【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

超・高糖度「金色羅皇」スイカの糖度を競う大会「金色羅皇グランプリ」結果発表!【第二回グランプリ開催も決定!】

ナント種苗株式会社のプレスリリース

野菜の品種改良を行い、新品種のタネを販売している種苗メーカー:ナント種苗株式会社 (所在地:奈良県橿原市、代表取締役社長:森井 哲也)は、8年の歳月を掛け、異次元の高糖度スイカ品種「金色羅皇(こんじきらおう)」を開発。そして今年の2022年5月1日から8月31日の間、「金色羅皇」の糖度を競う大会「金色羅皇グランプリ」を開催致しました。

■「金色羅皇グランプリ」とは

全国の腕に覚えのあるスイカ農家さんや家庭菜園の愛好家さんが、自分が育てた「金色羅皇」の糖度の高さを競う大会で、Twitterからの写真投稿で誰でもエントリーできる企画です。記念すべき第1回となった2022年は、5/1から8/31まで4か月間開催され、総勢36件のエントリーを頂き、大いに盛り上げて頂きました。今回はその受賞者を発表致します!また第二回グランプリの開催も決定し、今からどんな記録が生まれるのかワクワクしております。後日、詳細については下記URLにてお知らせいたします。
イベント詳細: https://lit.link/nantoseed

■受賞者一覧

総合優勝:駒形宏伸 様【記録▶20.6度】
総合準優勝:つのだふぁ~む 様【記録▶20.3度】
月間優秀賞(5月の部):植木の国友 様、上田 様、上村 様
月間優秀賞(6月の部):つのだふぁ~む 様、片山フルーツ園 様、伊藤 研 様
月間優秀賞(7月の部):重石 修平 様、スイカ 様、marutu farm 様
月間優秀賞(8月の部):駒形 宏伸 様、門脇 忠教 様、村岡商店 様

■『金色羅皇』について

〜圧倒的な糖度を〜
「金色羅皇」は、何より美味しさ・甘さを重要視して開発したスイカの品種です。味という一点を追求し、開発した結果、結果的に赤色の果肉ではなく、ゴールドの果肉で完成した非常に珍しいスイカ品種になります。開発期間は8年におよび、2021年に新品種として種子の販売を開始しました。一般的に流通しているスイカの糖度は11度程度で、12度あれば甘いとされますが、「金色羅皇」は糖度15度以上も狙える異次元の甘さを誇るスイカです。

■会社概要

商号             : ナント種苗株式会社
代表者            : 代表取締役社長:森井 哲也
所在地            : 〒634-0077 奈良県橿原市南八木町2丁目6-4
設立             : 1947年8月11日
事業内容           : 農産種子の生産と卸販売
資本金            : 2,000万円
URL             : http://www.nanto-seed.com
Twitter公式アカウント:https://twitter.com/nantoseed
Instagram公式アカント:https://www.instagram.com/nantoseed

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。