予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

冬の入浴はヒートショックにご用心!大江戸温泉物語が安心・安全、快適に楽しむ冬の温泉入浴の秘訣を伝授

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社のプレスリリース

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:森田満昌、以下 大江戸温泉物語)は東北から九州まで、全国39か所に温泉宿・温浴施設を展開しています。
「温泉と旅の楽しさを、もっと気軽に何度でも」をテーマに、こだわりのバイキングと心地よい湯に親しむ温泉旅をお手頃価格でご提供。 「何度でも来たい宿」を目指し、日々お客様をお迎えしています。
冬の温泉は冷えた体を温めてくれる極上のひと時ですが、この季節は特に入り方に注意が必要です。
「ヒートショック」という言葉を耳にされたことがある方も多いと思います。
「ヒートショック」とは、温度変化によって急激に血圧が乱高下することで心臓や脳の血管にダメージを与え、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こします。12月から2月にかけて、年間発生件数の約5割が発生しており、冬場に特に気を付けたい現象です。
ヒートショックが原因とされる死亡者数は年間で19,000人と推計(厚生労働省)され、誰にも起こりえる身近に潜む危険と言えるものであり、2016年には交通事故による死亡者数を超えるに至っています。
知識を持って、ほんの少しの注意を払うことで、安心・安全に冬の温泉を楽しむポイントをご紹介します。

1. お食事・飲酒直後の入浴は控える

食事をした約20分後から消化のために血流が腸に集まり、脳への血流が保てなくなることで過度に血圧が低下します。それにより、めまいや失神を起こしやすい状態になるため、食事や飲酒直後の入浴はお薦めできません。失神の際の転倒により、骨折や頭部外傷に至ることもあるので注意が必要です。

2. 入浴前・入浴後に水分を十分に取る

お風呂に入ると300~500mlの汗をかくと言われています。
水分が失われることで、血液が濃縮し、血管が詰まりやすくなります。特に高齢者の方は脳梗塞や心筋梗塞の発作が起きやすくなるので注意が必要です。
水分補給をしてから15分程でサラサラの血になるので、入浴前の水分補給の目安にしましょう。

3. 入浴前にかけ湯をする

体に着いた埃や汗を流すという意味合いもありますが、熱いお湯に浸かる前に体を慣らしておくための行為でもあります。かけ湯をせずに入浴すると、急な血圧の上昇が起こります。特に、普段から血圧が高い方や糖尿病患者、血管が弱くなっている方にとってこれは、脳出血などにつながる大変危険な状況を作り出すことになります。湯船に浸かる前に、心臓から遠い場所からかけ湯をしましょう。

4. 急に胸まで浸からず、まずは半身浴

かけ湯をした後も、勢いよく胸や肩まで湯船に浸かることは心臓に負担を掛けると言われています。みぞおちくらいまで浸かる半身浴で徐々に体を慣らしながら入浴しましょう。

5. 湯船で10分以上の長湯をしない

心臓に負担がかかり、逆に疲労感が増してしまうのが長湯。ふらつきによる転倒に繋がるだけでなく、血圧が下がりすぎてしまい、入浴後に寒い場所に移動すると血圧が急上昇するため、ヒートショックが起こりやすくなります。10分程度を目安に入浴をお楽しみください。
安全対策のポイントをお伝えしましたが、本来入浴は免疫力アップに効果があると言われており、気持ちが良いだけでなく、健康と精神的な落ち着きを得ることができる、古来からの健康促進方法です。

大江戸温泉物語公式キャラクター・ふろやすくんが解説する【免疫力アップの温泉の入り方】

https://www.ooedoonsen.jp/special/Immunity_up/

また、<風呂屋>大江戸温泉物語では、安全な入浴を楽しむポイントをお伝えすると同時に、全てのお客様に気持ちよくご入浴いただくための「心得」をお願いしています。
ご自宅のお風呂と違い、大勢のお客様が同時に利用される温泉や温浴施設では、ほんの少しの気遣いとマナーを守ることで、自身も周囲の方も心地よい、トラブルの無い入浴をお楽しみいただくことができると考え、大分県・別府清風の大浴場に掲げている「心得」をご紹介いたします。
1. 気持ちよくその湯に入らんとする時は、かかり湯をして体清めよ。
2. 浴室は、浮世の疲れ流すもの。騒ぐは風流知らぬ者なり。
3. 借りし桶、元にもどすはここちよし。お湯にも作法あると思へよ。
4. 脱衣所に上がりし時は心して。体拭くこそ大事なりけれ。
5. 湯につかる人の心は、おだやかに。思いやりこそ、功徳なるかな。
ごく当たり前と感じる方もいる一方、ご自宅以外のお風呂に慣れていない方には知っておいていただきたい大事な心得として、お客様のご理解・ご協力をお願いしております。
左:海派にお薦め。別府湾に昇る朝日を眺めながら温泉を楽しめる「別府清風(大分県)」の絶景露天風呂
右:全35の温泉宿の中でも、お風呂のお客様評価は常にトップクラス、「ホテル木曽路(長野県)」の縁覚の湯・内湯
「温泉と旅の楽しさを、もっと気軽に何度でも」を掲げる大江戸温泉物語。
気持ちが良いだけでなく、安全にそして快適に「温泉」をお楽しみいただけるよう、情報を発信してまいります。

【決して油断をせずに ~徹底したコロナウイルス感染対策の継続~】

様々な企業や団体、そして消費者まで日常生活の一部となった「感染対策」。
「やっていて当たり前」の行為だからこそ、お客様と従業員の安心・安全を第一に、徹底した対策を継続してまいります。
感染症学会専門医監修のもと、政府・業界が公表しているガイドラインに準拠した最高水準のコロナウイルス対策はこちらから。
【会社概要】
■ 会社名 大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社
■ 所在地 〒103-0023
東京都中央区日本橋本町1-9-4 ヒューリック日本橋本町一丁目ビル9階
■ 設立年月日 2017年12月5日(創業2001年11月)
■ 資本金   100,000千円(2021年2月1日時点)
■ 代表取締役 森田満昌
■ 事業内容  ホテル旅館温浴施設運営
■ URL [https://corporate.ooedoonsen.jp/]{https://corporate.ooedoonsen.jp/}

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。