予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

世界一辛い唐辛子 “キャロライナリーパー” で超発汗 まるで食べるサウナ『灼熱火鍋』

株式会社レインズインターナショナルのプレスリリース

厳選した肉とこだわりの国産野菜が楽しめる『しゃぶしゃぶ温野菜』(以下、温野菜)は、通常メニューにある“旨辛火鍋出汁”の10倍唐辛子を使用した「灼熱火鍋」と、瀬戸内レモン果汁を100%使用した出汁にコラーゲンと生レモンを加えた「塩レモン鍋」を、2022年7月14日(木)から9月1日(木)の期間限定で販売します。

灼熱火鍋食べ放題 3,280円(税込3,608円)灼熱火鍋食べ放題 3,280円(税込3,608円)

梅雨のジメジメとした時期や、暑い夏こそ無性に食べたくなる“辛グルメ”。唐辛子などのスパイスは発汗作用があり、暑さで上がった体温を下げるといわれています。激辛料理で汗をかき、肉をたくさん食べるスタミナ”夏鍋”として「灼熱火鍋」を販売します。世界一辛い(※2017ギネス認定)キャロライナリーパーや、華やかな香りがする朝天唐辛子を使用した灼熱火鍋出汁。アサリの旨味、味噌のコク、にんにくの風味を加え、さらに山椒を入れることで辛さに深みが増しました。
 

追い辛豚追い辛豚

 

 

激辛LOVERの方は、豚の形をした「追い辛豚」でさらなる辛さに挑戦できます。5豚を追加した“極激辛”では、辛さの向こう側を体験できます。
 

 
気持ちよく流れ出る汗はまるでサウナに入っているかのよう。激辛の出汁がしみ込んだ「おし豆富」や「餅巾着」を食べるとロウリュウのように発汗を促し、ラーメンをすすると熱波のようなインパクト。「レモンシャーベット」を挟むと水風呂に入ったような爽快感があり、「もっちりだし巻き玉子」で辛さを柔らげひと休憩。“ととのう”鍋はまるで食べるサウナです。※レモンシャーベットはお一人様一品サービスのデザートで選べます。
 

  • 食べ放題だけではなく、一人で気軽に楽しめる食べきりセットメニューも

 

■灼熱火鍋御膳
1,880円(税込2,068円)
■灼熱火鍋食べ放題
3,280円(税込3,608円)
肉、野菜などがセットになったメニュー

出汁:灼熱火鍋出汁と他8種の出汁から1つ選択
肉 :厳選牛しゃぶ、イベリコ豚しゃぶ、桜姫鶏ロース
野菜:旬野菜盛り
他 :3種のナムル
   灼熱火鍋ラーメンセット

イベリコ豚しゃぶなど12種の肉、厳選した国産野菜、
おつまみなど60種類以上が食べ放題

出汁:灼熱火鍋出汁と他10種の出汁から1つ選択

期間限定  :ズッキーニ
       かぼちゃ
本コース限定:追い辛豚
       灼熱火鍋ラーメンセット

※二子玉川店・狭山店・千葉中央店・大井町店・御茶ノ水店・五反田店別館・市川鬼高店・伊勢佐木モール店・八王子大和田店・高田馬場店では販売しておりません。
 

  • 生レモンが爽やかな、ぷるぷるジュレの「塩レモン鍋」も同時発売

塩レモン鍋食べ放題 3,280円(税込3,608円)塩レモン鍋食べ放題 3,280円(税込3,608円)

鶏の旨みとレモンの爽やかさが素材を引き立てる出汁に、お肌がよろこぶ“ぷるぷる”コラーゲンを加えました。まるで宝石のようなジュレの上には、皮をむいた輪切りの生レモンをたっぷり添えています。レモンの香りを最大限引き出すため、味付けは徳島県産の塩を使用。イベリコ豚しゃぶや桜姫鶏を爽やかに楽しめます。ピリっと程よい刺激がアクセントな「レモン山椒塩」や、清涼感のある「レモン氷」で味変を楽しみ、〆はレモンと柚子皮を加えたラーメンをどうぞ。

  • しゃぶしゃぶ温野菜とは

株式会社レインズインターナショナル(代表取締役社長:澄川浩太)が運営するしゃぶしゃぶ温野菜は、2000年3月、それまでの「値段が高い」「敷居が高い」と言ったイメージをくつがえし、気軽にしゃぶしゃぶを楽しめるお店として東京・経堂にオープン。上質なお肉はもちろん、こだわりの国産野菜を始めとする豊富なメニューが幅広い世代に受け入れられ、現在では国内276店舗(※2022年6月1日現在)を展開するブランドへと成長いたしました。

新型コロナウイルス感染症防止に向けての取り組み
■マスクの着用     ■手洗い消毒     ■アルコール設置
■店内設備の消毒    ■非接触の取り組み

・公式サイト:https://www.onyasai.com/
・Instagram:https://www.instagram.com/onyasai_official/
・Twitter     :https://twitter.com/On_Yasai
・Tiktok  :https://www.tiktok.com/@onyasai_official
・FaceBook:https://www.facebook.com/OnYasai/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。