予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

この春ご結婚されたカップル様へ。「御結婚おめでとうございます」パウンドケーキ専門店SILK(シルク)のご婚礼内祝ギフト6月18日より始めます!

株式会社K-styleのプレスリリース

京都、御幸町通り錦市場すぐそばに2022年4月29日(祝金)オープンしたばかりのパウンドケーキ専門店「SILK」。なめらかで濃厚な味わいと甘さにこだわったパウンドケーキ専門店です。

オープンからまもなく2ヶ月を迎える事になりました。
お客様のご利用方法として「ご結婚の内祝」に当店の商品をご活用頂くケースが増えて参りました。

この春ご結婚式をお挙げになられたカップル様、御結婚誠におめでとうございます。
そんなお二人にお会いでき私たちもとても幸せな気持ちになりました。

一生に一度の特別な日の贈物に
当店のパウンドケーキを通して感動をお届け出来ると嬉しいです。
そんな想いを込めて「ご婚礼の内祝ギフト」を始めます!

◆特別感のある桐箱入り
上質な桐を使用。1つひとつ手作りで作り上げたオリジナル桐箱。箱によって風合いが異なり
オンリーワンの魅力を持ち合わせております。
一生に一度のご結婚祝いに、オンリーワンの桐箱で希少価値が伝わります。熨斗のご手配も無料で行います。

 

 

◆商品ラインナップ
【桐箱入り】栗と芋餡の高級パウンドケーキ 5,400円(税込)
大ぶりの栗をふんだんに使用。白餡と焼芋を合わせたオリジナル餡が味の極みです。
ラム酒の香りを程よくきかせ上品に仕上げました。

【桐箱入り】ブランデーフルーツの高級パウンドケーキ 5,400円(税込)
レーズン、オレンジピール、レモンピール、プルーン、アプリコット、ドレンチェリーなど
沢山のフルーツをブランデーに漬け込んだフルーツケーキ。
 

◆お祝いごとにぴったり!パウンドケーキの由来
パウンドケーキの歴史は古く、18世紀初頭にイギリスで誕生したケーキです。その由来は「1ポンド(パウンド)」から来ています。パウンドケーキは、小麦粉、砂糖、バター、卵という4つの素材をそれぞれ1ポンドずつ使用して作るケーキであり、ここからパウンドケーキと呼ばれるようになりました。

パウンドケーキが誕生した当時、主に結婚式のウェディングケーキとして使用されていました。パウンドケーキに砂糖漬けにした果物の皮などを入れて焼き上げることで、断面も煌びやかなケーキになったことから、お祝いの席に最適だったようです。

一般的に、ウェディングケーキは数段の段重ねになっていることが多いのはご存じでしょう。イギリスも同様で3段重ねだったようです。この3段重ねには理由があり、一番大きな一番下段は当日の列席者向け、2段目の中くらいのサイズは当日来ることができなかった友人知人ために、一番上の小さなサイズは、これから生まれてくる子供のためにというものです。

この3段重ねのウェディングケーキにパウンドケーキが利用されていました。そのため材料も大量に必要となり、各材料が1ポンド、つまりパウンドケーキになったわけです。
 

【店舗概要】
店名:SILK(シルク)
所在地:京都市中京区御幸町通蛸薬師下る船屋町370番地
TEL:075-585-5120
営業時間:10:00~18:30
定休日:火曜日(祝日は営業)
UEL:https://silk-kyoto.com
e-mail:info@silk-kyoto.com
▶Instagram
https://www.instagram.com/silk.kyoto
▶Twitter
https://twitter.com/silk_kyoto

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。