予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

廃棄するコーヒーのカスを再利用して製品化。10月2日より全国14か所のカフェでコーヒーカスの回収イベントを開始。

GROUNDS合同会社のプレスリリース

GROUNDS合同会社(大阪府大阪市:代表 竹下亮・鈴木雪姫)はこの度、コーヒーカスと牛乳パックでつくる再生紙ブランド”Caffe Latte”を立ち上げ、その再生紙アイテム製作に使用するため、10月2日からコーヒーカス回収イベントを開始しました。10月中の該当日、関東・関西・九州の全14か所のカフェで飲まれたコーヒーのカスを回収し、“Caffe Latte”再生紙アイテムを製作いたします。

 

代表の竹下と鈴木はバリスタとしてコーヒーショップでも働いています。日々大量に廃棄するコーヒーカスを見ている中で、カスを使って再生紙を作り、身近なアイテムに生まれ変わらせ製品化できないかと考えました。

 近年コーヒーカスの再利用も少しずつ見られ、再生紙や消臭剤のほか、バスの燃料、ブーツやジャケットに生まれ変わっていたりしますが、リサイクル素材としての認知はまだ低いのが現状です。
そこで、今回このような参加型のリサイクルイベントを開催することで、コーヒーカスは再利用できるということを知っていただくきっかけになればと考えました。

 

 

 

 回収したコーヒーカスは、乾燥させた後、専用工場でオリジナル名刺やブックカバー、ポーチに生まれ変わります。消費者は原料の提供者になれるとともに、自身が飲んだコーヒーカスでできたリサイクルアイテムを自ら購入することもできます。さらに“Caffe Latte”アイテムは、リサイクルの過程でトレーサビリティ機能を備えており、原料のカスがいつどこで捨てられたものかを追跡することが可能です。
これにより、消費者はコーヒーを飲むだけの楽しみから、そのカスが再利用され製品となり、また自身の手元に還ってくるという体験をすることができるのです。

アイテムは以下サイトにて10月30日まで先行予約を受け付け、受注生産いたします。
サイトURL:https://www.makuake.com/project/caffe_latte/
 

 すでに開催された回収イベントでは、「コーヒー豆を買いに来たけれど、素晴らしいことをしているから思わず一杯頂きました。」「今までになかった、0から1をつくろうとしているところが面白い。」といった声があり、回収初日は合計183杯分のカスを回収いたしました。
10月末に向け、約2000杯を回収し、11月より再生紙製作を開始予定です。
 

  • 回収場所/スケジュール

 

  • 先行予約販売

 

Caffe Latte再生紙を使ったアイテムは、10月30日まで以下サイトにて予約購入が可能。

■期間:2021年9月15日(水)~10月30日(土)
■URL:https://www.makuake.com/project/caffe_latte/

 

  • 会社概要

コーヒーゴミの問題はコーヒーゴミ廃棄の当事者であるバリスタが向き合うべき課題であるという考えの下、「コーヒーゴミを活かして減らして無くしてく」をミッションにバリスタ二人が設立。
 

社名:GROUNDS合同会社
共同代表:竹下亮 鈴木雪姫
本社:大阪府大阪市西区江戸堀2丁目1-1 
   江戸堀センタービルB1F
事業内容:コーヒー残渣の商品化および販売
HP:https://since-grounds.myshopify.com/
Instagram:https://www.instagram.com/caffe_latte_grounds/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。