予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

【2021年 お歳暮に関する調査結果発表】お歳暮・冬ギフトの新定番は「洋スイーツ・洋菓子」

株式会社ハースト婦人画報社のプレスリリース

株式会社ハースト婦人画報社(本社:東京都港区、代表取締役社長&CEO:ニコラ・フロケ)が、リンベル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:東海林秀典)と共同運営する通信販売事業『婦人画報のお取り寄せ』 は、『婦人画報のお取り寄せ』ユーザー4,623名を対象に、お歳暮に関するアンケート調査を実施致しました。調査結果とともに、部門別今年の売れ筋商品と、『婦人画報のお取り寄せ』がおすすめするお歳暮・冬ギフトをご紹介します。

お歳暮にスイーツ・洋菓子が人気!
調査によると、「今年お歳暮や冬ギフトを贈る予定がある」と答えた人は全体の約7割にのぼりました。お歳暮といえば、ハムやビールが定番というイメージがありましたが、今回のアンケート結果によると「お歳暮や冬ギフトにもらえたら嬉しいもの」という質問に対して、「洋スイーツ・洋菓子」が最も多い回答となりました。
特に最近の傾向として、贈る相手によって商品を変えるお歳暮の多様化が進んでいます。何を渡すか迷った際は「洋スイーツ・洋菓子」を選ぶのが、今後の新定番になりそうです

<2021年 お歳暮・冬ギフトの主な調査結果>
・「お歳暮」「冬ギフト」でもらえたら嬉しい物を教えてください。(複数回答)  (n=4,623)

今回最も回答が多かったのは「洋スイーツ・洋菓子」で、二位の「和菓子」とも大きく差が開いた結果となりました。続く三位「肉・肉加工品」以降は僅差が続いていることから、相手によって商品を選ぶことが主流となり、お歳暮や冬ギフトが多様化しているとみられます。

・お歳暮はどなた宛に贈りますか?  (n=3,188)

お歳暮を贈る予定がある人の中で最も多かった回答は、「家族、親戚」で82.2%でした。コロナ禍で迎える2回目の年末、なかなか会えない家族や親戚に、一年の締めくくりとして日頃の感謝を込めて贈り物を選ぶ需要が増えているようです。

・お歳暮に一点いくらくらいの商品を購入する予定ですか?  (n=3,188)

お歳暮を購入する上で値段のボリュームゾーンは「3,000円~5,000円」(49.1%)が半数近くを占める結果となりました。高価なものではなく、相手に気を遣わせない気軽に贈れるギフトが選ばれていることがわかりました。

【調査概要】
調査対象:『婦人画報のお取り寄せ』ユーザー
有効回答数:4,623名(女性93.7%、平均年齢52.0歳)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年9月9日(木)~12日(日)

<部門別人気商品&『婦人画報のお取り寄せ』おすすめ商品のご紹介>

  • 【洋スイーツ・洋菓子部門】

■売れ筋商品
ケイタ マルヤマ オモタセ クッキー缶(陶器小花柄) 8種48枚 4,860円(税込)
(URL:https://fujingaho.ringbell.co.jp/shop/g/g126F-005/

ファッションデザイナーのケイタ マルヤマが手掛けた「おもたせプロジェクト」。第一弾が好評につき、早くも第二段のオリジナル缶が登場しました!エキゾチックな花柄の缶がコレクターの心をくすぐる大人気商品です。

■『婦人画報のお取り寄せ』のおすすめ
レタンプリュス ガトー・ピレネー 3,780 円(税込)
(URL:https://fujingaho.ringbell.co.jp/shop/g/g126F-002/

バームクーヘンの原型ともよばれる、フランス・ピレネー地方の郷土菓子「ガトーピレネー」。高さが18cmほどありインパクトも大きくギフトにもぴったり。発酵バターのリッチな味にほのかに柑橘香る大人の焼き菓子です。

  

  • 【和菓子部門】

■売れ筋商品
菓心おおすが 栗の実パイ 10個 3,100円(税込)
(URL:https://fujingaho.ringbell.co.jp/shop/g/g125F-035/

