予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

「産後神経症」の症状緩和には漢方がおすすめ!その理由と最適な漢方をご紹介

出産した女性の6割の人が経験するという「産後神経症」。実は、産後神経症のような女性疾患には漢方での療法が適しているということで、今回クラシエ薬品によって開催されたクラシエ漢方セミナー~「産後神経症」と漢方に関するプレスセミナー〜に参加し、女性疾患と漢方について勉強してきました。

出産した女性の6割が経験する「産後神経症」

Retina pixta 49589440 s
出産後、「イライラする」といったメンタル不調が続いたり、体の不調を起こしやすくなったりする「産後神経症」。
Retina 01       01
クラシエ薬品株式会社がアンケート調査を行ったところ、出産による女性ホルモンの急激な変動やストレスで、出産後に産後神経症を発症している女性は6割にも及ぶとの結果を発表しました。

そのような女性疾患には「漢方」でも療法が対策法となるということで、今回オンラインで開催された【〜クラシエ漢方セミナー~「産後神経症」と漢方に関するプレスセミナー】に参加し、産後神経症と漢方の関わりについて勉強してきました。

女性の一大イベントである「出産」による産後の心身不調

Retina 03
女性の身体にとって人生の一大イベントとなる「出産」。

産後の女性が置かれる環境では、時代的な家族関係の変化や仕事や家事と子育ての両立など、心身への負担が大きく、産後うつ病やマタニティブルー、産褥精神病など心身共に不調になりやすい状況となっています。

調査では、産後の不調は産後数ヶ月程度が多い傾向にある一方、産後1年経過した後に経験する方も多数存在することが分かったとのこと。

実は漢方は「女性疾患」の対策が得意分野

Retina pixta 76591135 s
女性は産後神経症以外にも、月経による毎月のホルモン変動や年齢によるホルモンの減少や、冷え症、生理不順、生理痛、PMS(月経前症候群)、貧血に伴う倦怠感、更年期障害など様々な女性疾患が起こります。

実はそのような女性疾患の対策として、漢方療法はとても相性が良いのだそう。

Retina pixta 69149419 s
漢方では、人の体は「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つで構成されていると考えられていて、この3つがバランス良く巡っていることで心身の健康が保たれます。

中でも女性は月経や出産などで「血」を消耗しやすく、それが原因となりさまざまな不調を引き起こしやすくなるといわれています。

血が不足している状態を「血虚」、血の循環が滞った状態を「血瘀」と言い、これらを早めに対処する方法として、症状にあった漢方を早めにとることで症状の緩和が期待できます。

「血」の消耗におすすめの漢方はこちら

Retina 07
現在、クラシエ薬品から販売されている、現代を生きる全ての人のライフスタイルに寄り添うブランド『漢方セラピー』では、女性向け処方の漢方として、女性の月経に関連するお悩みや、更年期症状のお悩みを中心に全6処方を育成しています。

中でも、「血」の消耗におすすめの漢方は「芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)」。

出産により消耗した「気」・「血」をしっかりと補い、全身に巡らせる処方で、気持ちを整える働きのある漢方で、産後神経症や、体力の低下が回復しない方におすすめされています。

Retina 08
こちらの「抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)」も、「血」を補い、自律神経系の調節をしながら「気」を巡らせる処方のため、ストレスによる身体への影響を除き、神経の高ぶりを落ち着かせる働きがあります。

また、胃腸のはたらきを整える作用があるため、胃腸の弱い方でも服用しやすい処方となっています。

おわりに

漢方は一時的な対症療法ではなく、原因から改善し、身体のバランスを整えていくことを目的としたものです。今回は女性疾患に関しての漢方についてご紹介しましたが、そのほかにも様々な症状に適した漢方が販売されています。ぜひ自分の症状にあった漢方を見つけて日々の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょう。
Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。