「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

2020・2025に向けてハラール(ハラル)のおみやげ販売・開発で観光物産総合研究所と業務提携!!

一般社団法人ハラル・ジャパン協会のプレスリリース

 このたび令和元年6月1日、ハラルビジネスマーケティング支援の一般社団法人ハラル・ジャパン協会(本部:東京都豊島区 代表:佐久間朋宏)はハラール(ムスリム)対応の観光おみやげ販売及び商品開発で、観光マーケティングのパイオニア観光物産総合研究所(本部:東京都杉並区 代表:稲田俊明)と業務提携致しました。
来年2020年東京オリンピック・パラリンピックや2025年大阪万国博覧会に併せて、訪日外国人観光客も増え併せて、マレーシア、インドネシアなどムスリム観光客が急増することでおみやげ需要が見込まれることから、販売から、製造コンサルティングまで支援できることを生かしてコンサルティングを強化したいと考えております。

まずはオリンピックイヤーの来年1月に開催する「全国観光物産見本市2020春」(主催:観光物産総合研究所)に協賛して、ハラール(ムスリム対応)やベジタリアン対応のおみやげ見本市、「ハラールマーケットギフトフェア2020」(仮称)を併催致します。

特筆すべきは、上記ギフトフェア出展の展示おみやげには、ハラル・ジャパン協会がインバウンド用に開発したハラール(ハラル)認証とピクトグラム表示の中間条件を満たせば推奨マークの使用ができます。商品は、一次原料のみをハラル・ジャパン協会が基本確認して監修した商品や、メニューに使用することができるマークです。種類は全部で3種類(ノーポーク・ノーアルコール、ノーミート・ノーアルコール、ノーアニマル)です。これらのマークは、ハラル・ジャパン協会の一般会員は基本無料で使用できますし、非会員でも低価格にて使用できるようにいたします。

会場内では併せて、セミナーや個別相談も行います。今後全国100社程度のムスリム、ベジタリアンお土産のコンサルティングを実施予定です。 

また今後、観光物産総合研究所の稲田代表の故郷でもある山形県は、NHK朝の連続ドラマ「おしん」の故郷でもあり、ムスリムが多いアジアなど外国でもいまだに数多く放送され、絶大な人気であることから、「おしんインバウンドツーリズム」(仮称)にも取り組む予定です。

■「全国観光物産見本市2020春」の概略
1. 名称 全国観光物産見本市2020春
2. 会期 2020年1月16日(木)~17日(金)10時~17時(17日は16時)
3. 会場 東京・台東区「東京都立産業貿易センター・台東館7、6階」
東京都台東区花川戸2-6-5(〒111-0033) TEL03-3844-6190
最寄駅:東京メトロ銀座線 浅草駅7番出口から徒歩5分
都営地下鉄浅草線 浅草駅A5出口から徒歩8分
4. 出展対象 観光物産品・地方特産品製造卸業者、観光民芸工芸品・雑貨業者など
5. 出展商品 観光物産品全般(食品、菓子、飲料、民工芸品、雑貨など)
6. 来場対象 観光物産製造・卸・小売業者、ホテル・旅館等宿泊施設、鉄道・空港・道の駅・高速道路SA/PA・ドライブイン・アミューズメント等の売店、雑貨業者、百貨店・量販店・ 通販業者など
7. 募集小間 150小間予定
8. 来場目標 1000名・社(完全招待制)

 

東京都立産業貿易センター台東館東京都立産業貿易センター台東館

■推奨マーク表示例

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。