予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

完全菜食主義者も楽しめる“クリスマスおはぎ“10月17日販売開始。世界が注目する“ヴィーガン食” 白砂糖を使わないおはぎで実現

和なはアートフード協会のプレスリリース

今、世界中で注目されているヴィーガン食。彼らは精製されてミネラル分などの栄養素のない白い砂糖は食べません。
このコロナ禍で健康志向が高まり、ヴィーガン食にシフトする人も増え、白砂糖を控える人が増えています。
毎年菜食主義者は増加傾向にあり、日本でも大豆ミートがスーパーに並ぶなどの傾向がみられるようになりました。ただ、華やかなお菓子、しかも伝統菓子である和菓子のヴィーガン菓子は手に入りづらいのが現状です。
 そこで、日本の伝統文化の一つである和菓子を、ヴィーガン仕様にして販売できるよう研究し、開発。体に優しい和菓子を作ることで、日本人の和菓子離れを食い止めたいという想いもあり、この度ヴィーガン専門ECサイトにて和なはアートフード協会(本部所在地 東京都品川区)は『ヴィーガンおはぎ』を販売する運びとなりました。

↑販売予定のクリスマスケーキに見立てた『あんこのお花®』クリスマスおはぎ

白砂糖を使わず、てんさい糖で炊いた白あんを使用
 普段は『和なは』独自のネットショップでお花のおはぎを販売しておりますが、今回ヴィーガン専門食ECサイト『ブイクックモール』にて、白砂糖不使用のヴィーガンおはぎを販売することとなりました。
 白あんは特注でてんさい糖で炊いたものを使用。あんこを本物のお花のように作り、おはぎや抹茶ケーキの上にデコレーションして新しい和菓子を作ることで、和菓子という日本文化そのものに慣れ親しんでほしいという想いで開発しました。今回はクリマスケーキに見立てたデザインとなっています。
 

 

あんこでお花を作る新しい和菓子はアレルギーフリー
 私自身、2人の子供を持つ母親ですが、ケーキやアイスクリームなどの洋菓子を好んで食べる子供たちに、せっかくの伝統菓子である『和菓子』は日本の文化そのものを、罪悪感なく食べてほしいと思うようになりました。
 子供や健康に気を遣う方に食べていただけるよう、着色は全て野菜やお茶などの天然素材で色付けをしております。卵や乳製品といったアレルギーを持つお子様にも食べていただきたいと思っております。

今回の販売を通して、多くの方たちにからだに優しい和菓子を、たくさん食べてほしいと思い、よりヴィーガン食と和菓子を身近に感じて欲しいと思っております。

販売概要
◆ 名称:『あんこのお花®』クリスマスおはぎ
◆ 販売開始:10月15日~
◆発送予定: 12月20日~順次
◆販売サイト: ブイクックモール  https://vcookmall.jp/account
◆和なはアートフード協会:  https://wanaha-artfood.com/
 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。