予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

「沖縄 中⼭コーヒー園」と「 珈琲や」が沖縄のコーヒー農園内でコラボします!

JIN-FBCのプレスリリース

<珈琲や>は、近年「国産コーヒー」の産地として注目されている沖縄で、農園で楽しめる新たな「本格焙煎体験」を提供いたします。中山コーヒー園は、沖縄県内で有数の生産規模があり、これまでも農園内でコーヒーの収穫・焙煎体験を提供しています。
これまで店舗での営業の他、コーヒーイベント、焙煎研修で培った焙煎ノウハウを、沖縄のコーヒー農園内でも楽しんでもらえるようにアレンジし、店頭で使っているものと同じ直火式焙煎機を設置し、農園で本格的な焙煎体験や、焙煎機をシェアする事で、来園者自身が焙煎をして豆を購入できる環境を整えます。

株式会社 JIN フードビジネスコンサルティング(所在地:東京都中野区、代表:前⽥ 諭史)が東京と台湾で展開する<珈琲や>は、⽇本国内の珈琲豆産地である沖縄の中山コーヒー園とパートナーシップを結び、中山コーヒー園内に<珈琲や焙煎所>2021年11⽉下旬にオープンします。

珈琲豆を生産できるコーヒーベルトの中で最北端である沖縄にて、珈琲豆の原種であるティピカ種等を生産している『中山コーヒー園』。コーヒー生産地だからできる特別な焙煎体験として、赤く完熟したコーヒーチェリーの収穫体験や試食、コーヒー農園の見学などを通じて、コーヒーの新たな楽しみ方を発信しています。
 

今回、<珈琲や>は中山コーヒー園にいらして頂ける方へ、直火式の本格焙煎機を使って自ら焙煎できるように焙煎機材とノウハウを提供し、地域のコーヒー生産農家の他、自ら焙煎した珈琲をご提供したいカフェオーナー様、沖縄県内のコーヒー焙煎をしてみたい方、観光で沖縄にいらっしゃる方など、コーヒーを自ら焙煎し、味わいを探求できる環境をご提供致します。

珈琲やの焙煎機は中山コーヒー園内にある体験施設「中山コーヒー&ハーブLAB」で使⽤する事ができ、焙煎機の使⽤方法のレクチャーも⾏わせて頂きます。

このパートナーシップを通して<珈琲や>から定期的にインストラクターを沖縄へ派遣し、継続的に焙煎技術を提供。沖縄への焙煎技術提供を通して<珈琲や>が⽇本国内にて生産段階から携わる事で、嗜好品であるコーヒーをより探求できる環境を整えると共に、海外の珈琲農園へも『農園×焙煎所』の⽇本モデルとして<中山コーヒー園×珈琲や>で培ったパートナーシップの形を提供してまいります。

<珈琲やの焙煎機の特徴>

珈琲やの焙煎機は直⽕型の1㎏釜。
お客様⼀⼈ひとりに『焼きたてをご提供する』ために⼩さく焙煎することを目的として、昔からあったテストロースターの図面の作成から取り組み改良を続け、現在の珈琲やオリジナルの焙煎機として開発致しました。

経験を積む事で、最⼩ロットは珈琲生豆150gから焙煎する事ができ、焼きたてを飲めるだけでなく、生産した珈琲豆の焙煎を変えて味わいを確認するための焼き分ける事も可能です。

 

<中山コーヒー園にて焙煎機をご利用したい方へ>
中山コーヒー園にある<珈琲や>の焙煎機は使用方法のレクチャーの上、使いたいご要望にお応えできるよう、予約制にて焙煎機をシェア致します。
珈琲やからのノウハウ提供を通して、沖縄のコーヒー豆以外にも常時30種類以上を用意。
コーヒー豆を購入頂く事で、焙煎機を使用して頂く事が可能です。(珈琲生豆持ち込みの場合には焙煎機使用料を頂きます。)
現在、焙煎所準備中のため、沖縄のコーヒー豆生産者様のテスト焙煎の他、カフェオーナーやスタッフ、珈琲豆焙煎に興味のある方は<珈琲や>までお気軽にお問い合わせ下さい。
※導入当初は珈琲やからのトレーナーの沖縄入りのタイミングに合わせて頂く可能性もございます。珈琲やスタッフ滞在日程は随時Facebookへアップしてまいりいます。

<珈琲やが考える焙煎機とは>
100⼈いたら100通りの好みがある珈琲の世界。
様々な焙煎機が存在している現在、珈琲豆の味をひらく道具である焙煎機に最も良い形というものは存在しないと考えています。 焙煎機も道具の一つですので、使い手と使い方次第。
直火式の他にも、半熱風・熱風焙煎機から電熱式焙煎機や⼿網焙煎まで全てが珈琲豆を焙煎する重要な手段です。
珈琲やでは1袋を焙煎するためにどう⼩さく焼くかを考え、その中で焼きむらを抑えて安定した味わいを提供できる焙煎機として、代表の前田が図面を起こし現在の直⽕型を開発し使⽤してきています。

