予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

【1000本の希少ワイン】貴腐ワイン最高銘柄『シャトー・ディケム』の一般販売を開始。希少ワイン専門店「UNvin」オンラインショップが6/23(木) に正式OPEN。

株式会社WWCのプレスリリース

世界中の希少ワインを取り扱う「UNvin(アンヴァン)」(運営会社:株式会社WWC)が2022年6月23日(木) 14:00にオンラインショップを一般公開したことをお知らせいたします。オープンと同時に、1947年〜2018年まで豊富に取り揃えた『シャトー・ディケム』1000本を販売開始いたしました。

第一弾販売商品は、貴腐ワイン最高銘柄シャトー・ディケム
 

希少ワイン専門店「UNvin(アンヴァン)」オンラインショップの第一弾商品は、世界中で多くのワイン愛好家を魅了するデザートワイン『シャトー・ディケム』。店頭では入手困難とされる世界最高峰の貴腐ワインを1000本ご用意しました。古くは1940年代のものから2010年代のものまで、全国から仕入れたシャトー・ディケムがUNvin(アンヴァン)に集結しています。
 

オンラインショップにて、シャトー・ディケム取扱ラインナップをご覧いただくことができます。年代ごとに在庫数が異なるため、お目当ての年代がある場合は、ぜひお早めにお買い求めください。

【オンラインショップはこちら】
https://unvin.shop

100年経っても色褪せないと称される『シャトー・ディケム (CH.D’YQUEM)』とは?

シャトー・ディケムとは、フランスボルドー地方、ソーテルヌ地区で収穫・醸造されている世界最高峰の貴腐ワインです。美しい色合いや芳醇な香り、そしてとろけるような甘さは、貴腐ワインの中でも唯一無二の存在。その別格の深い味わいは、世界で最も影響力があると言われるアメリカ出身のワイン評論家「ロバート・パーカー」からも100点満点の評価を得ているほどのデザートワインです。

1787年には、アメリカの駐フランス行使である「トーマス・ジェファーソン」がシャトー・ディケムに魅了され、
当時の大統領「ジョージ・ワシントン」のためにシャトー・ディケムを注文しています。またシャトー・ディケムの魅力は極東の日本にまで届きました。先の明治天皇が愛飲し、定期的に注文を繰り返していたと言われています。

独自の栽培方法が希少さの秘訣
シャトー・ディケムの原料となるブドウは、冬場の剪定で残す芽は1枝に2つのみとし、潜在アルコール度数を上げています。さらに潜在アルコール度数が20になるまで厳重な管理下で栽培を行っています。手摘みによる収穫で徹底された品質管理の元、1本のブドウの木から作られるシャトー・ディケムは、僅かグラス1杯分のみ。このような独自の栽培方法と手摘みによる収穫が、シャトー・ディケムに希少価値を付けています。

「貴腐ワイン」とは?

貴腐菌はワインの原料となるブドウにとって厄介な存在であり、茎や果実を腐らせます。しかし昼はカラッと乾燥し、夜はジクジクと湿度の高い環境においては、貴腐菌が付着したブドウは果実の甘さがギュッと濃縮され、糖度の高い貴腐ブドウに変化します。

この特定の環境下で育った貴腐ブドウの表面は貴腐菌で覆われているため、通常のブドウのように機械を使った収穫が不可能です。そのため、全て手摘みで収穫し、さらに貴腐菌が付着した果皮を残さないよう、丁寧に実だけを取り出す必要があります。取り出した実は水分が蒸発しているため、採取可能な果汁はほんの少しです。この希少な果汁を使い製造されるのが貴腐ワインです。

シャトー・ディケムの当たり年について
シャトー・ディケム選びに欠かせないのが「当たり年」です。常に美味しく製造されているシャトー・ディケムですが、その年の気候やその他様々な環境により、味や香りに絶妙な違いが生じます。以下のが当たり年と呼ばれていますので、最高のシャトー・ディケムを楽しむためにも是非参考にしてみてください。

【当たり年はこちら】
1959年/1967年/1971年/1975年
1983年/1988年/1989年/1990年/1994年/1998年
2001年/2005年/2009年/2011年/2015年

 

シャトー・ディケムを美味しく飲む方法
100年経っても色褪せないシャトー・ディケムですが、最高の美味しさを堪能するためには、製造から10~20年ほど寝かす必要があります。製造間もないものではなく、いわゆるヴィンテージものから選びましょう。また飲む際にはシャトー・ディケムの美味しさを最大限にまで引き出すため、しっかり冷やし、デザートワイン用のグラスがおすすめです。
 
保存方法について
シャトー・ディケムの味を落とすことなく、最高の味わいを楽しむためにも、保存方法は4~8℃ほどの温度下がおすすめです。一般的な白ワインの場合、7~9℃前後の保存が推奨されていますが、もう少し冷やして保存することで、シャトー・ディケムの甘さをより引き出すことができます。

希少ワインのみを取り扱う専門店「UNvin(アンヴァン)」

 

 

 

「最高のワインを愉しんでいただきたい」

ワインにはブランドごとのこだわりがあり、個性、歴史が一本のボトルに詰まった「ひとつの芸術作品」だと考えています。世界的に高級ワインと呼ばれるものは、味・品質はもちろんのこと、生産の背景や歴史がよりワインに深みを与えているという面白さがあります。

希少ワイン専門店「UNvin」では、そんなワインひとつひとつの様々な個性や魅力を多くの方に届けたいという想いから、すでに愛好家の方にも、これからワインを知っていきたい方にも、分かりやすく、そして皆さまが楽しめるショップづくりを目指します。

ワイン愛好家の皆さまへ、UNvinよりご挨拶。

はじめまして、希少ワイン専門店の「UNvin(アンヴァン)」と申します。私たちは高級店でありながらも、親しみやすく楽しいと感じていただけるお店づくりを目指します。オンライン販売であっても丁寧な接客・サービスを大切に、ワイン好きな皆さまと「愉しいワインの時間」をともに創ってまいります。

今後は、5大シャトーやDRC、あるいは皆様のリクエストなど、他には類を見ない充実したラインナップを楽しんでいただけるショップにしていきます。私たちが厳選した1本で、皆様の人生が豊かになり笑顔が広がれば幸いです。UNvinが、皆様とワインの素敵な出会いの場になりますように。。。

ワインを愛する日本中の皆さまに、オンラインショップでお会いできることを心より楽しみにしております。今後とも、UNvinをどうぞよろしくお願い申し上げます。

UNvin(アンヴァン)の情報はこちら

【運営会社概要】
会社名:株式会社WWC
所在地:大阪府大阪市中央区南船場
代表取締役:田中武志
事業内容:酒販事業(インターネット通販)、店舗販売、ワインのイベント
一般酒類小売業免許:南酒第405号、通信販売酒類小売免許:南酒第74号

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。