予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

中国・華南地区での第1号店「ワインショップ・エノテカ 深圳万象天地店」 ~9月15日グランドオープン~

アサヒビール株式会社のプレスリリース

 エノテカ株式会社(本社:東京都港区、社長:黒木 誠也)は、9月15日から中国の華南地区の特別行政区の深圳(シンセン)市にある大型商業施設「深圳MIXC(深圳万象天地)」内に、「ワインショップ・エノテカ 深圳万象天地店」を出店します。中国華南地区の直営第一号店として、ワインラヴァーの方々の多様なニーズにお応えすることで、ワインのある豊かなライフスタイルを提案します。 

↑店舗イメージ。カフェ&バースペースを正面に配置し、 ワインの購入だけでなくテイスティングなど多目的な利用が可能です。↑店舗イメージ。カフェ&バースペースを正面に配置し、 ワインの購入だけでなくテイスティングなど多目的な利用が可能です。

 「ワインショップ・エノテカ 深圳万象天地店」は、流行に敏感な20~40代の比較的若い世代のお客さまに気軽にお立ちよりいただける店舗を目指し、フランスのボルドーやブルゴーニュワインを中心に、100元前後のデイリーワインから10,000元以上の高額ワインまで、約400種類のワインを常時品揃えします。また、店頭の広いカフェ&バースペースでは、セミナーイベントをはじめ、モールと連携したイベントを開催し、ワインの販売だけでなく、豊かなワイン文化を提供する体験型店舗を目指します。グラスワインは50元の価格帯から高級ワインまで幅広く用意し、当店でお買い上げのワインを抜栓料なしでお持ち込みいただくことができます。
 店舗奥にはセンチュリーセラーを用意し、希少な高級ワインやバックヴィンテージも数多く取り揃えます。売り場面積は75㎡で、カフェ&バーの座席数は14席(カウンター4席、テーブルテラス席10席)です。

 深圳市は香港に隣接した広東省に属しており、北京市、上海市、広州市と同じ一級都市に指定されています。1980年の経済特区指定以降目覚ましい発展を遂げ、ハイテク産業やソフトウェア産業が盛んで“中国のシリコンバレー”と呼ばれ、GDPは中国国内で第3位を誇ります。「ワインショップ・エノテカ 深圳万象天地店」は、深圳市の中でもとりわけGDPの高い南山地区に位置し、名だたる高級グローバルブランドのテナントが立ち並ぶ商業施設「深圳MIXC(深圳万象天地)」の1階にオープンします。

 この度、中国で11店舗目となる「ワインショップ・エノテカ 深圳万象天地店」のオープンにより、数多くの華南地区のワインラヴァーの方々に、質の高いワインと豊かなワインライフを提案します。

WINE SHOP ENOTECA Shenzhen the Mixc world SHOP
ワインショップ・エノテカ 深圳万象天地店

住所: 9668 Shennan Dadao, Yuehai Jie, Nanshan District, ShenZhen, China
営業時間: 日~木曜日10:00-22:00 金、土曜日10:00-22:30(祝日は営業時間が変更になる可能性があります)
電話番号: +86-755-2691-6393
休み: 年中無休

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。