セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

数量限定!そば産地が贈る幻の『寒晒し(かんざらし)そば』 2月15日(土)~販売開始! 

豊後高田市のプレスリリース

 

 

 大分県豊後高田市(市長:佐々木敏夫)で、2月15日(土)から『寒晒しそばフェア』を開催します。

 「寒晒しそば」は、寒冷期に、玄そば(そばの実)を数日間清流に浸けアクを抜き、その後寒風にさらし乾燥させたそばのこと。打ちあがったそばは、淡い緑色を帯び、アクによる苦味やえぐみがなく甘味が増すといわれています。

 

  『寒晒しそばフェア』

 ■期間 2月15日(土)~  ※毎週土・日曜日の11時~14時

 ■場所 夷谷温泉(豊後高田市夷1851-1)

 ■種類・金額 ・かけそば(あたたかいそば)

         ・もりそば(つめたいそば)

         各700円

 ■その他 フェアは3月中旬頃までを予定

      ※約700食分限定のため、売り切れ次第終了となります。

 

 九州では珍しい「寒晒しそば」は、地域おこしの一環として、地元有志で組織する「香々地~Mie~デザイン会議」(板井俊作会長)が2014年から毎年取り組んでいます。

 市内でも、夷谷温泉のみで提供され、この時期だけの数量限定販売となっていて、“幻のそば”と言われています。

 寒さのピークとなる大寒(1月20日)の前日、19日には、市内夷の荒谷湧水池で玄そばの浸水式を行います。


【寒晒しそば浸水式】

  ■日 時 :1月19日(日) 11:00~11:30

  ■場 所 :荒谷湧水池 豊後高田市夷1401

 

【寒晒しそば関連スケジュール】

2019年  9月       そば播種  (さちいずみ)

    11月          そば収穫  

2020年  1月19日 玄そば浸水式 (荒谷湧水池 豊後高田市夷1401) ※大寒:20日

      25日 玄そば水揚げ 天日乾燥

      2月上旬~   製粉(豊後高田市内 そば株)

      2月15日    寒晒しそば 販売開始!

         オープニングイベント

 

★夷谷温泉(えびすだにおんせん)

https://www.showanomachi.com/spots/detail/188

 

 

豊後高田そば

https://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_04812.html

もともと、そばの産地ではなかった豊後高田市。平成14年に新たな特産として、始まった「そば」産地化への挑戦。手探りで始まった取り組みは、多くの困難を乗り越え、今では西日本有数の「そば産地・豊後高田市」が生まれました。

そんな「豊後高田そば」の大きな特徴は、春と秋の年2回の収穫。「一年に2度、新そばが味わえるそば処」であること。

毎年6月頃と11月頃には「豊後高田そば認定店」で、“とれたて”のそば粉を使い、“挽きたて”“打ちたて”“茹でたて”の4たてで提供される「そば」を味わうことができます。

 

★★ 周辺のおでかけスポット ★★

花とアートの岬 長崎鼻(外部リンク)

http://www.nagasakibana-oita.jp/

長崎鼻ビーチリゾート(外部リンク)

http://nagasakibana-beach.jp/

恋叶ロード(市観光協会HP

https://www.showanomachi.com/special/koikanaload.html

 

★[ふるさと納税で旅しよう] 宿泊クーポンを活用して、昭和の町へー(市観光協会HP)

https://www.showanomachi.com/topics/detail/268

 

★大分県豊後高田市のふるさと納税 ふるさとチョイス(外部リンク)

https://www.furusato-tax.jp/city/product/44209

 

★千年ロマン百貨店(市観光協会HP)

http://shop.showanomachi.com/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。