モスチキン クリスマス2019

台風、豪雨を乗り越え、出荷の最盛期へ! 栃木ブランドの大玉『にっこり梨』

JA全農とちぎのプレスリリース

今年は都内で期間限定スイーツコラボも!

JA全農とちぎより、この時期お歳暮にも最適な栃木のリーディングブランド『にっこり梨』をご紹介します。今年は、度重なる台風の被害も乗り越え、例年に比べ特に甘味が強く、酸味が少なく、シャリシャリ感の強い梨ができました。出荷は、12月末頃までを見込んでいます。お歳暮として、送られた相手も「にっこり」すること間違いなしの今年の『にっこり梨』をぜひ、ご賞味ください。

にっこり梨

■『にっこり梨』とは
・栃木県の世界遺産「日光」と、梨の中国語読み「リー」から名付けられた。
・10月中旬から11月にかけて約1ヶ月の間に収穫される。貯蔵性があるため、
 年末まで甘くて瑞々しい味を楽しめる。
・果肉は柔らかく、12度以上の糖度を誇る、甘くてジューシーな味が特徴。
・大玉が特徴の梨で、なかには1kgを超えるものも珍しくない。大きいほど糖度が
 高い傾向。
・大きさの秘密は、『にっこり梨』が栃木県で生産されている梨の中でも最初に
 開花し、収穫は一番最後という晩成品種であること。開花から収穫までの期間が
 一番長く、日の光を浴びてじっくり成長するため、大きくて甘い梨になる。

■今年は、“期間限定スイーツ”の販売も!
卵明舎が運営するスイーツショップ「OVO(オーヴォ)」より、『にっこり梨のシブースト』を期間限定で販売します。

にっこり梨シブ―スト1

【『にっこり梨のシブ―スト』1,000円(税込)】
自社ブランド卵の磨宝卵ゴールドから作った濃厚カスタードとメレンゲから作るフランスのお菓子シブースト。今回は、コンポートした「にっこり梨」を使ったフランの上に、フレッシュな「にっこり梨」を敷き詰め、シブーストクリームで覆いました。コンポートは、梨のシャキシャキ感を楽しめるよう、大きめにカットしています。
「にっこり梨」をふんだんに使用し、どこをたべても「にっこり梨」の美味しさが楽しめます。

≪「OVO(オーヴォ)」≫
卵明舎が2018年に立ち上げた新ブランド。
Farm to Cakeをコンセプトに、プリンやシフォンサンド、チーズケーキなど、自社で作る新鮮な卵「磨宝卵ゴールド」と、旬のフルーツをふんだんに使用したお菓子を提供しています。

販売場所:(1)「OVO(オーヴォ)」エキュート大宮店
     (2)「MY SWEETS 南町田グランベリーパーク店(11月13日開業)」
       ステーションコート内(1F) OVOブース

販売期間:(1)11月上旬~12月中旬予定
       (月~土)8:00~22:00/(日・祝日)8:00~20:30
     (2)11月13日(水)~21日(木)10:00~21:00(最終日は19時閉店)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。