永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

コロナ禍で頑張る食品生産者と消費者を繋ぐ

三ッ輪産業株式会社のプレスリリース

この度の新型コロナウイルスでお亡くなりになられた方々、ご遺族の皆様に謹んで哀悼の意を表すとともに、罹患されている方々へ心よりお見舞い申し上げます。
三ッ輪ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:尾日向竹信、以下「三ッ輪ホールディングス」)は、新型コロナウイルス感染拡大により甚大な影響を受けている食品生産者の方々、また在宅を余儀なくされている地域の皆様への支援策として、2020年5月から7月にかけて「生産者・消費者応援キャンペーン」を実施いたしました。

【生産者・消費者応援キャンペーン概要】
新型コロナウイルスの影響で、各地の食品生産者は農産物が廃棄の危機にあり、消費者は宅配食材の品薄・価格高騰や、買い出し自粛などの問題を抱えています。
そこで80年以上に渡り地域にエネルギーを提供してきた当社グループの顧客ネットワークを最大限に活かして、当社グループのエネルギーをお使いの生産者と消費者を繋ぎ、消費者の皆様のご自宅へ厳選された安心・安全な食品をお届けすることで、食材の廃棄を減らし生産者のダメージを軽減できればと考え、当キャンペーンを企画いたしました。

【キャンペーン結果】
①北海道産アスパラガス(株式会社十勝美濃農場)を当社グループ社員を対象にテスト販売。
実施時期:2020年5月
→合計100kgのアスパラガスが即日完売。

株式会社 十勝美濃農場様より

コロナの影響で注文数がどうなるか不安なスタートとなった今年、三ッ輪さんからアスパラの社内販売の提案を頂きました。そんなに売れないだろうなと内心思っていましたが、蓋を開けてみるとたった2日で予定の100kgがほぼ完売という衝撃の結果でした。生産者としてコロナ禍で不安な状況の中、とても心強いお取引先となっております。今後とも末長いお付き合いをよろしくお願いします!

②当社グループ社員と当社グループのLPガス顧客様向けに、下記食材を受注販売。
実施時期:2020年5〜7月

・山形県産 佐藤錦(株式会社 やまがた鳳凰倶楽部)
・北海道産の帯広メロン(キサキ糧穀株式会社)
・北海道産 ラクレットチーズとメークインのセット(十勝品質事業組合×とかち井上農場)
・北海道産 豊西牛のハンバーグセット(有限会社 トヨニシファーム)
→合計で238件を受注。

株式会社 やまがた鳳凰倶楽部様より

今回、三ッ輪ホールディングスの「生産者・消費者応援プロジェクト」に参加させていただき、社員の方や、三ッ輪グループのお客様からも美味しかったとのお声が届き、嬉しく思っております。コロナウイルスの影響による廃棄を軽減できたことだけでなく、三ッ輪ホールディングスの取り組みを通じてたくさんの新たなお客様と繋がることができ、心を込めて作ったさくらんぼが自粛生活の楽しみとなれたことは大変喜ばしく、今後の励みにもなっております。これからも美味しい果物をみなさまにお届けできるよう、真摯に取り組んでまいります。

有限会社 トヨニシファーム様より

この度は、多くのご注文をいただき誠にありがとうございます。
コロナ禍で販売量が落ち込んでいる中、このような企画に参加させて頂いたこと感謝申し上げます。今後とも、お付き合いさせて頂けますと幸いです。

十勝品質事業組合様より

この度は産直プロジェクトに参加させていただき誠にありがとうございました。ただ商品を売るだけでなく、新人教育のプログラムも兼ねて生産の背景まで丁寧に目を向けていただいたことに感銘を受けておりました次第です。
今後も同様の企画がありました場合はぜひ参加させていただければ幸甚に存じておりますところです。

株式会社 キサキ糧穀様より

本格的にチラシ作成や宣伝をしてくださり、商品の魅力を伝えるためのインタビューで沢山の質問をいただいたときはとても熱意を感じました。実際に出来上がった販促物を見たときは、クオリティの高さに驚きました。楽しみに待ってくださっているお客様においしいメロンを届けられるように最後まで頑張ります。今後ともよろしくお願いいたします。

【今後の取り組み予定・展望】
三ッ輪ホールディングスグループのリレーションを活かし生産者と消費者を繋ぐことで、両者の課題を解決する新しい支援システムを構築することができました。今後も生産者の顔が見える美味しい商品を当社グループのお客様へご紹介していくべく、今回の取り組みをモデル化し、継続してまいります。10月以降も、北海道・十勝の新鮮な野菜や軽井沢のフレッシュなフルーツを使ったジャムなど、厳選された商品をお届けいたします。長期化する自粛生活の中、少しでもお客様へ楽しみをお届けできましたら幸いです。

 
【代表取締役コメント】
当グループは、1940年に神奈川にて、当時家庭用燃料の主力であった炭の製造販売事業者として創業したのち、現在では関東一円と山梨県にてLPガスの供給を、また日本全国(沖縄電力供給エリアを除く)にて電気の供給を、更には関東の一部にて都市ガスの販売を行うに至っております。この当グループの変遷・成長は、まさに地域社会の皆様と共に歩ませていただいてきた歴史そのものです。

今回当グループのエネルギーネットワークを通じて、生産者の方々と消費者の方々が抱える食材の流通に関する悩みを知り、些少ながら地域社会に対する恩返しができないかと、当グループ自体を”マッチングの舞台”とする本取り組みを企画・実行することといたしました。結果、想定を超えた大きな反響を頂いており、引き続き両者を繋ぐ架け橋として取り組みを深めてまいりたいと考えております。

いまだ出口の見えない難しい状況が続いてまいります。当グループは、理念たる”地域をゆたかに”を実現するため『新たな価値を創造しつづけること』を使命としており、単なるエネルギー供給に留まることなく、エネルギー供給のその先にある地域社会へと寄り添い、価値を提供できるようこれからも歩を進めてまいります。

 
【本リリースに関するお問合せ先】
三ッ輪ホールディングス株式会社 広報/加藤
TEL : 03-6451-0379
mail :e-katou@mitsuwagroup.co.jp

 
【三ッ輪ホールディングス株式会社】
所在地:東京都新宿区西新宿8-14-24 西新宿KFビル2F
代表取締役社長 尾日向 竹信(おびなた たけのぶ)
URL:https://www.mitsuwagroup.co.jp/

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。