マクドナルド「とんかつ!!てりたま」発売

新しい「本麒麟」、完成。~“大麦増量”と“仕込新技術採用”で、「卓越したうまさと品質」からさらに進化!~

キリンビール株式会社のプレスリリース

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、「本麒麟」(350ml缶、500ml缶)の味覚とパッケージデザインをリニューアルし、1月中旬製造品から順次切り替えます。2020年の販売目標は、前年比約126%となる約1,900万ケースで、2年連続の飛躍的な成長を目指します。
※1 大びん換算

節約志向が高まる中、2019年の消費税増税を機に、低価格でありながら高品質な商品やサービスがお客様の支持を広げており、“身近なものこそ、きちんとしたいいもの”を選択する傾向が高まっています。

「本麒麟」はビール類に期待される“力強いコクと飲みごたえ”を味わえる商品としてお客様から高く評価いただき、発売2年目も10カ月※2連続で前年販売実績を上回り、年間計で前年比6割増となるなど快進撃を続けています。
※2 2018・2019年の3~12月を比較

今回のリニューアルでは、大麦を増量し、仕込過程に新技術を採用することで、「本麒麟」の強みである「ビールに近い卓越したうまさと品質」を一層強化しました。当社は今後も新しくなった「本麒麟」を通じて、ビール好きの方により幸せな時間を提供し、ビール類市場の活性化を目指します。

■リニューアルの特長
●中味

 爽やかな苦味がありながら、より力強いコクと飲みごたえが味わえるうまさ

 ・大麦増量によって、コクと飲みごたえを高めました。
 ・仕込過程で新技術を採用し、さらなるコクを付与しました。

●パッケージ

 キリンが造りこんだ本格的なうまさ・品質の高さを直感的に伝達するデザイン
 ・「聖獣麒麟」エンブレムの影を濃くすることで印象を強め、
  「本麒麟」ロゴを拡大することで、卓越したうまさと品質が
  より直感的に伝わるデザインに仕上げました。
 ・リニューアル期は、「新」デザインを裏面に採用し、
  「本麒麟」が新しくなったことを伝えていきます。

●広告・プロモーション
 ・「新しい本麒麟、完成。」のニュースを、あらゆる接点で
  圧倒的な量・質で発信し、お客様の“うまさ”への期待を醸成します。

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

-記-
1.商品名        「本麒麟(ほんきりん)」
2.発売地域       全国
3.発売日        2020年1月中旬製造品より順次切り替え
4.容量・容器      350ml缶、500ml缶
5.価格         オープン価格
6.アルコール分     6%
7. 酒税法上の区分   リキュール(発泡性)①
8. 販売予定数     約1,900万ケース(240,000KL)※大びん換算
9.製造工場       キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、
            名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場(全9工場)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。