永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

「元祖肉汁餃子」 餃子居酒屋ブームの火付け役がついに北区初出店 開店前から“餃列”スタート 赤羽に永く愛される店へ 肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 赤羽店 11月18日オープン

株式会社NATTY SWANKYのプレスリリース

肉汁餃子製作所ダンダダン酒場(https://www.dandadan.jp/)を運営する株式会社NATTY SWANKY(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井石裕二)は、2018年11月18日(日)に「肉汁餃子製作所ダンダダン酒場赤羽店」をオープンしました。赤羽店は東京都北区への初出店となります。

【肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 赤羽店】
住所:東京都北区赤羽1-12-4(JR赤羽駅東口 徒歩3分)
営業時間: 11時30分~14時、17時~24時(土曜・日曜・祝日は11時30分~24時)

◆オープン当日は行列も
赤羽店は、開店より1時間早い16時から15組のお客様にお待ちいただき、オープンと同時に満席で初日をスタートしました。
お客様からは「とにかく餃子が美味しい」「大変だと思うけど頑張ってね!」「ここの前のお店の店主とは同級生だったの」など、多くの温かい言葉をかけていただきました。
当店の「肉汁餃子」は「何度食べても飽きない餃子」にするため、1年かけて開発しました。餡はもちろんのこと、皮にも強くこだわり、材料の全粒粉の香りや、破れないように餡の旨みを閉じ込め、尚且つ重すぎない絶妙な厚さにするなど、何度も試作を繰り返してたどり着いた1品です。2017年には餃子居酒屋ブームの火付け役として、外食アワードも受賞しました。
今では、当店の焼餃子を、まさに「日本生まれの日本食」だと思っています。

◆オープン2日前、スタッフ全員で店に“魂”を込める
肉汁餃子製作所ダンダダン酒場では、新店オープン前の恒例作業として壁面にスタッフ全員で文字と絵を描く「入魂作業」を行っています。この「入魂作業」は、これから自分たちでこの店を盛り上げ、お客様に愛していただけるようにと、まさに“魂を込める”時間です。
文字の中の1つに「餃子を愛し、赤羽を愛す」という1文があります。これは「店を愛してもらうには、まず自分たちがその地域を愛す」という気持ちを表している、創業当時から大切にしている思いです。

赤羽店の建物は72年続く歴史ある“うなぎ屋”でした。赤羽駅前で永く愛されてきた店であり、地域の方にとって思い出深い場所でもあります。当店も“街に永く愛される店”となれるよう、敬意も込めて一部の外壁・外灯をそのまま残しています。今後は10年、20年と、老若男女問わず多くのお客様が日常的に「餃子とビール」を楽しめる場所となるよう、より良い店づくりに努めてまいります。

【NATTY SWANKY 会社概要】
社名: 株式会社 NATTY SWANKY(ナッティースワンキー)
代表: 代表取締役社長 井石裕二
本社所在地: 東京都新宿区西新宿1-19-8 新東京ビル7階
電話: 03-5909-3013
ホームページ:
https://nattyswanky.com/(企業ウェブサイト)
https://www.dandadan.jp/(肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場  ブランドサイト)
設立: 2001年8月1日
資本金: 1,340万円
従業員数: 1,100名(アルバイト含む2018年9月現在)
事業内容: 飲食店(肉汁餃子製作所ダンダダン酒場)の展開

<報道関係者 お問い合わせ先>
NATTY SWANKY(ナッティースワンキー) 広報事務局
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788
E-mail:pr@nattyswanky.com
担当: 柴山 (携帯:070-1389-0172)・岩尾(080-5983-2471)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。