永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

Hopscotchグループが2019 International Communication Group of the Yearを受賞

SOPEXA JAPON 株式会社のプレスリリース

2020年1月21日
Sopexa Japon株式会社
お知らせ

Hopscotchグループが2019 International Communication Group of the Yearを受賞

Hopscotchグループは、2019年12月17日、フランス・パリにて行われたFrench 40th Agency of the Year Awards (Grand Prix des Agences de l’Année)にて、「2019 International Communication Group of the Year」を受賞しました。Hopscotchグループは、その国際的な地位と、PR、イベント、デジタル、販促などのグローバルな広報活動を誇るコミュニケーションサービスが認められ、この賞を受賞しました。Hopscotchグループ代表取締役社長であるFrédéric Bedin(フレデリック・ブダン)は受賞にあたり、次のようにコメントをしています。「私たちは、クライアントのターゲットがどこの国であろうとも、その動向やマーケットに関する詳しい知識を生かし、グローバルPRサービスのユニークなノウハウを提供できる唯一の独立したフランスのコミュニケーショングループです。」

Hopscotchはフランス・パリを拠点に展開するインターナショナルコミュニケーショングループで、コミュニケーションのあらゆる分野で活躍する700人以上の専門家で構成されています。2019年7月、SopexaはHopscotchグループの傘下に入り、Sopexaが持つ世界60か国を超えるグローバルネットワークが活かしつつ、既存の食品・飲料・ライフスタイルの枠を超えた幅広い分野におけるコミュニケーションが可能になりました。
Sopexa取締役社長兼Hopscotch取締役員のPierre-Franck Moley(ピエール・フランク・モーレイ)は次のように述べています。「HopscotchとSopexaの統合により、双方の強みが活かされることを非常に嬉しく思います。新たに編成された当グループは世界を牽引するグローバルPRネットワークとなり、デジタルやイベント開催、パブリック・リレーションズ、店頭プロモーションまで包括的な広報活動が可能になると確信しています。」Sopexaは引き続き、食品・飲料・ライフスタイルの専門性を生かしたプロモーション活動を行います。

Hopscotchホップスコッチについて
Hopscotchは、創業者とマネージャーが率い、専門分野を補完する企業家のビジョンを有する、フランスのインターナショナルコミュニケーショングループです。 Hopscotchの強みは、デジタル、イベント、広報活動、販促活動のユニークな組み合わせによって明確化された総合PRであることです。現在、Hopscotchは5大陸に35のオフィスを持つ国際ネットワークを有し、60か国以上でビジネスを展開しています。
https://hopscotchgroupe.com/en/

Sopexaソペクサ
Sopexaは、60年に渡り世界を見据え国別に活動を展開し「グローバルであり、ローカルに行動する」を具現化しているインターナショナルコミュニケーションエージェンシーです。食品と飲料に情熱を注ぐ250人のスペシャリストが、地方自治体、機関、企業、ブランドのコミュニケーション戦略を各市場別に立案・実行しています。
https://sopexa.com/en/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。