永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

ワタミ、「デジタルトランスフォーメーション(DX)注目企業」に選定

ワタミ株式会社のプレスリリース

ワタミ株式会社(本社:東京都大田区)は、このたび、経済産業省と東京証券取引所が実施する「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2020」の「DX注目企業2020」に選定されました。「DX銘柄」はデジタル技術を前提にビジネスモデルなどを抜本的に変革し、新たな成長・競争力強化につなげていく「デジタルトランスフォーメーション」に取り組む企業を選定するものです。ワタミは外食業界で唯一の「DX注目企業」選定となりました。

■ワタミモデル構築・再成長の基礎づくりに向けたDX化推進が評価
今回、ワタミが選定された「DX注目企業2020」は、東京証券取引所に上場している約3,700社を対象にデジタルトランスフォーメーションを推進するなかで、総合評価が高い企業、注目されるべき取り組みを実施する企業について選定するものです。
ワタミでは、「再生可能エネルギーを活用した循環型6次産業モデル」(ワタミモデル)を構築し、再成長のための基礎づくりに向けてDXを推進しています。すでに2018年度から5か年計画で基幹系システムの刷新に取り組み、標準化の推進、業務の効率化、成長に向けた経営戦略の加速につなげています。今回の選定については、ワタミモデル構築と再成長のための基礎づくりといったビジョン・ビジネスモデルを掲げている点、それに遂行するための戦略やデジタル技術といった点が高く評価されました。
ワタミグループでは、ワタミモデルの収益基盤を支えるマーチャンダイジング・本部機能等の強化、システム投資による生産性向上、統合基幹システムによる省人化といった経営戦略を推進していきます。

■「DX銘柄2020」について
東京証券取引所に上場している企業の中から、企業価値の向上につながるDXを推進するための仕組みを社内に構築し、優れたデジタル活用の実績が表れている企業を「DX銘柄」として、業種区分ごとに選定して紹介しています。選定に当たっては、各社におけるDXの取組実態を評価するため、東京証券取引所の国内上場会社に対して調査を実施して、①ビジョン・ビジネスモデル②戦略③組織・制度等④デジタル技術の活用・情報システム⑤成果と重要な成果指標の共有⑥ガバナンスといった6種類の項目と財務指標をスコアリングして、評価委員会の最終選考を経て選定をされます。今回は「DX銘柄2020」35社とともに、総合評価や注目されるべき取り組みを実施している「DX注目企業2020」21社を選定しました。

■ワタミ株式会社
【住 所】 東京都大田区羽田1-1-3
【代表者名】代表取締役会長兼グループCEO 渡邉美樹
【設 立】 1986年5月
【事業内容】 国内外食事業、海外外食事業、宅食事業、農業、環境事業
【ホームページURL】 https://www.watami.co.jp
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。