<生産から1杯の珈琲になる⼯程を知る体験>沖縄での収穫期は11⽉後半から5⽉がメイン。
2021年冬、珈琲やとして中山コーヒー農園ツアーを企画中(コロナ禍により変更になる場合もございます)。
農園体験を通して収穫・精製方法から焙煎を通して1杯の珈琲になるまでを経験できる企画もご⽤意致します。

<珈琲豆焙煎体験型カフェ「珈琲や」の紹介>
店内に厳選した44ヵ国200種以上ある珈琲豆から自分好みの豆をセレクトし、⼀⼈ひとりの方へ焼きたての珈琲豆をご提供してきているお店です。
開業10年目を迎える珈琲や代表の前⽥は初めての珈琲豆焙煎から20年。
このノウハウを余すところなく公開し<珈琲焙煎>を多くの方へ⾝近に感じて頂くためにシンプルにした形で『無料焙煎体験&焙煎研修』を実施。
難しく捉えられがちな珈琲焙煎ですが、⼥性でも気軽に携われる形を実現するために、マネージャーの永井ちとせを始め、東京3店舗も⼥性店⻑で運営をしています。
東京の店舗でも焙煎体験をされた方へ、オリジナル焙煎機をシェアしておりますので、次回以降も焙煎機をご利⽤いただきます。

WEBSHOPも運営中
沖縄のコーヒーを始めとする200種類以上の珈琲をWEB SHOPにてご購入頂けます。
https://www.coffeeya.shop/

<⽇本の店舗紹介>

『珈琲や 新中野本店』(珈琲生豆200種以上)
◇東京都中野区本町4-31-10-104

◇TEL : 03-6318-9415 ◇定休⽇:⽔曜⽇ ◇営業時間:11時〜19時

『珈琲や 三鷹⼯房』(珈琲生豆60種程)

◇東京都三鷹市下連雀3-43-28-1F
◇TEL : 0422-29-9764 ◇定休⽇:無し ◇営業時間:10時〜19時
『珈琲や 東⼩⾦井⼯房』(珈琲生豆200種以上)
◇東京都⼩⾦井市梶野町5-10-58-E04
◇TEL : 042-316-1346 ◇定休⽇:⽔曜⽇ ◇営業時間:11時〜19時
『珈琲や 早稲⽥⼯房』(珈琲生豆200種以上)
◇東京都新宿区早稲⽥南町52-2
◇TEL : 03-6265-9785 ◇定休⽇:⽔曜⽇◇営業時間:11時〜19時
『沖縄 中山コーヒー園 珈琲や焙煎所』
◇〒905-0003 沖縄県名護市中山378
◇TEL:090-1942-3999

◇来園は要予約 → https://www.facebook.com/coffee.la.nakayama/

<台湾の店舗紹介>
◇ 珈琲や 台北松山⼯房:台湾 台北市⼋德路四段758號1樓
◇ 珈琲や 台湾桃園国際空港店:台湾桃園国際空港第2ターミナル4F(コロナ禍につき休業中)

 

<国内外にビジネスパートナー / エリアパートナーも募集しています>
100⼈いたら100通りの『好き』がある嗜好品の珈琲。
⼀⼈ひとりの『自分のための焼きたて珈琲』を体感できる環境創りを目指し開業希望の方や、パートナーを常時募集しております。
珈琲豆 / 珈琲生豆の卸売りやOEM販売の他、焙煎を通した企業研修やトレーニングも受け入れを実施しております。

<WAVE ZERO COFFEEとは>

コーヒーを飲む楽しみを1st WAVE COFFEEから3rd WAVE COFFEEが多くの⼈に伝えてきた中で、世界に広がるWAVEが無かった時代の楽しみ方は“焙煎”にあり珈琲を楽しむ重要な要素と考えました。

エチオピアの家庭では、飲む直前に焙煎し焼き⽴ての珈琲を抽出。
⾹りと味を楽しむ⽂化を「コーヒーセレモニー」として今も受け継がれています。この⼀⼈のお客様のために焼き⽴ての珈琲を焙煎する「コーヒーセレモニー」を珈琲⽂化の⼤切な原点と捉え、今という時代に継承していくことが私たち『珈琲や』の使命と考えています。そして常に珈琲との新しい関わり方のご提案を続けてまいります。

【会社概要】
会社名:株式会社JINフードビジネスコンサルティング / 株式会社珈琲や
⽇本本社:〒164-0012東京都中野区本町 4-31-10-104(珈琲や 新中野本店)台湾⽀社:台湾 台北市松山區⼋德路四段758號 (珈琲や 台北松山⼯房)代表者:前⽥諭史
設⽴:2007年3⽉
URL:http://coffeeya.co.jp/
事業内容:飲食店経営・経営コンサルティング業(開業・店舗運営⽀援・海外進出等)

【お問い合わせ先】
「珈琲や 新中野本店」
TEL:03-6318-9415(11:00-19:00 ⽔曜⽇定休)
E-mail:coffeeya@jin-pj.com
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。