予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

世の中のフードテックに物申す。新ジャンル「ギルトフリーの食べ応え系」餃子ハンバーグがMakuakeで285%を達成。

㈱シデカスのプレスリリース

蒟蒻芋由来のフードテック事業を展開する株式会社Sydecas(兵庫県加古川市、代表取締役:寄玉昌宏、以下「当社」)は、当社従来品ハンバーグに比べ糖質83%offを実現※した「禁断のGYOZAバーグ」を開発し、Makuakeで世界最速の先行販売を募集しています。本リリース時点で、当初目標の3倍程度の申込をいただいています。「食べ応え」「腹持ち感」といった人間にとって重要な要素が忘れられがちなフードテック業界に一石を投じるプロダクトとして、自信をもってお送りします(※当社従来品「低糖質ジューシーハンバーグ」に比べ、さらに糖質83%offを実現)。

 

 

■背景

現在国内には、約2000万人の糖尿病患者とその予備軍の方がいると推計されてます。世界に目を向けるとその数は4億6000万人ともいわれ、世界の医療費の12%にあたる7270億ドルが投入されています。9割以上を占める2型糖尿病は、食生活を始めとする生活習慣が原因とされますが、その患者数は世界中のあらゆる地域で増加しています。満足感と低糖質を両立する、新たな生活習慣ともなりうる感動的な美味しさの逸品を提供したく、今回のプロジェクトに取り組んでいます。
 

■今回のプロダクトについて

日本発のフードテックブランドNinjaFoodsから、超パワフルな一品が登場。溢れる旨味、口に広がるニラの香りとキャベツの食感。何より、ギルティな肉感。そしてこれで、低糖質・高たんぱく。あなたの欲する全てを満たす、「GYOZAバーグ」ついに登場です。
 

 

もともと精肉加工場の社長さんが「アスリート向けハンバーグ」として考えていたレシピがベースになっており、いわゆる「ハンバーグ」ではないので、ちょっと売りにくいと思ってずっと封印していた一品。

今回そのレシピを基に、当社のNinjaPasteが加わることで肉汁キープと適度な弾力が付加され、食べ応えがブーストしました。

■今回のプロジェクトについて
今回はMakuakeを利用した世界最速予約販売です。2021年8月27日18時が締切となります。

URL https://www.makuake.com/project/sydecas_gyozaburg/

 

■フードテック関連企業様へ
当社は「植物性ゼロ糖質素材 NinjaPaste」によるオープンイノベーションを推進しており、健康食や植物性代替肉、フード3Dプリンタなど、ジャンルを問いません。ぜひ、お声がけください。

■株式会社Sydecasについて
当社では、植物性同化結着ペースト「NinjaPaste」を用いた次世代食品「NinjaFoods」を開発する日本発のフードテックスタートアップ。NinjaPaste事業は、大阪市アクセラレーションプログラム(OSAP)や、兵庫県「ポストコロナ・スタートアップ支援事業(拡充版クリエイティブ起業創出事業)」に採択されており、各方面から注目いただいています。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。