予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

東京の魅力を再発見する「お江戸・文化の宴」開催 期間|2021年7月22日~8月8日

星野リゾートのプレスリリース

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」は、江戸の文化を現代に伝えるお祭り「東京・夏夜の宴」開催期間中、2021年7月22日から8月8日まで、東京の魅力を再発見する「お江戸・文化の宴」を開催します。この催しでは、「東京・夏夜の宴」をさらに盛り上げるため、江戸時代に発展した文化にルーツがあり、今もなお、こだわりを持ちながら商いを続けている和菓子店や料理店、工芸店など、日によって異なる老舗が星のや東京に集まります。オリジナルメニューの振る舞いや伝統工芸体験、そして店主や職人との交流などを通して、お祭り気分を盛り上げます。

開発の背景

江戸時代、星のや東京のある大手町周辺には大名が居を構える武家の上屋敷が建ち並んでいたことから、多くの人が集い、独自の伝統芸能や食事、娯楽が発達したと言われています。星のや東京では、「江戸から続く文化や、江戸の町の人々の夏の過ごし方を身近に感じてもらいたい」という想いから、東京・大手町の新たな夏の風物詩として、江戸文化を現代に伝える「東京・夏夜の宴」を開催してきました。今年は、江戸の文化を現代に伝え続ける都内の老舗に着目し、地域の人々に愛され続け、東京の文化を作り上げてきた老舗のこだわりや歴史を通して、東京独自の魅力を再発見してほしいという想いのもと「お江戸・文化の宴」を開催するに至りました。この催しでは、老舗の方々にご協力いただき、連日あらゆる分野の店主や職人が集まり、お店の伝統や文化、こだわりを伝え、お客様をもてなす場を用意します。

「お江戸・文化の宴」とは

「お江戸・文化の宴」は、日によって異なる老舗が星のや東京に集まり、店主や職人との対面でのやり取りを通して、店の文化や伝統に触れられる催しです。創業に至った経緯や歴史、代々引き継がれてきたこだわりを対面で伝えるために、2階にあるパブリックスペースに屋台や展示スペースなど特別な設えを施します。お店の文化や伝統を聞きながら、こだわりの料理を食べ、工芸に触れることで、お店でも体験することのできない「お江戸・文化の宴」ならではの楽しみ方ができます。

【ご協力いただく老舗例】

■いづもや/うなぎ

日本橋本石町にお店を構える「いづもや」は、三代続く鰻の名店です。鰻は元々「江戸前」の語源になったほど、江戸の人々に親しまれた食材で、今でも多くの人々に食べられています。この催しでは、鰻を串に巻きつけた「くりから焼き」を提供します。魚本来の味を生かした「くりから焼き」は、店舗でも提供していない特別なメニューです。熟練の職人が鰻や商いに対するこだわりをお伝えします。

篠原風鈴本舗(しのはらふうりんほんぽ)/風鈴

江戸時代末期に庶民の間で流行ったといわれる風鈴を、工芸品として復活させた「篠原風鈴本舗」は、江戸時代と変わらない製法で「江戸風鈴」作り続けています。この催しでは、歴史や技を職人から聞きながら、「江戸風鈴」の特徴のひとつである風鈴の内側からの絵付けを体験できます。

蛇の市(じゃのいち) 本店/鮨

日本橋に魚河岸があった1889 年に屋台の鮨店として創業した「蛇の市本店」は、創業時から変わらぬ味を守り続ける煮穴子の握りなど、砂糖を使わない赤酢の酢飯が特徴の江戸前鮨です。この催しでは、「煮穴子の握り」と星のや東京オリジナルの升を使用した「特製ちらし」の提供とあわせて、「変えずに変える」という店主の想いのもと、100年以上続くお店の文化やこだわりを語ります。

「お江戸・文化の宴」概要

■期間    :2021年7月22日~8月8日
■時間    :16:00~19:00
■料金    :無料 *一部有料:いづもや、篠原風鈴本舗、蛇の市、龍工房(りゅうこうぼう)
*宿泊料別
■場所    :星のや東京
■備考    :仕入れ状況により提供内容が一部変更になる場合があります。

「お江戸・文化の宴」出店スケジュール

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)
【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)
・パブリックスペースへのCO2(二酸化炭素)濃度測定器の配備
・自然換気、機械換気など、建物の設計にあわせた換気の徹底
関連資料:[【星野リゾート】コロナ対策まとめ]{https://drive.google.com/drive/folders/1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E}

星のや東京

「塔の日本旅館」をコンセプトに2016年7月に開業。玄関で靴を脱ぎ、畳敷きの伝統的な和室や各階のお茶の間ラウンジ、最上階に温泉を備える星のや初の都市型旅館。
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目9番1/客室数 84室
[https://hoshinoya.com/]{https://hoshinoya.com/}

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。