【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

「ハイドロゲルシート」で鮮度を保つ! 山形県産桃をシンガポールへ。

株式会社FARMER’Sのプレスリリース

株式会社FARMER’S(所在地:山形県東根市、代表取締役:中川 史明)は、特殊素材「ハイドロゲルシート」の鮮度維持機能の検証のため、山形県産の桃をシンガポールへ試験輸出しました。

FARMER’S EXPORT 山形県産桃 海外へ

【概要】
農産物の販売・輸出を行う株式会社FARMER’S(ファーマーズ)は、山形県産の桃をシンガポールへ輸出し、特殊な梱包資材「ハイドロゲルシート」の桃における鮮度維持機能を検証しました。ドン・キホーテを展開する株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが運営するシンガポールの店舗へ、山形県産の桃5品種、計100キログラムを輸出しました。9月20日に山形から出荷された桃は船便で輸送され、10月7日にシンガポールへ到着。その後、鮮度維持機能の検証が行われました。検証は山形大学で有機材料システムや高分子・プラスチック材料を研究し、さくらんぼの鮮度維持パッケージ技術を開発している東原 知哉教授の監修のもと行われ、品種・シート貼付位置ごとのロス率を比較しました。検証の結果、特定の品種・位置へのハイドロゲルシート貼付で鮮度維持機能が確認されました。

山形大学 東原 知哉教授(左)と株式会社FARMER’S 代表取締役 中川 史明(右)

【ハイドロゲルシートとは】
水分を内部に含んだシート素材。梱包資材として使用することで、箱内部の温度・湿度を調整する鮮度維持機能が期待されます。

ハイドロゲルシートを側面に貼付した桃の箱

【試験の詳細】
シンガポールへ輸出したのは山形県産の「白根白桃」、「西王母」、「さくら」、「伊達白桃」、「黄貴妃」の桃5品種。1品種につき梱包箱内部の側面、上面、底面にハイドロゲルシートを貼付した箱と、リファレンスとしてシート無しの箱の4種類でケース分けし、5品種分計20種類の箱で比較検証を行いました。

【検証の結果】
果肉が硬い品種の桃については、箱底面へのハイドロゲルシート貼付で、良好な鮮度を維持できることが確認できました。

山形県産桃の山形ーシンガポール輸送試験結果

果肉が硬い品種「さくら」の箱側面、上面、底面にシートを貼付した場合とシート無しのロス率はそれぞれ、「側面」3%、「上面」10%、「底面」0%、「シート無し」20%。

同じく果肉が硬い品種「黄貴妃」の箱側面、上面、底面にシートを貼付した場合とシート無しのロス率はそれぞれ、「側面」20%、「上面」20%、「底面」13%、「シート無し」25%。

【海外の反応】
シンガポールの店舗スタッフからは「顧客へ自信を持って提案できる味・クオリティだった」と、好評でした。出荷から2週間以上経っての到着でしたが、効果があった品種については通常より高い鮮度と品質を保ったまま海外の消費者へ届けることができました。

桃が販売されたシンガポールのDON DON DONKI100AM店

【課題解決と今後】
農産物輸出の最も大きな課題の一つはロス率の高さであり、海外到着時に3~4割が傷んでいるというケースもあります。しかし、ハイドロゲルシートの鮮度維持機能を活用すれば、桃のようなデリケートな農産物を高い鮮度のまま輸出できる可能性が高まります。生産者にとっては輸出のハードルが下がり、海外の消費者はより高品質な状態で日本の産品を楽めるようになります。今後は、品種や品目によらず効果を発揮するシートの開発が重要になるため、輸送試験を通じてデータを蓄積し、技術を広く応用させていきます。鮮度・品質にこだわった物流をつくることで、日本の農産物の輸出拡大につなげていきたいです。

■会社概要
商号  : 株式会社FARMER’S
代表者 : 代表取締役 中川 史明
所在地 : 〒999-3706 山形県東根市三日町四丁目1番43号
設立  : 2021年3月
事業内容: 農作物及び農産加工品の販売・輸出
資本金 : 999万円
URL   : https://farmers-japan.com

【お問い合わせ先】
株式会社FARMER’S
E-mail: farmersjpn@gmail.com
Tel  : 080-9339-2006

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。