予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

メタバース上で販売された初競りの電子マグロNFT、3000Maticで落札される(80万円相当)

銀座渡利のプレスリリース

「鮨 渡利(渋谷区渋谷、店主・渡邉哲也)」は2022年1月8日〜15日の間、NFT化された電子マグロの初競りオークションを開催した。15日の最終日、電子マグロは3000Maticで落札された。

「鮨 渡利(渋谷区渋谷、店主・渡邉哲也)」は2022年1月8日〜15日の間、NFT化された電子マグロの初競りオークションをNFTマーケットプレイス「nanakusa」で開催した。初競りリアルマグロの落札価格(1,688万円)超えを狙った電子マグロNFTは、1月15日の最終日、3,000Maticで落札された。(落札価格は、当時のレートで、80万円相当)

​電子マグロの価格は1月8日、1Maticからスタートした。その後、徐々に値上がりを続け、最終日前日には120Maticとなっていたが、オークション終了間際の白熱した入札合戦の末に、3,000Maticで落札される結果となった。

■販売物:電子マグロNFT
■実施期間:1月8日(土)〜15日(土)
■販売場所:NFTマーケットプレイス「nanakusa」(URL:https://nanakusa.io/assets/0x0a20b2af76f4bd8730257f838b6143647bb76af0/1
■販売方法:競り上げ式オークション(延長あり)
入札回数:累計58回
■デイリー入札履歴(終値)

  • スタート価格:1Matic
  • 1月8日:22.22Matic
  • 1月9日:77.93020220000001Matic
  • 1月10日:81.82671230999999Matic
  • 1月11日:105Matic
  • 1月12日:115.5Matic
  • 1月13日:115.5Matic
  • 1月14日:120Matic
  • 1月15日(落札価格):3,000Matic

購入者特典
※鮨渡利は会員向けに無料の鮨食べ放題イベントを1月29日および30日に予定している。

  1. 電子マグロNFTの購入者は鮨渡利の店舗にて、2022年1月29日から30日の間に広告掲載権を獲得。※購入後、NFTが2次流通しても広告掲載権は最初の購入者から移動しません。
  2. 新年のイベントに参加する全ての鮨渡利会員から崇拝されます。

【メタバース空間から実況中継】
最終日のオークショの様子はメタバース空間(通称:sushiverse)で実況中継された。

■実際に使用されたメタバース会場はこちら
https://hubs.mozilla.com/Ki2hbtt/sushiverse
■ライブ中継のアーカイブリンクはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=Uwc-CUi3uEs

【販売された電子マグロNFT】
寅虎柄のめでたい金色の特別な電子マグロ(※3Dで泳ぎます)

【2023年以降も実施予定】
鮨渡利は、2023年以降も、デジタル上のマグロ=電子マグロのNFTの初競りオークションを計画している。年始に話題に上がるマグロの初競りイベントを毎年開催し続け、NFT市場や鮨 渡利コミュニティを盛り上げていくことで、リアルのマグロの価格をメタバース空間の電子マグロが超えていくことを目指す。
 

 

【実行者プロフィール】

渡邉哲也。鮨渡利店主。1988年、栃⽊県⽣まれ。東京・神楽坂の寿司店で7年、銀座の寿司店で 2年間腕を振るった。YouTubeチャンネル「銀座渡利」での配信の⼈気も追い⾵に、2020年10⽉に実店舗「鮨 渡利」を開店。寿司という⾷⽂化を世界に届ける事を掲げ、飲⾷業の新境地を切り拓いている。 

【問い合わせ先】  
Mail:ginza.watari@gmail.com
担当:加藤携帯 090-2766-0952
■鮨店URL:https://tsagroup.jp/sushiwatari/
■YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCxXR-mSinMrVWEduWlnhaHQ
■Twitter(銀座渡利):https://twitter.com/ginzawatari/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。