セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

ノトヒバカラ ベーカリーが「栄養バランス」や「血糖値コントロール」、「腸活」に有用機能性を持ち、美味しさも両立した、レジスタントスターチ 活用の「あさニコ」パンの製造販売を開始。

ウッドスタイルクオリティー 株式会社のプレスリリース

住宅販売からカフェ、美容SPA事業を展開しているウッドスタイルクオリティー株式会社(KAGAMOKUグループ、本社:石川県金沢市、代表:増江 世圭)が運営している、健康志向のパンや菓子を販売する、ノトヒバカラ ベーカリー(NOTOHIBAKARA BAKERY)にて、高機能食材・レジスタントスターチ (難消化性でんぷん)を活用した「あさニコ」パンを2019年1月7日(月)より本格的に販売いたします。

商品ロゴ商品ロゴ

 

一般社団法人Smart Food協会一般社団法人Smart Food協会

ノトヒバカラ ベーカリーでは、一般社団法人Smart Food協会(本部:東京都中央区、代表:酒井 康光)の監修・協力の元、「栄養バランス」や「血糖値コントロール」、「腸活(腸の機能を活性化させ、腸内環境の劣化を防ぐこと)」を気にされている健康意識の高い方々にも十分満足していただける、美味しいパンの製造販売を本格展開することになりました。

あさニコパンあさニコパン

食事に含まれる炭水化物の多くは「でんぷん」で、穀物類、いも類、その他様々な食物に含まれる多糖類です。特に消化器官で消化されることなく腸内に到達するでんぷんは、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)と呼ばれ、水溶性食物繊維のような働きをし、腸内環境を効率的に整えると考えられています。

レジスタントスターチの人体への有用性は、「PubMed」(生命科学や生物医学関連の研究論文や参考文献の検索エンジン)上の多数の研究論文で記載されており、FDA(アメリカ食品医薬局)やEFSA(欧州食品安全機関)では、レジスタントスターチ活用商品への有用性表示を認めています。

和食にも合う和食にも合う

 

 

「あさニコ」パンの特徴

玄米甘酒の天然の甘みと風味、もっちりとした食感は、和惣菜との相性も良く、ご飯替わりとして召し上がっていただけます。食べ応えや腹持ちも良く、糖質の食べ過ぎ予防にもご活用いただけます。

あさニコパンあさニコパン

あさニコ」パンの名称由来

高食物繊維の摂取は、2食目の食後の血糖の上昇をおさえるという「セカンドミール効果」があると言われています。また現代人は1日あたり約5g以上の食物繊維が不足している*と想定されています。何かと慌ただしい朝、でも自律神経を整える上でとても大切な朝の食事だからこそ、和にも洋の惣菜にも合う、手軽に摂れる本製品を毎朝召し上がっていただきたい、という想いからの発想です。

「あさニコ」パンの今後の展開

味覚、栄養、機能性の観点から、病院や介護の現場、ホテル、スポーツ施設、ネット通販などでの需要が想定され、今後配合食材バリエーションの拡充などで、順次商品ラインナップを増やしていく予定です。

店舗看板店舗看板

店舗店舗

アクセスマップアクセスマップ

ノトヒバベーカリー
営業時間:
平日:9時〜19時 / 土日祝:7時〜19時
定休日:火曜日

駐車場:約25台利用可

住所 / 連絡先:
〒920-0027 石川県金沢市駅西新町3丁目11-9
TEL 076(222)1139
https://www.noto-hibakara-bakery.com/

運営:
ウッドスタイルクオリティー株式会社(加賀木材グループ)

協力:
一般社団法人Smart Food協会
https://www.smartfood.or.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。