チキンラーメン×鬼滅の刃 “フタどめ” フィギュア プレゼントキャンペーン

バドワイザーのカルチャー支援プロジェクト「RE:CONNECT」第4弾支援先発表

アンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン株式会社のプレスリリース

渋谷SOUND MUSEUM VISIONの人気パーティEDGE HOUSE
DJ DARUMA(PKCZ®) & JOMMY、GUCCIMAZEら出演のオンラインDJ配信、トークセッションをサポート

バドワイザーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有の危機に直面している音楽・ファッション・アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CONNECT」を発足。第1〜3弾では人気パーティーLOST DECADEを始め、Creative Drug Store BIMの赤坂BLITZ公演、Tokyo Community Radioの東京と地方4箇所をつなぐDJ配信をサポートしてきました。
この度、第4弾の支援先として、渋谷SOUND MUSEUM VISIONの人気パーティーEDGE HOUSEが決定。
最新のHOUSE / TECH HOUSEのグルーヴをいち早く取り入れ、フェス、クラブ、ルーフトップ等、さまざまな場所で五感を刺激する新感覚パーティをプロデュースしてきた EDGE HOUSEが、コロナ禍による移動制限で現場へ足を運ぶ機会を失なったファンとRECONNECTすべく、その独自の世界観を表現した「EDGE HOUSE ONLINE」として、DJ配信とトークセッションをお送りします。

「EDGE HOUSE」は、世界中で巻き起こっている良質でカッティングエッジな”ハウス/テックハウス旋風”を体現するパーティです。ロゴをはじめとしたアートワークは、Nicki Minajのアルバムのジャケット制作、Post Malone、Fetty Wapのへのグラフィック提供、FLYING LOTUSのアルバムタイトルロゴをも手がけるGUCCIMAZEが担当。装飾はEDC JapanやFUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONNICの装飾を手がけるKANOYA PROJECT。映像はUltra JapanやMUTEK.JPなどで活躍するVJ MANAMI。そして、デザイナー、DJ、モデル、フォトグラファーと多方面で活躍中の調香師/PerfumerのSi  oux(スー)が会場の香りをプロデュースしています。このように各シーンを牽引するTOPメンバーが参加し「EDGE HOUSE」の世界観を作り上げ、五感を刺激する新感覚のパーティとして、音楽好きだけでなくファッション通の間でも人気を誇っています。

今回の「EDGE HOUSE ONLINE」は2部構成となり、第1部はGUCCIMAZEに迫るトークセッション。

第2部では、EDGE HOUSEのレジデントを務めるDJ DARUMA(PKCZ®) & JOMMYを中心に、VJ MANAMIによるビジュアル演出を加えた、コロナ禍のオンラインでしか実現できないスペシャルなDJ配信を実施予定となります。

また、ライブハウス/クラブなど、エンタテインメント施設の支援も企図する本プロジェクト、今回はLIQUIDROOMを配信会場として活用することで、サポートを行います。

「RE:CONNECT」プロジェクト  第四弾 支援イベント
イベント名 : EDGE HOUSE ONLINE supported by Budweiser
日時    : 2020年8月29日(土)19:00~23:00
配信場所  :   LIQUIDROOM
配信URL  :   https://www.twitch.tv/edgehouse
                      Twitch *EDGE HOUSEチャンネルにてトークセッション、DJ配信共に無料配信
トーク配信 : 19:00-20:00
出演    :   GUCCIMAZE,DJ DARUMA(PKCZ®),JOMMY
DJ配信    :   20:00-23:00
出演    : DJ DARUMA(PKCZ®) & JOMMY,KENTACATS & MR.TAKAHASHI,TOMOYA,VJ MANAMI
※内容は事前の予告なく変更になる可能性がございます。

