予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

「緊急事態宣言解除後のお出かけ」について OZmall会員887名にアンケート! 街へのお出かけ頻度は週1回以上が51.6%。休日昼の外食頻度は月2~3回以上が42.3%。

スターツ出版株式会社のプレスリリース

スターツ出版株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:菊地修一)が運営するWEBメディア「OZmall(オズモール)」。オズモール会員の「緊急事態宣言解除後のお出かけ事情」を調査しました。
※アンケート実施期間:2021/10/21~10/28 実施対象:OZmall会員 n=887

緊急事態宣言解除後、“街へのお出かけ頻度”は週1回以上が51.6%。家族や友人との外食、ショッピング、ヘアサロンなど

Q. 緊急事態宣言解除以降の直近1か月間 街へのお出かけ頻度は? ※予定含む
A. 「ほとんど毎日」7.7%、「週2~3回程度」17.2%、「週1回程度」26.7%、「月に2~3回程度」20%、
「月に1回程度」14.2%、「それ以下」4.2%、「お出かけしていない・しない」10.0%

■回答者の声
「家族で一度外食をし、あとは近所の公園やスーパーなどにしか行っていません」
「友人の誕生日が宣言明けすぐだったのでランチをした」
「たまに贅沢をするためにランチに出かけたりデパートのスイーツを買いに行く」
「美容院へ行くついでに、デパートやファッションビルに立ち寄る程度」
「日用品と食料品のお買い物が主です。「遊び」にはほとんど出かけません」
 

Q. 緊急事態宣言解除後、どんなお出かけをしましたか?(複数選択可)※18項目中上位5項目

A. 「家族との外食」16.3%、「友人・知人との外食」13.9%、「街にショッピング」13.1%、
「ヘア・ネイルなど美容サロン」11.8%、「特になし・お出かけしていない」7.2%

“休日昼”の外食頻度は月2~3回以上が42.3%。「お酒を飲まなければ」「家族とだったら」「感染対策をしっかりしているお店なら」

Q. 緊急事態宣言解除以降の直近1か月間 休日の昼の外食頻度は? ※予定含む
A. 「ほとんど毎週」12.3%、「月に2~3回程度」30.0%、「月に1回程度」21.0%、「それ以下」10.1%、
「外食していない・しない」26.6%。

■回答者の声
「休日の昼も食事を作るのは大変なので、感染防止をしているお店を探して利用している」
「休日の昼は、夫と近所に食べに行ったりします」
「夜より昼のほうがエチケットを守る人が多い印象」
「コロナ禍でテイクアウトの習慣が定着している」
「外食しなくなり自炊するようになって体調も良いのであまり外食したいとも思わなくなりました」
※「お酒を飲まなければ」「家族とだったら」「感染対策をしっかりしているお店なら」と外食できる理由を見つけて少しずつ外食するようになってきた人が多いよう。一方、外食はしていない・しない人は26.6%。感染リスク回避のほか、ワクチン接種が完了していないから、テイクアウトやデリバリーが定着したからなどといった理由がうかがえる。

“休日夜”の外食頻度は月に2~3回以上が20.2%。休日の昼の外食頻度より大きく下回る

Q. 緊急事態宣言解除以降の直近1か月間 休日の夜の外食頻度は? ※予定含む
A.「ほとんど毎週」5.5%、「月2~3回程度」14.7%、「月1回程度」18.7%、「それ以下」15.4.%、「外食していない・しない」45.7%

■回答者の声
「家でゆっくり食事することが習慣になったから」
「家族と行く程度なので、これまでと変わらず月に1回ぐらいだと思う」
「お誕生日やお祝いごとの時のみ家族(少人数)で近くのレストランで食事する程度です」
「緊急事態宣言が明けたので、友人と、ずっとしていなかった友人の誕生日を兼ねた食事をしました」
※月に2~3回以上が20.2%と、休日の昼42.3%と比較すると、夜の外食頻度は大きく下回った。感染リスクの回避や、コロナ禍で家での食事に慣れた等の理由で外食しないといった声が聞かれた。外食した人も家族との食事や、誕生日など記念日で外食する程度のよう。

