予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

敦賀真鯛ソースカツ丼県内初登場!オールプラスチックフリーイベント「2021福丼県フェスin敦賀」開催

海と日本プロジェクト広報事務局のプレスリリース

福丼県プロジェクト実行委員会(代表理事:野坂 昌之)は、「福丼本」掲載店の中から8店舗を招集。ほかにも敦賀真鯛ソースカツ丼が県内初登場し、敦賀ふぐのふぐ汁を限定販売する「2021福丼県フェスin敦賀」を11月13日・14日に開催いたしました。
このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。

 

  • イベント概要

・開催概要  容器類をプラスチックフリーにした丼の販売
・日程    2021年11月13日(土)~11月14日(日)
・開催場所  福井県敦賀市きらめきみなと館
・来場者数  4,500人
・協力団体  敦賀市海水養魚協会
 

  • 「2021福丼県フェスin敦賀」とは

「2021福丼県フェスin敦賀」は海洋ごみゼロへの意識を高めるべく、容器や袋を全てプラスチックフリー製品にしたイベントです。昨年も使用していたバガス容器に加え、紙製カップごはん容器を使用。また、会場内にはプラスチックフリーをPRする店舗看板やバガス容器主旨パネル、海洋ごみ問題訴求パネルを設置。バガス容器主旨パネルは各店舗にも設置しました。

(左)バガス容器とOKAMOCHI (右)バガス丼とカップごはん丼を楽しむお客様(左)バガス容器とOKAMOCHI (右)バガス丼とカップごはん丼を楽しむお客様

▲プラスチックフリーをPR▲プラスチックフリーをPR

 

▲バガス容器主旨パネル(左)、海洋ごみ問題訴求パネル(右)を 入口・ごみステーション・福丼県プロジェクトブースに設置▲バガス容器主旨パネル(左)、海洋ごみ問題訴求パネル(右)を 入口・ごみステーション・福丼県プロジェクトブースに設置

※バガス容器主旨パネルはA4にして各店舗にも設置※バガス容器主旨パネルはA4にして各店舗にも設置

▼会場内大型ビジョンで海洋ごみ提起番組を上映▼会場内大型ビジョンで海洋ごみ提起番組を上映

  • 敦賀真鯛のソースカツ丼初登場!

今回の目玉となる敦賀真鯛ソースカツ丼は県内で初めて販売、お披露目となりました。敦賀は日本海に面した地域で、冬は海が荒れ、大雪になることも多い場所。そんな過酷な厳しい環境下で敦賀真鯛は養殖されている為、運動量は豊富で、急激な水温変化にも耐え抜く強い生命力をもっています。また、カニ殻等の栄養価の高い飼料を与えることで身質、魚体の色味、脂の乗りともに非常に良い状態で仕上がります。その敦賀真鯛を敦賀ヨーロッパ軒がソースカツ丼にして限定販売しました。11時からの販売を前に長蛇の列ができ、限定200食は1時間足らずで売り切れとなりました。
また、パッケージのシールは海と日本プロジェクト推進パートナー、福井 伝統工芸アイドル さくらいとさんがデザインを手がけました。

(左)11時の販売を待ちわびる列 (右)敦賀市海水養魚協会による敦賀真鯛・敦賀ふぐPRステージ(左)11時の販売を待ちわびる列 (右)敦賀市海水養魚協会による敦賀真鯛・敦賀ふぐPRステージ

▲敦賀真鯛のソースカツ丼パッケージシール▲敦賀真鯛のソースカツ丼パッケージシール

  • OKAMOCHIデザインコンテスト大賞商品販売!

現在、海洋ごみの中で突出して多いとされる使い捨てプラスチック。コロナ禍でテイクアウトが増えるとともに、使い捨てプラスチックごみも増加しました。そうした海洋ごみを減らし、豊かな自然を守る持続可能な循環型社会の構築を目指して、使い捨てプラスチックごみを減らすべく開発されたのが、福丼カップごはんと、紙製の持ち運び専用ホルダーバッグ『OKAMOCHI』です。この海にやさしい『OKAMOCHI』のデザインを募集し、福井県内在住の小学生・中学生対象のイラスト部門490作品、福井県内在住の高校生・専門学生・短大生・大学生対象のデザイン部門171作品の応募をいただきました。5月に行った決勝ラウンドでは一次審査を通過した各部門5人が作品プレゼンテーションを行い、大賞が決定いたしました!
そこで大賞に選ばれた【イラスト部門】「オカモチジマ」、【デザイン部門】「井」と「丼」(いとどん)を商品化し、販売いたします。商品の外側は大賞者がデザインしたもの、内側には作品名と大賞者がデザインに込めた思いを印刷しています。
会場では、様々な年代のお客様にOKAMOCHIをみていただけました。

  • 会場周辺一斉ごみ拾い

13日(土)・14日(日)両日13時半から「会場周辺一斉ごみ拾い」を実施しました。来場者とごみ拾いをすることで海洋ごみへの関心を高めました。

▲会場周辺一斉ごみ拾いスタート▲会場周辺一斉ごみ拾いスタート

▲ごみと参加賞の引き換え▲ごみと参加賞の引き換え

団体概要
団体名称 :福丼県プロジェクト実行委員会
本社所在地  :福井市問屋町3丁目410番地
電話番号 :0776-21-2235
代表理事 :福丼県プロジェクト実行委員会委員長 野坂 昌之
設立:2014年9月29日
URL:http://fukudon.jp/
活動内容 :どんぶりイベント会場全店舗で『土に埋めると3か月で自然分解される100%天然素材【プラスチック・スマート対応製品】』の器を使用することで「プラスチックフリー」を実践。年間を通して約300店舗の賛丼店と食イベントやテレビ告知を通し多くの方に知っていただき、且つ福丼県のホームページを通して、店舗・店舗来客者・消費者の意識を「ポイ捨てしない」「リサイクルする」・「プラゴミを無くしていく」という意識に2020年度以上にCHANGE」させ、「CHANGE for the BLUE」を全国へ拡げていくプロジェクト。

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。