予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

国内初!日清食品が “海洋プラスチック” を素材の一部に活用したパレットを導入

日清食品ホールディングス株式会社のプレスリリース

日清食品株式会社 (社長:安藤 徳隆) は、海辺などに廃棄されたプラスチックごみをリサイクルして素材の一部に活用したプラスチックパレットを、製品の輸送、保管の際に用いる荷役(にやく)台として国内企業で初めて導入し、2021年11月から順次使用を開始します。

日清食品グループは、環境戦略「EARTH FOOD CHALLENGE 2030」のもと、持続可能な社会の実現と企業価値の向上に取り組んでいます。物流に関する取り組みの一つとして、弊社が製品の輸送、保管の際に使用しているプラスチックパレットを、リサイクル素材を活用したものへと切り替えており、2030年までに全数の切り替えを完了する計画です。今回、海へ流れ出る前に海辺などで回収されたプラスチックごみ (オーシャン・バウンド・プラスチック) を素材の一部に活用したパレットの使用を開始し、さらなる環境負荷の低減を図っていきます。

近年、廃プラスチックによる環境問題が注目を集めていますが、中でも海中や海辺に廃棄された“海洋プラスチック”が大きな問題となっています。オーシャン・バウンド・プラスチックは、不純物を多く含み劣化していることから、リサイクルして再利用することが非常に難しく、そのほとんどが埋め立てられていました。弊社が導入するパレットは、その他のプラスチック原料と最適な配合で組み合わせているため、十分な強度を保持しながら“海洋プラスチック”の削減に寄与することができます。弊社は、持続可能な物流の実現を目指し、今後も環境負荷低減の取り組みを推進していきます。

 

■パレットの仕様について

サイズ:1,000mm×1,200mm×130mm
重量:13kg
製造元:岐阜プラスチック工業
特長:
・素材の一部にオーシャン・バウンド・プラスチックを使用
・「プラスチック・スマート*」のロゴを印字

* 海洋プラスチック問題の解決に向けた、環境省のキャンペーン。キャンペーンに賛同した個人、企業、団体などの取り組みを募り、世界中に発信していくことで、海洋プラスチック問題の解決への動きを加速させることを目的としています。

■「EARTH FOOD CHALLENGE 2030」について

2020年4月に策定した日清食品グループの環境戦略で、地球資源を取り巻く環境の保護と資源の有効活用に挑戦する「資源有効活用へのチャレンジ」と、日清食品グループの事業活動全般におけるCO2排出量削減に挑戦する「気候変動問題へのチャレンジ」の2つを柱としています。
[URL] http://nissin.com/efc2030

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。