予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

【至高の逸品】一本うなぎ棒寿し-日本の食文化を紡ぐ老舗三社が力を合わせて共同開発。クラウドファンディングサイト「Fanbeats」にて7月12日(月)12時よりリリース

株式会社パッションギークスのプレスリリース

株式会社パッションギークス(所在地:愛知県北名古屋市 代表取締役:菊川雄平)が運営するうなぎ料理店「うなぎ四代目菊川」は、金沢のソールフード「笹寿し」の株式会社芝寿し(所在地:石川県金沢市 代表取締役:梶谷真康)及び江戸寛政時代より続く「京の米老舗」の株式会社八代目儀兵衛(所在地:京都府京都市下京区 代表取締役:橋本隆志)の3社共同開発にて「一本うなぎ棒寿し」をリリースすることとなりましたのでお知らせいたします。

■一本うなぎ棒寿し-日本の食文化を紡ぐ老舗三社が力を合わせて共同開発
うなぎの目利き、焼き、舎利。うなぎ一本を心ゆくまで堪能していただく為に こだわり抜いた素材と職人の技を凝縮した逸品です。
 Fanbeats 掲載URL : https://fanbeats.jp/projects/217

◯鰻のうなぎ四代目菊川◯
90年続くうなぎ卸問屋が運営する「うなぎ四代目菊川」。
老舗卸問屋の確かな目利きがあるからこそ出来る、徹底した素材へのこだわり。
丸ごと一本を正直に実直に、お客様の前で捌き、焼き上げ、そのまま「一本うなぎ」で勝負していきます。

 

◯寿しの芝寿し◯
金沢の文化である押寿しを、北陸のみならず全国・全世界へ感動を提供する。
「こんなおいしいお寿しがあったのか」という”感動”をお客様にお届けしたい。
厳選された素材を使用し、お客様へ変わらぬ味と安心して召し上がっていただける商品づくりを目指します。

◯京の米老舗 八代目儀兵衛◯
江戸寛政時代より続く京都の老舗米屋。
先代より受け継がれたお米を選びぬく才覚と米炊き職人の技で究極の銀シャリを提供。数多くの食通がその旨さを認めるお米の銘店。

■一本うなぎ棒寿司し開発ストーリー
新型コロナウィルスが猛威を振った2020年。
飲食店経営の株式会社パッションギークスが運営する「うなぎ四代目菊川」も、少なからず影響を受けました。
しかし、自分たちができるニューノーマル対応を模索しながら攻め続けました。

2020年は4店舗新規出店。そのうちの一つに8月にオープンした「うなぎ四代目菊川クロスゲート金沢店」の出店の際、北陸の企業の雄である金沢のソウルフードメーカー。「芝寿し」とコラボ商品「うなぎ棒寿し」を共同開発。土用の丑に合わせ予約限定販売を実施し即完。テイクアウト・巣ごもり需要になる期待にお応えし、多くのお客様にご好評いただきました。

右:八代目儀兵衛 橋本隆志 中:芝寿し 梶谷真康 右:うなぎ四代目菊川 菊川雄平右:八代目儀兵衛 橋本隆志 中:芝寿し 梶谷真康 右:うなぎ四代目菊川 菊川雄平

共にプロジェクトを進める中、更なる進化を求めて冷凍米飯に着目。
この度のうなぎ棒寿しを冷凍にて、より多く全国のお客様に展開できるように進化させたい。と開発に着手。

解凍後のシャリの食感や風味の変化を抑えることが最大のポイント。お米の選定・ブレンドを兼ねてから芝寿しと親交があった京都に代々続く老舗米問屋「八代目儀兵衛」にも参画を依頼。お米の選定・ブレンドを担当することとなった。

 

「株式会社パッションギークス 菊川雄平」

「株式会社芝寿し 梶谷真康」
「株式会社八代目儀兵衛 橋本隆志」
それぞれの分野で創業より永く日本の食文化を継ぎ時代の変化に合わせて進化させて来た3社の代表に共通した「今こそ新しいものを生み出し、新たな食文化を創る」という情熱がこもった逸品が完成。

それが今回リリースする「一本うなぎ棒寿し」です。

 

 

■一本うなぎ棒寿しへのこだわり
POINT 1:厳選された鰻
誰よりもうなぎのことを知り尽くした創業90年を越える老舗卸問屋が運営する「うなぎ四代目菊川」。
うなぎ棒寿司のために選別されたうなぎを生きたまま仕入れ、その日に必要な分だけ仕入れます。
捌きたてのうなぎは臭みがなく肉厚。鰻本来の旨味を最大限引き出します。

POINT2:炭火手焼き
うなぎは一切蒸さず、自社ブランドの備長炭の強い火力で短時間かつ繊細に。
旨みを逃さず中に閉じ込め、炭の香りで香ばしく中はふわっと肉厚に。
店舗でのご提供同様に、一本ずつ丁寧に職人が手焼きにて焼き上げます。

POINT3:秘伝のタレ
「うなぎ四代目菊川」秘伝のタレは、焼きたてのうなぎ丸ごと潜らせることで、旨みたっぷりの脂が混ざる創業より継ぎ足された秘伝のタレ。炭の香ばしさに負けない濃縮された味わいです。
うまいうなぎで、うまくなったたれがさらにうなぎを美味しくします。

POINT4:こだわりの舎利
うなぎの旨味を受け止める、大粒で重厚感のあるブレンド米に仕上げました。
店主自ら厳選した粒張りの良いお米を主体に滑らかなテクスチャーのお米を秘伝のバランスでブレン ド。
2層で使用されたこだわりのタレ、酢飯の馴染みも良好。
うなぎ、たれ、シャリが一体となった重厚でとろけるような調和をご堪能頂けます。

この度は、日本の食文化を継承し現代へ進化させる3社がこだわり抜いた逸品をより多くの方に知って頂き商品をお届けできればとクラウドファンディングを利用してのリリースとさせていただきます。
是非ご賞味くださいませ。

クラウドファインディングサイト
Fanbeats 掲載URL : https://fanbeats.jp/projects/217
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。