予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

冷凍機内蔵型アイランドショーケースAB・AIシリーズ新発売のお知らせ

フクシマガリレイ株式会社のプレスリリース

フクシマガリレイ株式会社(本社:大阪市西淀川区、代表取締役 福島裕)は、この度、冷凍機内蔵型アイランドショーケースワイドタイプ(奥行1500mm・1840mm)のABシリーズ(立ガラス高さ100mm)とAIシリーズ(立ガラス高さ250mm)を新たに発売致します。※それに伴い従来機種IMW/LシリーズとIEシリーズは廃止。

 

 

AIW-61QEBTXOORAIW-61QEBTXOOR

2020年に発売した冷凍機別置型ショーケース「CLAIR Send-you」シリーズと意匠デザインを合わせ、スーパーマーケットなどの店舗内装に統一感を生み出します。

【主な特徴】
〇環境への配慮
地球温暖化係数の低い冷媒R448A(GWP:1387)を採用。従来機よりGWP値65%低減。

デザイン性の向上
冷凍機別置型ショーケース「CLAIR Send-you」シリーズと意匠デザインを統一。陳列商品を引き立てます。

安全性の向上
電源コード付き仕様に変更し、電気配線工事が不要です。

省力化
フィルター清掃装置(オプション)によって、フィルターに付着したホコリを自動で除去。
フィルターがきれいな状態を保持でき、省力化と省エネ性の持続に貢献します。

使い勝手向上
AIシリーズの温度帯はスーパーワイドレンジ採用。
-25℃~+15℃(アイス・冷凍食品・精肉鮮魚・日配・青果・惣菜)で対応可能。

豊富なバリエーション
AIシリーズの幅2578mm×奥行1840mmタイプ(AIL-81QEBTXOOR)を新たに追加。
AIシリーズは両面タイプとエンドタイプがあり、サイズ(幅・奥行)違いで追加機種含めて6機種。
ABシリーズは冷凍冷蔵切替タイプと冷蔵タイプがあり、サイズ(幅・奥行)違いで8機種。
合計14機種のバリエーション。

【主なターゲット】
デパート、スーパーマーケット、ドラッグストア、ディスカウントストア、ホームセンター、リカー
ショップなどに。

【発売日】
2022年5月16日(月)より発売。

【目標台数】
年間目標販売台数は500台。

冷凍機内蔵型アイランドショーケース
●機種名:AIW-61QEBTXOOR(代表機種)
●標準価格:2,324,000円
●外形寸法:幅1,969×奥行1,500×高さ800mm
●陳列面積:2.2㎡
●有効内容積:567L
●製品質量:380㎏
●使用温度帯:-25℃~+15℃
●電源:三相200V×2本
●消費電力(安定時):1,928W

<フクシマガリレイ株式会社 会社概要>
代表者:代表取締役社長 福島 裕
本社所在地:大阪府大阪市西淀川区竹島2-6-18
設立:1951年12月
資本金:27億6千万円
売上高:連結 824億円(2021年3月)
事業内容:業務用冷凍冷蔵庫、冷凍冷蔵ショーケース、その他冷凍機応用機器の製造・販売・メンテナンス、店舗システム、厨房総合システムの設計・施工
URL:https://www.galilei.co.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。