【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

第24回 米・食味分析鑑定コンクール国際大会in小諸にて最終審査会審査員を務めました

株式会社Replowのプレスリリース

株式会社Replow(本社所在地:東京都港区、代表取締役:小野寺理騎)代表の小野寺が、12月2日、3日 に開催された米・食味鑑定士協会、「米・食味鑑定コンクール」小諸市大会実行委員会主催「第24回 米・食味分析鑑定コンクール国際大会in小諸」の最終審査会審査員を務めました。

最終審査会の様子最終審査会の様子

第24回 米・食味分析鑑定コンクール国際大会in小諸概要
米・食味分析鑑定コンクール国際大会は、国内外のお米を一堂に集め、これを審査・評価し、安全性や良食味を求め、「良質な米作り」に日々精進する生産者や生産団体を支援し、さらにこれを認めることを目的として、米・食味鑑定士協会が2000年(平成12年)より行っているお米のコンクールです。
開催当初は、お米の検査と言えば「等級検査」のみが主流であり、お米の食味にこだわるだけでなく、衰退しつつあった「地方・農業・稲作の復興」を後押しするべく始まりました。第10回大会より国際コンクールとなり、現在では総出品数では国内外最大であり、開催規模、受賞部門等、お米では最大級のコンクールとなっています。

今大会は、長野県小諸市で開催され、一次審査では玄米、二次審査では精米を用いて、器による食味スコア・味度スコアの計測を実施し、各部門のノミネート者を選出します。最終審査は、官能審査法によって行われ、30名の専門家が審査員として官能審査を行い投票します。
 

官能審査の様子(右が小野寺)官能審査の様子(右が小野寺)

審査員選出の背景
代表の小野寺は、五ツ星お米マイスター、米・食味鑑定士として、全国各地を周り美味しいお米を作る生産者を発掘し、売り上げ拡大へ向けた支援をする傍ら、複数社のネット通販事業部において事業拡大・売上向上を目指したコンサルティング活動を行っています。これまでの活動実績から米・食味鑑定士協会より審査員に招聘いただきました。

【株式会社Replow】
住所:〒107-0062 東京都港区南青山二丁目2番15号ウィン青山942
代表者:代表取締役 小野寺理騎
設立:2020年12月16日
Tel:03-5442-6530
URL:https://www.replow.net/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。