滋賀・彦根の和菓子店がつくる、栗が丸ごとひと粒入った、ひと口サイズのマロンパイは個包装なのも人気のポイント。国内産の栗の渋皮煮をそのまま使い白餡を施し、パイ生地に包み丁寧に焼き上げました。

  
■『婦人画報のお取り寄せ』おすすめ
古都乃和 葛どら食べ比べ2種12個 5,400 円(税込)
(URL:https://fujingaho.ringbell.co.jp/shop/g/g126F-013/

奈良県の名産、吉野本葛を使ったクリームどら焼きは、葛餅を贅沢に使った、味、食感ともに見事なバランス。「黒蜜きな粉クリーム」と「抹茶クリーム」の2種類が入った、大満足の食べ比べセットです。

  

  • 【肉・加工品部門】

■売れ筋商品
前沢牛オガタ 前沢牛ローストビーフ200g 4,536円(税込)
(URL:https://fujingaho.ringbell.co.jp/shop/g/g126F-027/

岩手県が誇る前沢牛を専門に扱う「前沢牛オガタ」自慢のローストビーフ。絶妙な焼き具合と塩加減で肉好きをうならせる一品です。最高級の前沢牛で作る、濃厚な旨味をお楽しみください。

■『婦人画報のお取り寄せ』おすすめ
ニック 精肉店ニックのローストビーフ&ローストポーク 5,420 円(税込)
(URL:https://fujingaho.ringbell.co.jp/shop/g/g126F-026/

肉好きの方に贈りたい、国産牛のローストビーフと長崎芳珠豚のローストポークが一緒に届く豪華な詰め合わせ。贈り物にはもちろん、ご自宅用にもおすすめしたい婦人画報イチオシの逸品です。

  

【2021 お歳暮・冬ギフト】
『婦人画報のお取り寄せ』では、お歳暮冬ギフトにぴったりな年末を彩る商品を豊富に取り揃えております。お世話になった方々へ一年の感謝を込めて、全国のおいしいお取り寄せを贈ってみてはいかがでしょうか。
URL:https://fujingaho.ringbell.co.jp/shop/e/e-tokusyu-seibo/

<『婦人画報のお取り寄せ』について>
1905 年(明治 38 年)に國木田独歩を初代編集長として創刊された、今年116周年を迎える日本で最も歴史のある女性ライフスタイル誌『婦人画報』。その編集者たちが厳選した、食品、ギフト、雑貨などを販売する通信販売事業が『婦人画報のお取り寄せ』です。カタログギフト販売の大手であるリンベル株式会社との共同事業として2011年に開発し、今年2021年4月に10周年を迎えました。
URL: https://www.fujingaho-shop.jp | ツイッター: https://twitter.com/fg_gourmet
フェイスブック: https://www.facebook.com/fujingahoshop/
インスタグラム: https://www.instagram.com/fujingahoshop/ | LINE:@fujingahoshop

<ハースト婦人画報社について>
株式会社ハースト婦人画報社は、テレビ、新聞、雑誌、情報サービスなどを展開する、アメリカで最大級のメディアグループ、ハーストの一員です。1905年に創刊した『婦人画報』をはじめ、『ELLE Japon(エル・ジャポン)』、『25ans(ヴァンサンカン)』、『Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー)』、『Men’s Club(メンズクラブ)』など、ファッション、カルチャー、デザイン、フード、ウエディングなどに関する雑誌の発行と多数のデジタルメディアの運営を手掛けています。近年は、『ELLE SHOP』などのEコマースを中心としたB2C事業を拡大しているほか、B2B領域では、クライアントのマーケティング課題の解決を図るソリューション提案を強化し、データ活用を起点とした、メディアソリューション、コンテンツマーケティングなど多様なプランニングを行うマーケティングソリューション提案を進化させています。
URL:https:www.hearst.co.jp 
ツイッター:@Hfujingaho | リンクトイン:https://www.linkedin.com/company/hearst-fujingaho

<報道関係者へのお願い>
本リリース内容の転載にあたりましては、「婦人画報のお取り寄せ調べ」という表記をお使いいただきますよう、お願い申し上げます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。