予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

【阪神梅田本店】年間1,000種類以上のスイーツを食べ歩きする、スイーツ大好きnanshiさんもトキメク焼菓子ショップが大集合。「nanshi presents#焼き菓子のある時間」開催!

株式会社阪急阪神百貨店のプレスリリース

■阪神梅田本店 1階 食祭テラス
■5月3日(火・祝)→9日(月)
「nanshi presents#焼き菓子のある時間」
公式URL:https://web.hh-online.jp/hanshin/contents/str/20220503.html
食祭テラス 公式インスタグラム:https://www.instagram.com/hanshin_1ffoodevent/?hl=ja

コーヒーや紅茶とともにゆったり過ごす午後のひと時に、必要なものは何と言ってもおいしいおやつ!​

今回は雑誌『Hanako』スイーツ大賞審査員をつとめるnanshiさんの案内で、幅広く奥深い焼菓子の魅力に迫ります。会場にはおいしいお店が約15店登場するのに加え、nanshiさんと老舗日本茶専門店「一保堂茶舗」、人気ブランド「yumiko iihoshi porcelain」のコラボカフェや焼き立てが楽しめる実演コーナーも。初夏のしあわせおやつは焼菓子で決まりです。

nanshiさんプロフィール
お菓子の作り手さんの想いやこだわりに魅せられ、年1,000種類以上のスイーツを食べ歩き、とっておきのスイーツをSNS・メディアなどで紹介。雑誌『Hanako』スイーツ大賞審査員。阪神の「いちごバレンタイン」の初代いちごアンバサダーとして活躍し、今年4月に8階 催事場で開催した「アイスクリームピクニック」もプロデュース。

■nanshiさんもトキメク焼菓子ショップ大集合

「Ordinaire(オルディネール)」
デボンシャー地方の焼き立てクリームスコーン(1個)801円〈各日販売予定数50〉
※5月3日(火・祝)→5日(木・祝)のみの期間限定販売

※お一人さま2個まで。
※実演コーナーにて販売します。

<nanshiさんがリコメンド!>
「予約が取れないほど人気の、京都の洋菓子教室「Ordinaire(オルディネール)」が作る、英国デボンシャー地方風のスコーンです。デボンシャー地方は酪農が盛んなので、生地に乳製品をたっぷり使ってしっとり。日本人好みの生地だと思います。会場で焼き上げて、クロテッドクリームといちごジャムをサンドする焼き立てを食べられるのもうれしいですね。」

 

「SUGiTORA Patisserie labo」
ダックワーズの時間〈ヘーゼルナッツ・ショコラ・レモンティー・シングルオリジン抹茶・ピスタチオ〉(5個入り)2,160円

<nanshiさんがリコメンド!>
「京都河原町でジェラートとパフェを提供する「SUGiTORA」が手掛ける焼菓子専門店のダックワーズは、これまでにない食感!短時間で焼き上げた生地は、サクッとしてるのにホロリとほどけます。
“レモンティー”や“シングルオリジン抹茶”など生地もクリームも5種類の味わい。フレッシュなクリームはどれも個性豊かながら、生地を引き立たせてくれます。」

 

「le tamis」
レーズンバターサンド(1個)432円、レモンバターサンド(1個)486円、カシスバターサンド(1個)486円
〈販売予定数計800〉
※5月6日(金)からの期間限定販売

<nanshiさんがリコメンド!>
「久しぶりに梅田に帰ってきました!以前、大阪駅前第3ビルの「うどん棒」のレジ横で販売していたバターサンドです。「le tamis」のオーナーの実家は香川県のうどん屋さん、そして「うどん棒」はお兄さんのお店。うどん一家で培ったこだわりで小麦を選び抜いています。さっくりとした生地に、濃厚なのに後味すっきり、キレのいいバタークリーム!この2つのバランスがとってもいいんです。何日か冷蔵して置くと、さっくりがしっとりになっていく食感の変化も楽しめます。」

 

「Rios Bakery & Cafe-リオス芦屋-」
いちごのパウンドケーキ(1個)320円、アーモンドラスク(1袋)470円

<nanshiさんがリコメンド!>
「Rios Bakery & Cafe-リオス芦屋-」は、兵庫県・芦屋で評判のパン屋さんが手掛けるカフェ。パウンドケーキは、しっかり目の詰まった生地にいちごのペーストやセミドライいちごの酸味がアクセント。さっくりと食べやすいおいしさです。アーモンドたっぷりのクリームを、自家製バゲットの表面が見えないほど塗ったラスクもご出品。」

 

