予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

未来をつくるSDGsマガジン『ソトコト』と100年以上続く老舗製麺所『南京軒食品』がタッグを組んで、ラーメンのクラウドファンディングを開始!

株式会社sotokoto onlineのプレスリリース

株式会社sotokoto online(東京都千代田区、代表取締役:指出一正、以下、当社)は、ローカルプロジェクトを後押しするクラウドファンディングサイト「みらいのチカラ」にて、“ラーメンが毎月届くクラウドファンディング”を開始しました。https://sotokoto.en-jine.com/projects/ramennankinken

 

クラウドファンディング画面。クラウドファンディング画面。

  • コロナ禍で従業員を守るため、民事再生を選んだ製麺所。復活を賭けてお届けするラーメンを味わってほしい!

​大正3年創業の『南京軒食品』は、個人店から大手チェーン店までおよそ1,000軒に卸してきた実績のある老舗製麺所。しかしながら、コロナ禍で飲食店が営業できなくなったことに伴い売上が減少し、2021年4月21日に民事再生を選択されました。

このたび、未来をつくるSDGsマガジン『ソトコト』とタッグを組み、毎月おすすめの麺とスープのセット(5食分)を2種類ずつお届けするクラウドファンディングを開始しました。
こだわりの麺とスープのさまざまなセットが、半年間にわたって毎月届きます。おうち時間に家族で楽しむもよし、トッピングをアレンジして何度も楽しむもよし。もちろん麺は冷凍できるので、食べきれなければ保存食にしておくのもおすすめです。 

【麺とスープのセット(予定)】
第1回:鶏がら醤油&玉子縮れ細麺、煮干し醤油&手もみ風平打ち麺
第2回:地鶏塩&中華街風細ストレート麺、海老塩&中細ストレート麺
第3回:北の味噌&中太縮れ麺、ニンニク味噌&中太ストレート麺
第4回:混ぜそば&太ストレート麺、鍋スープ&超もっちり麺
第5回:博多豚骨&低加水細ストレート麺、豚骨醤油&平打ち縮れ麺
第6回:辛味噌&低加水中細ストレート麺、担々麺&多加水中細ストレート麺
 

  • 特別誌『ラーコト』

ただ麺とスープをお届けするのもいいのですが、せっかくならラーメンの歴史や美味しい食べ方も知ってもらいたい。そこで、『ソトコト』の雑誌制作ノウハウを活かしてラーメンの特別誌『ラーコト』(4P)を制作しています。執筆は、全1168Pに及ぶ『ラーメン大全』を書かれた西尾了一さんに依頼しました。全6回、読み応えのある内容をお楽しみいただけます。

ラーコト表紙(仮)。ラーコト表紙(仮)。

  • クラウドファンディングについて

URL:https://sotokoto.en-jine.com/projects/ramennankinken
価格:22,800円(2種類×5食×全6回分)
販売期間:2021年10月31日(日)23:59まで
お届け時期: 
①9月末までにお申し込みいただいた場合、2021年10月から2022年3月にかけて毎月発送
②10月末までにお申し込みいただいた場合、2021年11月から2022年4月にかけて毎月発送
 

  • ソトコト クラウドファンディング「みらいのチカラ」とは

未来をつくるSDGsマガジン『ソトコト』は、21年にわたり全国各地のさまざまなソーシャルグッドな取り組みを取材してきました。読者層は10代から50代まで幅広く、彼らはローカルを盛り上げることや社会性のあるユニークな取り組みに強い興味関心があります。
そんな『ソトコト』読者と、ローカルを盛り上げるプロジェクトを実現したい発起人をつなぎ、地域や世代を超えて支援の輪を広げるべく、クラウドファンディングサービス「みらいのチカラ」を運営しています。
「みらいのチカラ」は、ローカルに特化した”支援と交流の場”を提供することで、皆様の新しいチャレンジを応援しています。
「みらいのチカラ」:https://sotokoto.en-jine.com/
 

  • 会社概要

社名:株式会社sotokoto online
所在地 :東京都千代田区神田小川町2-1-2シンコーミュージックプラザ東館7階
設立:2018年9月7日
資本金:21,000,000円
代表者:指出 一正
事業内容:雑誌『ソトコト』の発行及び運営事業、雑誌書籍の出版事業、出版コンテンツを活用したインターネット事業

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。