予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

国連WFP協会世界食料デーキャンペーン2021「ゼロハンガーチャレンジ」に特別協賛

ハウス食品グループ本社株式会社のプレスリリース

ハウス食品グループ本社株式会社は、国連WFP協会が2021年9月29日~10月31日に主催・開催する「国連WFP世界食料デーキャンペーン2021 ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」に特別協賛しています。食品ロス削減への取り組みを通じたSNS投稿を寄付に変え、途上国の子どもたちへ学校給食を届ける活動を応援します。

(1)国連WFP協会「ゼロハンガーチャレンジ」とは
世界には全人口をまかなう十分な食料があるにもかかわらず、およそ10人に1人が飢餓に苦しんでいるといわれています。一方、全世界で生産された食料の3分の1は捨てられ、日本も年間約600万トンを廃棄する「食品ロス大国」の一つとなっています。

国連WFP協会では、こうした「食品ロス」と「飢餓」という2つの食料問題への関心を促し、さらに、食品ロス削減の取り組みを通じて「寄付」ができるSNSキャンペーン「ゼロハンガーチャレンジ」*を実施しています。
ハウス食品グループは昨年に引き続き、「ゼロハンガーチャレンジ」に特別協賛しています。
*食品ロスを減らすアクションを起こして「#食品ロスWFP2021」 をつけてSNSに投稿すると、1投稿=120円の寄付として、国連WFP協会が途上国の子どもたちに学校給食を届ける活動です。キャンペーンに協力するアンバサダーやサポーターの投稿をリポスト、リツイート、シェアするだけでも寄付につながります。

(国連WFP協会「ゼロハンガーチャレンジ」URL https://www.jawfp.org/worldfoodday2021/

(2)ハウス食品グループ「ゼロハンガーチャレンジ」の取り組み
①キャンペーンへの特別協賛
②期間中、ハウス食品グループ公式Twitterアカウント(@housefoods_now)による食品ロスを減らすアクションの投稿、キャンペーンの活性化(#食品ロスWFP2021)
③投稿者の中から抽選で賞品があたる「食品ロスゼロアクションコンテスト」における『とんがりコーン賞』の賞品贈呈
④ハウス食品グループの食品ロス削減の取り組み“もっとカレーだからできることプロジェクト”の情報発信

(「もっとカレーだからできることプロジェクト」サイトURL https://housefoods-group.com/activity/foodloss/index.html

ゼロハンガーチャレンジの取り組みを通じて、食品ロスや飢餓といった社会問題の解決に貢献するとともに、今後も持続可能な社会の実現に向けて取り組んでまいります。

【参考】国連WFP協会「レッドカップキャンペーン」について
ハウス食品グループでは、2013年4月から、子どもたちに人気のスナック菓子「とんがりコーン」を通じて、国連WFPが「学校給食支援」の輪を広げるため行っている、レッドカップキャンペーンに参加しています。キャンペーンを通じて、売上の一部を国連WFPに寄付し、途上国の子どもたちに、学校給食を届ける活動をサポートしています。

世界の飢餓と貧困に苦しむ子どもたちに、学校給食を届けるこの活動に協力することで、未来ある一人でも多くの子どもたちに、笑顔と希望を作るお手伝いができればという想いで、取り組みを続けています。

(国連WFP協会「レッドカップキャンペーン」URL https://www.jawfp.org/redcup/

 <レッドカップキャンペーン参加製品「とんがりコーン」>

ハウス食品グループは、本業を通じて社会への責任を追求し、「人と地球の健康」の実現をめざし、笑顔あふれる暮らしの実現を目指します。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。