アーティスト情報

EDGE HOUSE:
「EDGE HOUSE」は、世界中で巻き起こっている良質でカッティングエッジな”ハウス/テックハウス旋風”を体現するパーティです。ロゴをはじめとしたアートワークは、Nicki Minajのアルバムのジャケット制作、Post Malone、Fetty Wapのへのグラフィック提供、FLYING LOTUSのアルバムタイトルロゴをも手がけるGUCCIMAZEが担当。装飾はEDC JapanやFUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONNICの装飾を手がけるKANOYA PROJECT。映像はUltra JapanやMUTEK.JPなどで活躍するVJ MANAMI。そして、デザイナー、DJ、モデル、フォトグラファーと多方面で活躍中の調香師/PerfumerのSi  oux(スー)が会場の香りをプロデュースしています。このように各シーンを牽引するTOPメンバーが参加し「EDGE HOUSE」の世界観を作り上げ、五感を刺激する新感覚のパーティとして、音楽好きだけでなくファッション通の間でも人気を誇っています。

出演アーティストコメント:
DJ DARUMA(PKCZ®)
初の試みとなるインタビュー企画”GUCCIMAZE大解剖”と共に我々のDJセットも楽しんでください。イイの出てます!!
VJ MANAMIの世界観もヤベーです!

JOMMY
まず初めにこの様な状況の中でカルチャーサポートしてくれたバドワイザーチームに最大の感謝とリスペクトを!
僕らEDGE HOUSEがホームのVISIONを飛び出して、トーク&DJ&視覚でバッチリなVIBEでお届けします!

「RE:CONNECT」プロジェクト概要
「BE A KING」のメッセージを発信しているバドワイザーは、これまでも世界の主要都市において音楽、アート、ファッションなどのシーンで突出した才能を開花させている人物にスポットライトを当てるグローバルプロジェクト「BUDX」を開催し、世界各地のカルチャーシーンを牽引するリーダーたちの支援や、カルチャーを盛り上げる取り組みを多数行ってきました。
そこでこの度バドワイザーは、未曾有の危機に苦しむアーティストやライブハウス、クラブ・バーなどのエンタテインメント施設、そしてファンの三者をつなぐことで、日本のカルチャーシーンの火を灯し続け、再生を目指す支援プロジェクト「RE:CONNECT」を発足させることにいたしました。
本プロジェクトは、今春実施予定だったクロスカルチャーイベント「BUDX」や広告などのマーケティング活動をキャンセルし、その予算の一部、約2,000万円を寄付としてカルチャーシーンに還元。
次代のカルチャーシーンを担うアーティスト達をキュレーターとして起用。
コロナ禍において、やむなく実現できなくなったイベントや、今だからこそできる新たなパフォーマンス、表現手法の実験の場として、オンラインでの音楽プログラム配信やコンテンツ制作など、様々な試みを行う予定です。

•RE:CONNECT 公式ウェブサイト: https://www.budweiser-reconnect.jp/
•RE:CONNECT Brand Trailer: https://youtu.be/NQk44wytnEg

<バドワイザー>ブランドの新しい取り組み
世界6⼤陸・約85カ国で愛飲され、世界を席巻する<バドワイザー>は、「BE A KING」をブランドメッセージとして、チャンスを掴もうとしている人々を応援しているプレミアムラガービールブランドです。
国内における<バドワイザー>ブランドは、2019年1月からビールの世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブによる自社生産・自社販売体制に切り替わり、プレミアムラガービールとしてのクオリティを一段と実現出来る環境へと変化してまいりました。
<バドワイザー>は現在日本でも大胆かつ新鮮なブランド活動をスタートしています。ファッションブランドとのコラボレーションをはじめ、音楽やアートなどの要素も取り⼊れ、<バドワイザー>を愛飲するユーザーの野⼼と⾃由を応援し続けています。
 

バドワイザー公式WEBサイト
https://budweiser.jp
Instagram
https://www.instagram.com/budweiser_jpn/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCwyptgjXrIPBoG49jHA0ZTw/about
Facebook
https://www.facebook.com/BudweiserJapan/
Twitter
https://twitter.com/budweiserjp

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。