予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

ワインを片手に名画を描く、120分のアートワークショップ「artwine.tokyo」が、ゴッホやクリムトの絵画に合わせた本格的なアルコールワインのペアリングをスタート

株式会社Artwineのプレスリリース

コロナ禍の情勢を鑑みノンアルコールワインをご提供していた「artwine.tokyo」が、5月20日予約分よりアルコールワインを解禁し、絵画とワインの本格的なペアリングを提供開始

■artwine.tokyoについて
artwine.tokyoは、忙しい毎日を過ごす方々にとっての「アーティストにもどる場所」を創るべく、2022年2月に根津/上野エリアに初の店舗を立ち上げました。

東京藝術大学を始めとする美大出身の講師陣が、名画の完成までをガイドします。参加者のほとんどが絵を描くのは小中学校の美術以来の初心者ですが、誰もが120分で驚くほどのクオリティの絵を完成させることができます。

絵具や筆、キャンバス等の画材はもちろん、お召し物が汚れないためのエプロンや、持ち帰り用バッグ等も全て、我々がご用意致します。お客様は、ウェブサイトで事前にご予約頂き、当日ご来店頂くだけ。

 

■アートとワインのペアリング

コロナ禍の情勢を鑑みノンアルコールワインをご提供していた「artwine.tokyo」ですが、5月20日予約分よりアルコールワインを解禁し、絵画とワインの本格的なペアリングを提供開始します。

ペアリングは、日本ソムリエ協会所属のartwine.tokyo専任 J.S.A.ワインエキスパートが、画家の人生やキャラクター、絵画に込められた思いや絵画表現を汲み取り、その特徴に最も合うと考えられるワインを、心理学の専門家や経験豊富なソムリエ達と研究・議論しながら丁寧に選定しています。

例えば、artwine.tokyoで大人気のグスタフ・クリムトの「接吻」においては、優しく抱きしめられる女性の表情に映る多幸感や、チャーミングで華やかな色どりを交えたドレスに注目しました。

この鮮やかな視覚表現を、赤ベリー系のアロマを中心とした爽やで優しい香りと味わいに重ね、マコン プイィ・フュイッセ(Pouilly Fuissé)の上質な造り手ピエール・ヴェシゴー(Pierre Vessigaud)が、ボージョレ地区北端サン・タムール(Saint-Amour)で造るガメイをペアリングさせています。

また、ゴッホ晩年の作品である「糸杉」は、太陽と月、生と死を連想させるキリスト的モチーフの元、うねるような筆致で炎のように上へ上へと力強く伸びていくように描かれた糸杉が、鑑賞者に強い印象を与えます。精神疾患を患い入退院を繰り返したこの時期にみられる渦巻くような特徴的な筆致は、「私は記憶から描くことができない。見たものそのものしか描けないんだ」と語った病んだゴッホの目に、実際に映っていた風景とも言われています。

この絵については「炎のような糸杉」に着目しています。深みのあるルビー色の外観、炎のようなスパイシーなアロマ、飲み込んだ時の力強いアタックで惑わされるようなシラーのニュアンスを求め、ワイン・アドヴォケイト誌にて100点満点を過去20回以上も獲得している E.ギガル(E.Guigal)のクローズ・エルミタージュ(Crozes Hermitage)を合わせました。

その他の絵画についても、全て個別のワインペアリングをご用意しております。参加のご予約は、artwine.tokyoのウェブサイトから。

■専門家からの評価
アートとワインのペアリングという artwine.tokyo独自の取り組みについて、恐れ多くも様々な識者から関心を寄せて頂いております。

近畿大学産業理工学部 准教授 大沼卓也氏(専門:味と匂いの心理学)からは、以下のコメントを頂戴しております。

“絵画は目で観て楽しむものであるのに対し、ワインは舌と鼻で味わうものであることから、絵画とワインは互いに無関係であるように思われるかもしれません。ところが、最近の心理学や脳科学の研究により、視覚と味覚・嗅覚の体験は、脳の中で密接につながっていることがわかってきました。

その絵画のために厳選されたワインを味わいながら鑑賞することで、はじめは見えなかった情景が絵の中に浮かび上がってくる。あるいは、ワインの味わいがより一層リアルで豊かなものに感じられてくる––。

五感の垣根を越えたマルチモーダルな体験を、絵画とワインのプロと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。”

■artwine.tokyoの場所について
上野美術館や東京藝術大学を始めとする、東京で最も芸術に愛される街、根津/上野。このエリアの、繁華街を離れた静かな場所に、店舗を構えています。

 

所在地:〒110-0008 東京都台東区池之端3-3-9 花園アレイ 205号室

 

■artwine.tokyoのInstagramについて
インスタグラムでは毎日、イベントの様子や著名な画家や絵画について等、より詳しい情報を投稿しています。是非フォローして、artwine.tokyoの世界をお楽しみください。
Instagram:https://www.instagram.com/artwine.tokyo

■店舗(会社)概要
会社名:株式会社Artwine
代表者:共同代表 神田淳希、永目裕紀
店名:artwine.tokyo
所在地:〒110-0008 東京都台東区池之端3-3-9 花園アレイ 205号室
ー 東京メトロ 千代田線 根津駅 2番出口 徒歩4分
ー JR 上野駅 山下口 動物園通り経由 徒歩11分
ー 京成本線京成上野駅 池の端口 徒歩10分
ー 東京メトロ 銀座線/日比谷線 上野駅 8番出口 徒歩12分

Instagram:https://www.instagram.com/artwine.tokyo
URL:https://artwine.tokyo/
お問い合わせ:artwine.tokyo@gmail.com(宛先:共同代表 永目裕紀)

 
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。