【ふるさと納税】寄付金額8%分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン開催中

<家庭画報のめんシリーズ累計100万食突破> 待望の新作! 中国料理・脇屋友詞氏監修、贅沢特製スープの「家庭画報のほたてめん」販売スタート

株式会社世界文化ホールディングスのプレスリリース

株式会社世界文化リテイリングが運営する通販事業「家庭画報ショッピングサロン」( https://shop.sekaibunka.com/ )は、累計100万食を突破した大好評「家庭画報のめん」シリーズの新作、中国料理・脇屋友詞シェフ監修による「家庭画報のほたてめん」を11月10日(火)より販売開始しました。

  • 待望の新作は、中国料理・脇屋友詞シェフ監修による「家庭画報のほたてめん」

中国料理界のスター、脇屋シェフの監修による即席麺「家庭画報のほたてめん」は、心と体がどちらも満たされる飲み干したくなるスープをコンセプトに開発をスタート。シェフ自身幼少期を北海道で過ごした経験から帆立貝の強い旨みに注目し、北海道産帆立から取れる濃厚なだしを味わえるスープにと試作を重ね、ついに完成となりました。さらにアクセントとなる香ばしいねぎ油を加えることで、スープが冷めにくい工夫がされています。
 

麺は繊細で深い旨みのスープにからみやすく喉ごしがよい、国産小麦の島原手延べそうめんを選びました。お湯を注ぐだけの即席めんとは思えない驚きのおいしさです。ごろっと入った北海道産帆立貝柱と共にお楽しみください。

家庭画報のほたてめん家庭画報のほたてめん

家庭画報のほたてめん
●1食(麺、スープ、帆立貝柱、ねぎ)×8個入りセット 7,171円(税込)
●麺の小麦粉:国産 帆立貝柱:北海道産
●賞味期間:常温保存120日間
●製造地:長崎県
*帆立貝柱は繊維のほぐれ、ヒモ・ウロ由来の黒い点や白い膜、成分による黄変がある場合がございます。

▼購入はこちら
https://shop.sekaibunka.com/item/9000-002656-0-0/

 

東京・赤坂「Wakiya一笑美茶樓(いちえみちゃろう)」オーナーの脇屋友詞シェフ東京・赤坂「Wakiya一笑美茶樓(いちえみちゃろう)」オーナーの脇屋友詞シェフ

■脇屋友詞シェフ
東京・赤坂「Wakiya一笑美茶樓」オーナーシェフ。1958年北海道生まれ。赤坂にあった上海料理の名店「山王飯店」で修業を始め、有名ホテルを経て96年、横浜「トゥーランドット遊仙境」の総料理長に。上海料理をベースにした洗練された中国料理で新風を巻き起こす。味のよさに加え、洋皿を取り入れた美しい盛り付けにも定評があり、中国茶への造詣も深い。現在、横浜、赤坂計4店舗のシェフを務める。公式HP  https://www.wakiya.co.jp/
 

  • <累計100万食突破・家庭画報のめんシリーズ>人気のラインナップ

2010年春に家庭画報ショッピングサロンのオリジナル商品として「家庭画報のえびめん」が誕生。上品なお出汁の香りと、駿河湾産桜えびの香りがふわっと広がります。さっぱりとしていながらも、しっかりとした旨みのある麺、えび、つゆのハーモニーが楽しめる煮麺タイプで、多くのリピーターを生んでいます。以降、人気シリーズとなり、「家庭画報の鶏しおスープ生姜めん」「家庭画報の海藻たっぷりもち麦めん」などが開発され、累計販売数100万食を突破。今回新たに「家庭画報のほたてめん」が登場しました。

 

■ 家庭画報ショッピングサロンとは
家庭画報ショッピングサロンは世界文化社が発行する雑誌『家庭画報』の公式通販サイトです。ファッション、インテリア、食のジャンルを網羅しています。多彩なカタログ掲載商品をお買い求め頂けるだけでなく、オリジナル商品やネット限定商品など、様々な視点から厳選した商品を数多く取り揃えております。その「家庭画報ショッピングサロン」が、お客様の声をもとに、独自に企画した商品が、『家庭画報オリジナル』になります。
URL:https://shop.sekaibunka.com/

■『家庭画報』とは
1958 年 2 月創刊。毎月1日発売。「夢と美を楽しむ」をテーマに、 時を経ても色褪せない「本物」を追求し、日本の四季、伝統文化、食、おもてなしの心などを美しい写真とともにお届けしています。「家庭画報の旅」をはじめ、家庭画報ショッピングサロン(通販)、イベント事業等も展開しています。
公式HP「家庭画報.com」 URL:https://www.kateigaho.com/  
 

《会社概要》
会社名:株式会社世界文化リテイリング
所在地:〒102-8187 東京都千代田区九段北4-2-29
代表取締役社長:中澤智子
事業内容:「家庭画報コレクション」「家庭画報リビング」「家庭画報デリシャス」などのカタログによる通販事業。ECサイト 「家庭画報ショッピングサロン」の運営。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。