の佐々木会長より「他社と違い、大分に拠点を構えて地域密着でサービスを展開されるという点に感銘を受けました。宅配サービスを受けている高齢者の方にも週一でフードパンダを使ってもらえる様、連携していきたいと思います」とのお言葉を頂戴いたしました。その後foodpandaのライダーさん3名による出発式を行い、foodpanda県内初となる大分市でのサービス開始を祝う式典となりました。中村シティマネージャーは式典に際し、「地元の皆様に愛される企業になれるよう努力してまいります」とコメントしました。

 

foodpandaについて
foodpandaは、アジア太平洋地域の代表的なオン・デマンドのフードデリバリーサービスであり、食品・飲料や生活必需品などの幅広い商品を迅速かつ便利に消費者に届けることを目的としています。foodpandaは、卓越したテクノロジーとオペレーションを駆使し、パートナー企業と共に、クイックコマース(Qコマース)の成長を推進しています。また、pandamartのクラウドストアでは、数百万のフードデリバリーオプションを超えるオンデマンドオプションを提供しています。現在、シンガポール、香港、タイ、マレーシア、パキスタン、台湾、フィリピン、バングラデシュ、ラオス、カンボジア、ミャンマー、日本のアジア太平洋地域の12市場、300以上の都市で事業を展開しています。foodpandaはフードデリバリー産業のグローバルリーダーであるデリバリーヒーローが展開するブランドです。詳細は https://www.foodpanda.co.jp/  をご覧ください。

デリバリーヒーローについて
デリバリーヒーローは、世界をリードするデリバリーサービスです。2011年にフードデリバリーサービスをスタートし、現在では、四大陸のアジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東、北アフリカ50カ国以上でサービスを提供しています。また、デリバリーヒーローは次世代のeコマースであるクイックコマース(Qコマース)の先駆者であり、あらゆる食料品や日用品を1時間以内に、その多くを10分から15分以内にお客様にお届けすることを目指しています。本社はドイツのベルリンにあり、27,000人以上の従業員を擁しています。デリバリーヒーローは2017年にフランクフルト証券取引所に上場し、2020年にはドイツ株式指数DAX(Deutscher Aktienindex)の銘柄になりました。詳細は https://www.deliveryhero.com/ をご覧ください。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。