「BAKER(ベイカー)」BAKER COOKiE CAN(1個)3,564円

<nanshiさんがリコメンド!>
「イラストレーター・killdiscoさんとのコラボクッキー缶です。killdiscoさんのイラストをクッキーにした“食パンくん”や女の子のかわいいバターサブレも入っています!さらに、ホロッとくずれるボーロに、サクサクのサブレ、ガリッとしたバトンマレショーなど様ざまな食感のクッキーがたっぷり。ひとつ取ると、下からまたかわいらしいクッキーが出てきてうれしくなります。」

■そのほかの出店ショップ
東京・世田谷「OYATSUYA SUN」
広島「DE LA MER 焼き菓子店」
兵庫・芦屋「ガトージュジュ」
滋賀・彦根「& Anne」
広島「COCONCA」が登場!

■日本のパティシエの焼菓子もお見逃しなく!
出品ブランド
東京・恵比寿「パティスリー レザネフォール」
東京・渋谷「ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ」
神奈川・新百合ヶ丘「パティスリー エチエンヌ」
東京・世田谷「パティスリー・ノリエット」
など

■「一保堂茶舗」×「yumiko iihoshi porcelain」×「nanshi」期間限定カフェ開店!
 

nanshiさんオススメの焼菓子にぴったりな“お茶”を老舗日本茶専門店「一保堂茶舗」が、“うつわ”をキッチン用品ナビゲーター真造が人気ブランド「yumiko iihoshi porcelain」からセレクト。また、「一保堂茶舗」セレクトの焼菓子も。3つのスペシャルコラボレーションで、おいしいお菓子とお茶が楽しめて、食器やお茶をお買い求めいただけるカフェが誕生!

■よい香り広がる会場でおいしさ体感!実演コーナー

「上野菓子研究所」
焦がしバター香るフィナンシェ(3個入り)1,080円
各日午前10時、午後1時、4時に焼き上げます。〈各回販売予定数30〉

※お一人さま2セットまで。

<nanshiさんがリコメンド!>
「オーナーの上野さんは数々のパティスリーにアドバイスをするほどの実力派。フランス「モンテギュー社」のA.O.P発酵バターを香ばしく焦がし、カリッ!とふわっ、の両方の食感が楽しめるよう先のとがったボート型で焼き上げます。会場でアーモンドを挽いてアーモンドプードルを作って焼き上げるので、挽き立て×焼き立てのたまらない、いい香りが会場に広がると思います。」

 

「ボニーズベイクショップ」
マフィン〈ブルーチーズ、くるみ、ドライいちじく〉(1個)486円、マフィン〈ラムレーズン、あんこ〉(1個)465円

※5月3日(火・祝)→5日(木・祝)のみの期間限定販売

<nanshiさんがリコメンド!>
「アメリカンベイクのお店です。世界各地を旅したオーナーの経験を生かした、オリジナリティあふれるスイーツが揃っています。ここの焼き立てマフィンは思わず笑顔になっちゃうようなおいしさ!サクフワッ、フワッホロッっていう焼き立てならではの、口の中でくずれるような食感を楽しんでください。」

 

「Gorille(ゴリール)」
カヌレ(1個)381円〈各日販売予定数200〉
※焼き上がりにはお時間を頂戴する場合がございます。
※5月7日(土)→9日(月)のみの期間限定販売

<nanshiさんがリコメンド!>
「大阪・枚方市で以前、会員制カウンタースイーツ店を経営し、現在はフリーランスのパティシエとして活動する「Gorille(ゴリール)」の人気商品。一番の特徴は、表面のパリッと感!蜜?を塗って、銅製の型で焼き上げるという伝統の焼き方へのこだわりから生まれる食感です。
白味噌を少し加えて、風味にコクをプラスした味わいにも、カヌレってこんなにおいしいんだと驚きました。」

そのほか、大阪・堺「シチリアーモ」の焼き立てクッキーも登場!

 今回は雑誌『Hanako』スイーツ大賞審査員をつとめるnanshiさんの案内で、幅広く奥深い焼菓子の魅力に迫ります。会場にはおいしいお店が約15店登場するのに加え、nanshiさんと老舗日本茶専門店「一保堂茶舗」、人気ブランド「yumiko iihoshi porcelain」のコラボカフェや焼き立てが楽しめる実演コーナーも。初夏のしあわせおやつは焼菓子で決まりです。

「nanshi presents#焼き菓子のある時間」
阪神梅田本店 1階 食祭テラス
5月 3日(火・祝)→ 9日(月)
公式URL:https://web.hh-online.jp/hanshin/contents/str/20220503.html
食祭テラス 公式インスタグラム:https://www.instagram.com/hanshin_1ffoodevent/?hl=ja

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。