“仕事帰りの外食頻度”は、2020年3月のコロナ禍初期と大差なし。仕事帰りの外食頻度は減少したまま

Q. 緊急事態宣言解除以降の直近1か月間 仕事後の夜の外食頻度は? ※予定含む
A.「ほとんど毎日」1.5%、「週2~3回程度」4.1%、「週1回程度」8.6%、「月2~3回程度」13.2%、「月1回程度」14.2%、「それ以下」11.0%、「外食していない・しない」47.4%

■回答者の声
「まだ油断できないため、気分転換に週1程度に」
「夜の外食は未だに怖いので、やむ得ない事情がなければいかないです」
「時間がないことと、お酒の提供がはじまったため、お酒を飲んでる人たちの近くで食事をしたくない」
※週1回以上外食した人は、14.2%と、コロナ禍初期(2020年3月~4月頭 ※下記左グラフ)11.4%より多少増加はしたが、コロナ禍以前(2020年1月以前 ※下記右グラフ)の50%と比べると大差ない。外食頻度はコロナ禍で減少したまま、緊急事態宣言が明けてもまだまだ増えてはいない模様。

今のお出かけのモチベーション「感染対策をすれば、少しずつならお出かけできる」61.1%。現時点の外出予定「国内の1泊以上の旅行」が上位に

Q. 緊急事態宣言が解除後、今のお出かけのモチベーションを教えてください
A.「気兼ねなくお出かけできる」11.5%、「感染対策をすれば、以前と変わらずお出かけできる」17.0%、「感染対策をすれば、少しずつならお出かけできる」61.1%、「お出かけは我慢したい」10.4%

■回答者の声
「東京在住の自分が動くと先方の人達が不安だと思うので、しばらくは都内で楽しみを見つけたいと思う」
「マスクをして、アルコール等持ち歩いてしっかり自分で管理してお出かけしています」
「交通機関、行先、メンバーを考える。飲酒客の多い時間帯、店舗にはいかない」
 

Q. 今後1か月間、現段階であなたがすでに予定している外出は?(複数回答)※18項目中上位5項目
A.「友人・知人との外食」16.1%、「家族との外食」13.9%、「ヘア・ネイルなど美容サロン」11.8%、「街にショッピング」10.2%、「国内の1泊以上の旅行」8.4%

■回答者の声
「近場へ1泊で家族旅行をする予定です」
「平日を挟んで人の少ない所の旅行なら大丈夫だとおもったので」
「家族の誕生日の食事会ができていなかったので、そろそろ行こうと思います」
「ヘアサロンは毎月行っています」

OZのレストラン予約は、9月と比較すると10月以降の予約数が増加。オズモールでは「#がんばるお店にエール 応援体験キャンペーン」特集をリリース、最大7000円オフの応援クーポンを配布しています。

9月と比較すると10月以降は予約数が増加。オズモールでは10/5に、コロナ禍で打撃を受けている飲食店や宿泊施設を“利用することで応援につなげる”「#がんばるお店にエール 応援体験キャンペーン」特集をリリース。最大7000円オフの応援クーポンを配布しています。
▼オズモールレストラン予約 予約数の推移(期間:2021年9/1~11/8)

 

 #がんばるお店にエール 応援体験キャンペーン >> https://www.ozmall.co.jp/campaign/28403/

■OZmallとは?>>https://www.ozmall.co.jp/
1996年に女性誌「OZmagazine」のWEB版としてスタート。20代から40代の働く女性に向けて、編集者が厳選した最旬のシーズン特集や、グルメ、トラベル、ヘルスケアのトレンドを配信。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をコンセプトに、レストランやホテル、ビューティサロンなどの予約サービスも提供し、会員370万人に支持されているWEBメディアです。

■お問い合わせ先 : スターツ出版株式会社 広報 佐々木
TEL:03-6202-0311 Mail:contact-stp@starts-pub.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。