セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

飲食店の働き方改革を実現する新サービス開始

AliveCastのプレスリリース

株式会社AliveCastは2019年11月5日(火)、自社で開発・提供しているシステムExOrder(エクスオーダー)の機能拡張版をローンチしました。飲食店の人材不足解消と人材の適正評価による働き方改革に大きく貢献します。

◆お客様端末での注文・決済実用化で人手不足に対応し、人材の適正評価で働き方改革を実現
この度、株式会社AliveCastは自社で開発・提供しているシステムExOrder(エクスオーダー)の機能拡張版をローンチしました。これにより、飲食店の人材不足解消と人材の適正評価による働き方改革に大きく貢献します。
【人手不足解消】
ExOrder新システムの導入により、将来的にはホールスタッフ無人化を目指しています。現時点では、注文・決済のシステムまで完成し、お客様のスマートフォンで会計だけでなく注文も同時に完了(キャッシュレス・オン・デリバリー)することから、ペーパーレスやレジ不要の業務削減機能までご提供可能となり、約50%の業務量削減に成功しました。
【人材適正評価】
今まで困難だったスタッフの業務処理能力をデータ化するため、注文・調理・配膳をすべてデジタルワークフローに落とし込むことに成功しました。よってこれまで勤務歴でしか評価できなかった昇給システムが改善でき、人材の適正評価による優秀スタッフの離職防止が可能となります。

◆実店舗にて、効果測定と全5回の実証実験を行いました

<効果測定・実証実験会場>
居酒屋「竹乃屋」吉塚店 (※九州にて同名店を26店舗展開) 席数150席

<目的>
実店舗での導入実験で次の3点を検証

  1. ホールスタッフの業務負担軽減
  2. スタッフの業務処理能力データ化
  3. 消費者の顧客満足度向上

<測定方法>

  1. 従来のオーダー方法で1顧客あたりのスタッフ業務を顧客行動フローごとに計測。ExOrderシステム導入での業務量削減割合を算出する。
  2. ExOrderシステムにてスタッフ業務量が分かるデータの引き出しが可能か検証する。
  3. スタッフ呼出から到着までの時間を計測し、ExOrderシステム導入で削減される待ち時間を算出する。

<効果測定結果>
① ホールスタッフの業務負担軽減

上記のように、注文・会計業務が不要になったことで、お客様1組当たり289.4秒の業務時間を削減できることが判明しました。これは全体業務量の49.5%であるため、ExOrderシステムの導入でこれまで必要だったスタッフの半数で店舗運営が可能であるという検証結果が出ました。
将来的にはExOrderシステムに席案内機能を設け、配膳・片付けをセルフサービスにすることで、ホール業務ゼロ化を目指します。

② スタッフの業務処理能力データ化
キッチンプリンター等を廃止することにより、注文・調理・配膳をすべてデジタルワークフローに落とし込み「受付~調理の時間」「受付~配膳の時間」を算出することに成功しました。スタッフ毎にデータを取り出すことで人事評価の根拠とすることが可能です。

③    消費者の顧客満足度向上
従来のオーダーシステムでは顧客がスタッフを呼び出して実際にオーダーを始めるまで、平均約20.1秒(※)必要でした。ExOrderシステムの導入により、注文のための待ち時間がゼロになることから、顧客満足度の向上が期待できることが判明しました。また、実証実験に参加されたお客様の声により「リアルタイムで注文状況(受付・調理中・配膳済み)が分かる」という点に最も高い評価をいただいたことが分かりました。
(※居酒屋「竹乃屋」にて実証実験と同条件の17時~20時に測定。約20組計測した際の平均値を算出。) 

以上3点の条件が満たされ効果が検証されたため、この度正式ローンチに至りました。

◆スマホ注文・決済システム ExOrder(エクスオーダー)とは
ExOrderは、スマートフォンを使って専用の連動アプリでQRコードを読み取るだけで、注文・決済が完了するシステムです。これまで物販や電子チケット販売のシステムとして採用されています。今後、この新サービスをご利用いただくことにより、ホールスタッフの業務量が最大50%~100%削減可能となります。(下記図参照)

◆ExOrderシステムを用いたキャッシュレス・オン・デリバリーのモデル

 

◆「キャッシュレス・オン・デリバリー」による注文から配膳までの流れ
 

  1. お客様がテーブル上のQRコードをスマホで読み込むと、メニューが表示されます。表示されたメニューから商品を選択し、注文ボタンを押すと注文が完了し厨房タブレットへ調理指示が送信されます。→この時点で決済が完了しているため、退店時の会計が不要となります。
  2. お客様の注文がキッチンのタブレット端末に表示され、スタッフが調理します。調理が完了したら厨房スタッフが端末を操作し、ホールスタッフの端末へ配膳指示が送信されます。
  3. ホールスタッフがデシャップ専用端末で配膳指示を受信し、お客様に商品を配膳します。配膳完了時に同端末を操作することで、配膳から配膳完了までのデータが保存されます。

◆低コストでレジレス・ペーパーレス
ExOrderシステムはスマートフォン・タブレットなどの汎用端末向けですので、高額な専用端末を購入する必要がありません。また、システム上で注文指示・配膳指示を行うため全てがペーパーレスで完結します。さらに、注文と同時に決済を完了させることで、従来では当たり前のレジすら不要となります。注文時払いの「キャッシュオン・デリバリー」という言葉から、ExOrderによる飲食業イノベーションを「キャッシュレス・オン・デリバリー」と呼んでいます。

◆今後の展開と店舗導入費用について
今後は機能拡張し「席案内」「近隣店舗検索」「予約」などの機能を設け展開していく予定です。将来的には全国1万店で導入していくことを目指し、広く普及するため「導入費用フリー(¥0)プラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」の3つのプランを提供していきます。
現在の飲食店ホールスタッフの時給は平均1,200円、1か月フルタイム勤務で約20万円となりますが、ExOrderシステムの導入により半数の人材で店舗運営が可能なため、4名のホールスタッフが必要な店舗では2名分の約40万円、8名のホールスタッフが必要な店舗では4名分の約80万円の人件費削減が可能です。
上記プランの月額費用は、いずれも削減された人件費10分の1以下の低価格で提供いたします。

◆ExOrder(エクスオーダー)開発運営会社 概要
<ExOrder 公式URL> https://exorder.jp/insyoku/

【受賞歴】

「Plug and Play Japan Batch2(2019年)」採択
 「JTB Travel・FinTech 2018最優秀賞」受賞
「AEON Financial Service Innovation 2017優秀賞」受賞 
【ExOrder 導入事例(一部)】
福岡県(よかもん市場)/ サンスター / 凸版印刷 / クレオ / 他
【特許取得及び商標登録済】
特許取得済6316654、6372856 商標登録5579469号

【会社概要】
会社名             株式会社 AliveCast (アライブキャスト)
本社所在地      福岡県福岡市高砂1-24-20 ちくぎん福岡ビル9F
代表者     代表取締役社長 中村 理(なかむらおさむ)
設立            2005年8月17日
資本金      5,000,000円
事業内容            ソフトウェアの開発、ホームページ制作
TEL                   092-525-7555    FAX  092-525-7556
URL                 https://www.alivecast.co.jp
主な取引先  筑邦銀行、喜多屋、社会医療法人天神会(新古賀病院)、JR九州、
福岡大学、富士甚醤油、嬉野温泉大村屋、福岡県中小企業振興センター 他
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。