【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

キリンの独自素材「プラズマ乳酸菌」入り飲料、販売好調!1~5月の販売数量は、前年比約4割増!

キリンホールディングス株式会社のプレスリリース

 キリンビバレッジ株式会社(社長 吉村透留)が販売する「プラズマ乳酸菌」入り飲料は、お客様から高く評価いただき、1月から5月累月の販売数量は前年比約4割増の約260万箱と好調に推移しています。また、「キリン iMUSE(イミューズ) 朝の免疫ケア」の販売数量も堅調に推移し、「プラズマ乳酸菌」入り飲料の好調に寄与しました。

 当社は、「プラズマ乳酸菌」入り飲料のさらなる成長を通じて“免疫ケア”という新しい習慣を浸透させることで、大きな社会課題の一つである「人々の健康維持」への貢献を目指します。

●「プラズマ乳酸菌」入り飲料好調の理由

①健康意識の向上に伴う、年間通じた「免疫」への関心の高まり
昨今の環境変化でお客様の健康意識が向上し、年間通じて「免疫」への関心が高まっています。
②幅広いラインアップ展開
当社初の100mlペットボトル飲料「キリン iMUSE 朝の免疫ケア」を3月29日(火)より全国の量販、ドラッグストア、コンビニエンスストアに販売チャネルを拡大しました。ラインアップをさらに広げたことにより、幅広いお客様に手に取っていただいています。

●「キリン iMUSE 朝の免疫ケア」販売状況
①高いトライアル率とリピート率
飲むヨーグルト・乳酸菌チルド飲料市場で過去5年に発売された新商品と比較したところ、当商品はトライアル率のみならずリピート率も高い傾向があります※1。お客様からは「おいしくて量もちょうどいいので健康管理のために家族で続けていきたい」「飲みやすくて毎日の習慣にいい」といった声をいただいており、“朝の免疫ケア”という新しい習慣への共感が生まれています。
※1 当社調べ(発売から4週間の比較)
②30~50代女性からの高い支持と、家族への展開
量販店で販売している既存の「プラズマ乳酸菌」入り飲料の購入層と比較したところ、「キリン iMUSE 朝の免疫ケア」は、30~50代女性の構成比が高くなりました※2。これはチルドカテゴリーで当商品を発売し、100mlという飲みきりサイズの提案を新たにしたことによって、当社の新たなお客様の獲得につながったとみています。また、量販店で当商品を購入した30~50代女性のうち、自分のためだけでなく誰かのためにも購入した方が約5割※2いました。これは30~50代の女性を中心に、家族などに向けた購入意向が高まった結果と考えられます。
※2 インテージSCI(70代含む), 全国,SM・Drug計, 2022/3/28~2022/5/15

③6本パックの好調
手軽に持ち帰りやすいサイズであることから6本パックが好評いただいています。特に、ドラッグストアでは販売数量の約3割が6本パックでの購入となっており※3、家庭でのストックとしてまとめ買いにつながっています。
※3 インテージSRI+, 全国, Drug計, 2022/3/28~2022/5/15

 キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

【機能性表示食品】
•届出表示:本品には、プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma)が含まれます。プラズマ乳酸菌はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけ、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。
•食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
•本品は国の許可を受けたものではありません。
•本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。